« ナノセイルD | トップページ | おおすみ »

2011年2月10日 (木)

長征2号F

  ペーパークラフトロケットシリーズ,今回は
1/100スケールペーパークラフトによる 長征2号F 中国の有人宇宙船「神舟」の打ち上げに用いられるロケット,長征2号F(Chang-Zheng 2F).型紙は “U-DON'S FACTORY” から.
  長征2号Fロケットは1999年12月19日の初打ち上げから,2002年12月29日の4回目の打ち上げまで,無人の「神舟1号」から「神舟4号」までを打ち上げ,すべて成功をおさめた.
  そして,2003年10月15日,甘粛省の酒泉衛星発射センターから,中国空軍の楊利偉(ヤン・リィウェイ)中佐を乗せた有人宇宙船「神舟5号」を打ち上げた.「神舟5号」は21時間の間に地球を14周した後,帰還カプセルが切り離され,内モンゴル自治区四子王旗の草原地帯に着地,楊利偉は無事に帰還した.これにより,中国はソビエト連邦,アメリカ合衆国に続き,有人宇宙飛行を達成した3番めの国となった.

  型紙の作者ご本人は「『長征2号F型』に見えるかな,という程度のシロモノ」とおっしゃっておられるが,実機の写真と見比べてみてもどうしてどうしてかなり良くできた型紙だと思う.ただ,LESがちょっと気に入らなかった.これ,実はかつて作った,ソユーズロケットLESと同じ方式.作りやすく,少し遠目から見ればなかなかいい感じではあるけれど,近寄って見ると,いかにも「紙で作りました」という感じになってしまう.なので,今回はこの部分だけ自作.
1/100スケールペーパークラフトによる 長征2号FのLES 「ようし,うまくできた!」
と思ったのもつかの間,
「あ゛,寸法間違ってる・・・」
下の太い部分が長すぎ,したがって,細くなってから先が短すぎているのだった.
  が,ここを作るのには結構苦労したので,作り直す気力はなく,これで妥協することに.本物の技術者の方々,ごめんなさい.

  このロケットで面白いと思ったのは,エンジン部分.
1/100スケールペーパークラフトによる 長征2号F エンジン部分 これを,似たような構造を持つ,ロシアのR-7系列のロケットと比べてみる(写真は,R-7 ボストークのもの).
1/100スケールペーパークラフトによる R-7 ボストーク エンジン部部分 大きなエンジンノズルの隣についている小さなノズル,多分誘導・姿勢制御用のスラスタだと思うのだが,R-7系列のものがメイン・エンジンの外側についているのに対し,長征2号Fは内側についている.さてどういう理由があるんだろう?

  完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ.→長征2号F

  中国は,「神舟」シリーズで培っている有人宇宙飛行技術の先に,独自の宇宙ステーションや,月面への有人飛行を計画しているのだとか.早く日本も有人宇宙飛行の技術を確立して欲しいものだ.

ロケットのペーパークラフトは是非↓こちらもご覧ください
PASA : Papercraft Aeronautics and Space Administration

一昨日(8日),曇り空のため昨日(9日)に延期となった市内某小学校で観望会,昨日もやっぱり曇りでさらに延期が決定.3度目の正直となるか?
今年の観望会 予定…12 実施…7 中止…0 延期…3 屋内(外)で天文教室…2 勝率….583(7勝5敗)
連敗.貯金がさらに1つ減って2.

SETI@home 現在の順位 世界…62,557位(/1,158,164人)国内…2,361位(/30,162人)
Einstein@home 現在の順位 世界…8,479位(/288,077人)国内…196位(/4,203人)

「“世界で4番目に有人宇宙飛行を達成する国”は是非日本であってほしい」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« ナノセイルD | トップページ | おおすみ »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

模型ロケットを組み立てると初めて、この部品は何のために?、それが魅力です、R-7はケロシン、液体酸素ですので推力が高いが再着火できないが、長征は、毒性の強いヒドラジン、四酸化二窒素ですので混ぜるだけで再着火できるので、ジンバルしなくても姿勢制御できるからではないでしょうか

投稿: 寒さに弱い風小僧 | 2011年3月11日 (金) 11時24分

ペーパーモデル、すごいですね~。
いつもいつも感心します!

ちなみにR-7系統の小型ノズルは姿勢制御用バーニア燃焼室ですが、長征でエンジンの横についている排気管はエンジンのターボポンプの排気管です。
ガスジェネレータサイクルのエンジンに特有のもので、同じようなものがデルタIIやアトラス(IIまで)、ファルコン等にもついています。

GGサイクルでも、サターンVのように、排気をノズルの途中に導くタイプにはついていません。

投稿: LH2 | 2011年11月26日 (土) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11449/38812772

この記事へのトラックバック一覧です: 長征2号F:

« ナノセイルD | トップページ | おおすみ »