« 完結 | トップページ | H-IIB »

2011年1月13日 (木)

賭けに勝って

  昨日(16日)は水戸市のお隣,ひたちなか市某所で観望会.
  本当は一昨日(17日)に予定されていたのだが,昼間は雲の多い天気.前日までの予報では,夕方から「曇り」だったのだが,当日になって予報は「晴れ」に変わっていた.

  さてどうしたものか・・・

  主催者とも話し合って,一か八か昨日に延期ということにしたのだった.そして,一昨日の夕方の天気は,とりあえず晴れ.しかし,なんとか月と木星は見えていたものの,ほぼ全天を薄雲が被っていて,淡い天体は見えそうにもない天気だった.

  そして昨日の夕方は・・・晴れ.しかもほぼ快晴.どうやら一か八かの賭けには勝ったらしい.

  観望対象はまず木星.
  む,縞が消えていたあたりに,黒い線が見える.私自身も,復活しつつある縞の姿を初めて見た.
  昨日の観望会はシリーズとして実施しているものなので,参加者はみんな以前に同じ望遠鏡で木星を見ている.
「ほら,この間見た時には,木星の縞は一本だったでしょ?今日は,他にもう一本,黒い細い縞が見えてるよ」
「あ,わかる」「わぁ,ホントだぁ」
どうやらわかってくれたらしい.

  その後,月と,木星のそばに見えている天王星を見て,あとは星雲・星団
  が,透明度はイマイチだったらしい.オリオン大星雲も今ひとつ見応えがない.M30にも望遠鏡を向けてみたけれど・・・うぅん,見えるような見えないような・・・
「一応,真ん中に見えているんだけど」
「わかんな〜い」
「あ,小さな星が2つあって,その間にぼんやり見えているヤツ?」
「そう!それだ!ちゃんと見える人もいるじゃない」
「え〜,わかんないよ」
「う〜ん,見えない人はもしかして心が荒んでいるのかもしれないぞ」
などなど,冗談や雑談を交えてワイワイと話しながら,他にいくつかの散開星団も見てみた.どれもこれもイマイチ見応えはなかったけれど,みんな一生懸命望遠鏡を覗いていたし,みんな楽しそうにしていたし,結構良い観望会だったかも.

  この観望会のシリーズは昨日で最終回.最後に,毎回参加してくれた子供の一人が,「はやぶさ」の絵を書いて見せてくれた.
「おぉ!ちゃんと『はやぶさ』になってるじゃない!」
2枚の太陽電池パネルがあり,その間には高利得アンテナ,そして高利得アンテナの反対側にはきっちりサンプラーホーン.どうやら,その子の中には,きっちり「はやぶさ」の姿が刻まれているらしい.

  将来,この子たちの中から「はやぶさMk.?」プロジェクトに関わる人が現れるだろうか?

今年の観望会 予定…3 実施…2 中止…0 延期…1 屋内(外)で天文教室…0 勝率….667(2勝1敗)
連敗にならず.貯金は1.

SETI@home 現在の順位 世界…65,766位(/1,151,140人)国内…2,486位(/30,041人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,076位(/286,364人)国内…212位(/4,183人)

この記事を読んで,「アンタがそういう賭けに勝つなんて珍しいことじゃないか」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 完結 | トップページ | H-IIB »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賭けに勝って:

« 完結 | トップページ | H-IIB »