« 「はやぶさ」カプセルA室からも微粒子 | トップページ | 年末年始は嫌い »

2010年12月29日 (水)

ほぼ完成

  27日は『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第102号(三球儀編第51号)の発売日.
  今回の部品は
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第102号(三球儀編第51号)の部品 太陽,LEDと電池ボックス,ボタン型電池が3個.
  これらを本体に組み込んで
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第102号(三球儀編第51号)までの進捗状況 って,これじゃあ前回との違いがわからないので,周囲を暗くして,
ほぼ完成した三球儀 むぅ,ちょっと(かなり?)期待はずれかも.せめて,月や地球の満ち欠けがわかるような仕掛けになっていると面白かったんじゃないか?ま,暇を見つけて改造してみるか.

  いずれにしても,残り1号.その最後の号でついてくるのはACアダプターだから,これで外見は完成というわけだ.

  半分期待,心配半分(また多額の出費をすることになる)だった「次のシリーズ」はどうやらないらしい.

SETI@home 現在の順位 世界…66,867位(/1,144,744人)国内…2,511位(/29,903人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,359位(/285,461人)国内…218位(/4,175人)

この記事を読んで,「たしかに,月や地球が満ち欠けして見えたら面白いかも」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 「はやぶさ」カプセルA室からも微粒子 | トップページ | 年末年始は嫌い »

太陽系模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほぼ完成:

« 「はやぶさ」カプセルA室からも微粒子 | トップページ | 年末年始は嫌い »