« 気持ちの良い夜空・・・ | トップページ | 今年一番のニュース »

2010年12月22日 (水)

惨敗

  昨日(21日)夕方に皆既月食があった.
  今回は,観望会をやりながら写真も撮影しようといろいろと策を練っていた.

  だが.

  ベタ曇り.策もなにもあったものではない.
  雲はそんなに厚くないように見えたので,皆既中は無理でも,部分食になったところで,雲の間から,それがダメでも雲を通してちらっとでも見えないかとず〜っと粘っていたのだが・・・やっぱりダメなものはダメだった.終いには小雨まで降ってくるし.

  というわけで,またしても皆既月食を見る&撮ることはできなかったのだった.

  私が最後に皆既月食を見たのは2000年の7月.当時デジタルカメラはまだ普及しておらず,天体写真も撮り始めたばかり.フィルムカメラはデジタルカメラと違ってその場ではちゃんと写っているかどうかは確認できないので,なんとか貴重なチャンスの写真をものにしようと,月食の間写真を撮りまくった.結果,写真代は数万円にもなってしまった.「次の皆既月食はデジタルで」と思ったのだが,その「次の皆既月食」を撮るチャンスは未だに訪れていないのだった.

  ところで,今回の皆既月食,「皆既中の月はどんな色になっているのか?」に注目が集まっていた.
  1982年12月30日に起こった皆既月食では皆既中の月はほとんど見えず,1993年6月4日の皆既月食では皆既中の月はほとんど灰色で,わずかに赤みがかかった程度だったという.これは,それぞれメキシコのエルチチョン火山,フィリピンのピナツボ火山の噴火による火山灰や噴出ガスが大気中に漂っていたためと考えられている.
  今年は,4月にアイスランドのエイヤフィヤトラヨークトル火山,8月にインドネシア・スマトラ島のシナブン火山,10月にはインドネシア・ジャワ島のムラビ火山とロシア・カムチャツカ半島のクリュチェフスカヤ火山とシベルチ火山というように火山噴火が多かったので,その影響がどのように出るかに注目が集まったのだった.

  昨日,皆既月食が観測できたのは北海道地方のみのようだが,その写真を見る限りでは,あんまり暗くはなかったらしい.上にあげたような今年の火山噴火では,火山灰や噴出ガスが成層圏にまで届くようなことはなかったということか.

  う゛ぅ・・・自分の目で確かめたかったなぁ・・・

今年の観望会 予定…127 実施…75 中止…38 延期…3 屋内(外)で天文教室…11 勝率….591(75勝52敗)
連勝できず.貯金が一つ減って23.

SETI@home 現在の順位 世界…66,843位(/1,143,249人)国内…2,511位(/29,875人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,324位(/285,000人)国内…218位(/4,171人)

この記事を読んで,「天気が悪いと“挑戦することすらできない”んだから辛いよねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 気持ちの良い夜空・・・ | トップページ | 今年一番のニュース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惨敗:

« 気持ちの良い夜空・・・ | トップページ | 今年一番のニュース »