« 実に久しぶり | トップページ | 長続きしなかった »

2011年1月 8日 (土)

白星スタート

  昨日(7日)は今年初の観望会.今年初の「定期観望会」でもあった.
  まだ年明け早々,しかも強い冷え込みのため,普通ならば参加者はとても少ないか,参加者ゼロかということを心配するところだが,水戸市の市報の表紙に案内が掲載されてからまだ浅く,15名ほどの参加があった.開始予定時刻は19:30だったが,早くも19:00前に会場にやって来た方も.
「いやぁ,今日は大丈夫ですね」
1ヶ月前にも来られて,ベタ曇りにも関わらず1時間以上話し込んでいた方だ.

  昨日は見事な快晴.木星は縞模様がほとんどわからないほどシンチレーションは悪かったものの,空の透明度は非常に高かった.
  観望会対象は木星の他,E.T.星団アンドロメダ大銀河二重星団など.
「いやぁ,星ってこんなにいっぱいあるんですねぇ」
写真にするとイマイチおもしろくないけれど,望遠鏡で見る散開星団って,ホントに綺麗なもんなんですよ.

  空の透明度が高いので,オリオン大星雲なんかも「鳥が翼を広げたよう」な姿がとても良く見えた.
  さて,このオリオン大星雲が赤く見えるかどうかでちょっと盛り上がった.
「私の目には今日は少しピンク色に見えるんですけど」
「ホントですか?」
「いやもしかしたら,写真の見すぎで〝赤く見える“って思い込んでいるから赤く見えるのかもしれませんが」
「あれ,でもこういうふうになっているところ(手で「翼」の前縁のあたりを表現しながら)がちょっと赤く見えるような気がしますね」
「えぇ,そうそう,そうなんですよ」
ただ単に私の思い込みというわけでもなかったらしい.
  でも,別に科学的な観測をするわけじゃないんだから,たとえ思い込みであったとしても,「赤く見える」と感じるならそれでもいいんじゃないかという気がする.

  ベテルギウスが話題に上ったので,望遠鏡を向けてみる.
「もし万が一,急に明るくなったと感じたら,目をそむけてくださいね.失明するかもしれませんから」
「そんなことがあるんですか?」
「まぁ,まずありえませんね.もっとも,私なんかベテルギウス(が超新星爆発を起こす“その時”を見ていること)で失明するなら本望ですが」

  途中,あまりの寒さに音を上げて帰って行かれた方もあったけれど(スタッフはどんなに寒くても音を上げるわけに行かないのが辛い),なかなか盛り上がった観望会になった.

  これで今年も白星スタート.さて今年の勝率やいかに!?

今年の観望会 予定…1 実施…1 中止…0 延期…0 屋内(外)で天文教室…0 勝率…1.000(1勝0敗)
白星スタート.とりあえず貯金1.

SETI@home 現在の順位 世界…66,486位(/1,149,362人)国内…2,509位(/29,996人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,182位(/286,055人)国内…214位(/4,181人)

「生きている間に,なんとかベテルギウスの超新星爆発を見たい!」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 実に久しぶり | トップページ | 長続きしなかった »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白星スタート:

« 実に久しぶり | トップページ | 長続きしなかった »