« 苦戦 | トップページ | 7000m »

2010年12月 1日 (水)

原始的なやり方で

  記事としてはややタイミングが遅れてしまったが・・・

  「はやぶさ」のカプセルから,新たに大きめの粒子数百個見つかった.
  今回は,回収容器を石英皿で蓋をし,逆さにして,横から工具で数回たたいたところ,皿の上に0.1mm〜0.01mmの粒子数百個が落ちてきたのだという.「なんとも原始的な方法だが,『何もない』という先入観から今までやらなかった」のだとか.

  最初は,静電気を用いた特殊な針で,小さな粒子を一つ一つ針先にくっつけて取り出す方法を使い,数個の粒子を取り出した.次には,テフロン製の特殊なヘラで容器の内部をこすり,1500個ほどの粒子を取り出した.
  ここまでの作業は,特殊な技術を使い,精密な作業だったわけだが,今度は容器を逆さまにして横からたたいた.

  この「原始的な」方法で,大きめの粒子数百個が出てきたというのがなんとも面白い.
  いや,「世の中結構そんなもんだ」とも思う.
  「どうやったらうまく行くんだろうか」と散々考え,考えに考えた末に思いついた方法で「そこそこ」の成果があった後に,ふとなんとなくやってみた至極単純な方法が実は最大の成果をもたらす・・・なんてことは結構あるものだ.

  人類初の偉業を数々成し遂げた「はやぶさ」.そのカプセルからの最大の発見が,「容器をコンコンとたたいたら出てきた」粒子から見つかったとかいうことになったら面白いぞ.やっぱり「はやぶさ」の物語はとことんまで「事実は小説より奇なり」なのかも.

SETI@home 現在の順位 世界…66,995位(/1,136,515人)国内…2,518位(/29,719人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,056位(/282,997人)国内…212位(/4,139人)

今年の観望会 予定…120 実施…71 中止…34 延期…4 屋内(外)で天文教室…11 勝率….592(71勝49敗)
実は昨日(30日)には観望会が予定されていたのだが,曇り空であえなく延期.これで3連敗.貯金がさらに1つ減って24.

「こんな原始的な方法で,粒子が数百個みつかるなんて,なんだか「はやぶさ」に親近感がわいた」方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 苦戦 | トップページ | 7000m »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原始的なやり方で:

« 苦戦 | トップページ | 7000m »