« 民間宇宙船 軌道上から初の帰還 | トップページ | ご利益あるかも!? »

2010年12月10日 (金)

将来のプロマネ?

  昨日(9日)は水戸市のお隣,ひたちなか市某所で観望会.本来は11月2日に予定されていたのが,曇りや雨で3度延期して昨日実施の予定だったのだ.
  天気予報は・・・概ね「晴れ」.しかし,一部の予報では「夕方から曇り」となっていた.
「さてどうなるか」

  3度も延期したので,もう延期の予定がとれないという事情もあり,「一か八かで実施」が決定.

  18:00には会場に行き,望遠鏡を設置.観望会開始は19:00.
「あぁ,雲が出てきやがった・・・」
  とりあえず“見られるうちに”ということで急いで木星だけは見たのだが,その後は全天のおよそ半分が雲に被われた.昨日は月がなかったので,残りの観望対象は星雲や星団.ということは,「空がこの状況では・・・」ちょっと無理だ.

  一度屋内に入って,即席の天文教室.黒板に図を書きながら,「あかつき」の話をしてみた.
「もう一回金星に戻ることはできないの?」
とか,(6年後にもう一回チャンスがあるという話をした後で)
「もっと早く金星に着くようにはできないの?」
とか,質問がたくさん.この子たちとは,天文教室や観望会で何度も顔を合わせているのだが,だいぶ興味を持ってくれているようだ.

  その後,再びほぼ快晴となったのでもう一度屋外に出て観望会を続行.今度の対象は,二重星団アンドロメダ銀河かに星雲M35などなど.空の透明度がイマイチだったので,かに星雲などは「見えるような見えないような・・・」という程度で,
「これはみんなにはわからないと思うんだけど」
と言ったところ,むしろみんなムキになって一生懸命見ようと頑張っていた.実際には,やっぱりわかった子はほとんどいなかったと思うけど.

  そんな観望会の中,こんな質問もあった.
「ハウメアとかマケマケを探査機で調べるとかっていうことはないの?」
「うーん,そうだねぇ.いつかは探査機を送るってことはあるかもしれないけれど,今のところはまだそんな話は聞かないなぁ」
  いつかの天文教室の時に“ハウメア”と“マケマケ”の話をしたのだけれど,小学校低学年のこの子がそれを覚えていてくれた(言葉だけじゃなく,海王星の外側を回っている小さな天体だということもわかっているようだった)ことに驚き.

  そうだ!大人になったら,君が「プロジェクトマネージャー」になって,“ハウメア”や“マケマケ”に探査機を飛ばしてよ.

今年の観望会 予定…121 実施…72 中止…35 延期…3 屋内(外)で天文教室…11 勝率….595(72勝49敗)
連敗は3でストップ.貯金が1つ増えて23.

SETI@home 現在の順位 世界…67,063位(/1,137,968人)国内…2,522位(/29,755人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,181位(/283,845人)国内…215位(/4,151人)

この記事を読んで,「そうやって興味を持ってくれる子どもがいるんだから,アンタも一層がんばらなきゃいけないね」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 民間宇宙船 軌道上から初の帰還 | トップページ | ご利益あるかも!? »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 将来のプロマネ?:

« 民間宇宙船 軌道上から初の帰還 | トップページ | ご利益あるかも!? »