« 夏の星座 | トップページ | 嫌な天気 »

2011年2月17日 (木)

半年が過ぎて

  昨日(16日)は市内某小学校で観望会.当初は8日の予定だったのが悪天候で翌日に延期,しかしその日もまた悪天候で昨日に延期になっていたのだった.
  夕方の天気はとりあえず晴れ.西から雲が広がりつつあったが,
「もう延期できないから,一か八かやるしかない」
ということで実施が決定.

  望遠鏡は主砲の30cm反射の他,小型のものを一台用意.
「最初はとりあえず30cmで木星,小型の方でとりあえず月.見終わったら30cmで月,小型の方は・・・さてその後はどうするか・・・」
いろいろと作戦を考えていた.

  ところが・・・

  最初の木星と月を参加者が見終わった頃,空は7割程度が雲に被われてしまった.しかもはしっかり雲の向こう側.
  仕方なく,主砲だけを月に向けて見てもらった.大口径ででっかく見える月には皆さん喜んでいたようなのだが,これが見終わる頃には,ほぼ空全体が雲に被われてしまった.
  もう月しか見えない状況になってしまったので,ここでしばし「質問コーナー」.これが質問が出るわ出るわ.
「宇宙人って本当にいるんですか?」
「ブラックホールって本当にあるんですか?」
このへんはいつもいつも浴びせられる質問.
「地球の他に,人間が住める星ってあるんですか?」
君はタイムリーな質問をするねぇ.ついこの間,NASAの系外惑星探査ミッション「ケプラー」で,「ケプラー11」に6つの惑星が確認されたばかり.少し前には,「グリーゼ581」系には,生命が存在できるとされる「ハビタブル・ゾーン」内の惑星も発見されている.
「地球の水ってどこから来たんですか?」
む,「それはね」ってきっちり答えられたら,ノーベル賞がとれてしまうかもしれないぞ.
「星ってどうしてあるんですか?」
うーん,それは科学というより哲学の質問だねぇ.

とまぁなかなか盛り上がった.結局,月と木星の他はシリウスくらいしか見られなかったけど.

  そんな中,子どもたちがやたらと「はやぶさ」「はやぶさ」と口にしていた.
「僕の前であんまり“はやぶさ”って言わない方がいいぞ.僕は“はやぶさ”のことを話し始めたら4時間は喋るからね」
どうしてそんなに「はやぶさ」って言うのかなぁと思っていたら,昨年夏,同じ子供たちに「はやぶさ」のことをたっぷり喋っていたのだった.ご父兄の中にも,
「前回,“はやぶさ”のお話を聞いて以来,私も夢中になっちゃいました」
という方も.

  「はやぶさ」が帰還した直後,その物語を広く伝えることも私の責任だと思った.そして,いろんな場所で,いろんな場面でその話をしてきた.それが,半年が過ぎ,こうしてその話を覚えていてくれて,興味を持ちつづけていた人がいてくれたというのはとても嬉しいことだ.
  半年前に感じた責任,とりあえず少しだけでも果たせたのかもしれない.

今年の観望会 予定…13 実施…8 中止…0 延期…3 屋内(外)で天文教室…2 勝率….615(8勝5敗)
連敗は2でストップ.貯金が1つ増えて3.

SETI@home 現在の順位 世界…62,160位(/1,158,812人)国内…2,344位(/30,170人)
Einstein@home 現在の順位 世界…8,289位(/288,694人)国内…190位(/4,206人)

この記事を読んで,「それに満足しないで,これからもますます精進しなさいよ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 夏の星座 | トップページ | 嫌な天気 »

観望会」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。近所に住んでいるKです。
3日にいっぺんくらいの割でお邪魔して、楽しくブログを拝読しております。

「僕は“はやぶさ”のことを話し始めたら4時間は喋るからね」

4時間で終わりですか~??

軽く挑発してみようと思い、コメントさせていただきました

投稿: K | 2011年2月19日 (土) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半年が過ぎて:

« 夏の星座 | トップページ | 嫌な天気 »