« 7000m | トップページ | 雨男復活 »

2010年12月 3日 (金)

NASAの発表

  数日前,「12月2日(日本時間3日早朝),NASAは宇宙生物学上の発見に関する記者発表を行う」というニュースがあった.
  なんとも思わせぶりなニュースに,あちこちでいろいろな憶測が流れた.
「ついに宇宙人を確認か!?」
なんてニュースも.まぁそりゃないだろうと思ってはいたが,
「火星起源の隕石から再び生命の痕跡と思われる物質を発見」
とか,
「彗星のダストからタンパク質(あるいはアミノ酸)を発見」
とかいうニュースがあるんではないかという期待をしていた.その一方で,
「(これまでに考えられてきた以外に)生物の存在可能な条件を確認」
とかいう地味なニュースなのではないかという気もしていた.

  で,今朝は目覚ましをかけ(昨晩は雨だったのでさっさと就寝),早起きをしてそのニュースが伝わるのを待った.

  そのニュースとは・・・
「ヒ素を利用して生存する細菌を発見」
というものだった.

  ・・・予想以上に地味・・・

  「モノ湖」という塩湖で発見された細菌は,ヒ素を利用して生息,繁殖することができるのだという.遺伝情報を担うDNAにはリンが必要だが,この細菌はリ ンの代わりにヒ素を用いることができる.リンのない環境で培養すると,リンの代わりにヒ素を取り込んで増殖することを実験で確認したのだそうだ.生命活動 に必要な元素を他の元素で置き換えて生息・増殖できる生物の発見はこれが初めてのことで,こういう生物が存在するということは,これまでには生物は存在できないと考えられていた環境でも,なんらかの生物が生息している可能性を示すことかもしれない.

  いや確かに,重大な発見なのかもしれないけれど,イマイチイメージがわかない.もったいぶって記者発表するんじゃなくて,普通に論文の発表でも良かったんじゃないかなんていう気もする.

  その一方で・・・
  天文教室などの折,子供たちからよく「宇宙人っているんですか?」と聞かれる.そんな時には,
「僕は宇宙人は絶対どこかにはいると思っているんだけど,もしいたとしても,今の僕たちには想像もできない生き物なんじゃないかな」
と答えている.それは,地球とは異なる環境で進化した生物は,地球上に生息している我々とは全然違う生物なんじゃないかと思っているからだ.一般的に「生物」というのは,あくまで地球上に生息している生物のことであり,地球外に生物が存在する条件を考える時に,地球上の生物が存在する条件を当てはめてもダメなんじゃないかと思っているのだ.
  そこへ,このニュース.
「ほれみたことか」
という気もする.我々人間からしてみれば猛毒のヒ素を利用して生息・繁殖する生物だっているのだ.地球上ですらこんな調子なんだから,もっともっと環境の違う別な天体ならば,もっとぶっとんだ環境に適応したぶっとんだ生物だっているんじゃないか?

  でもやっぱりもっと派手なニュースを期待しちゃってたなぁ.おかげでやや無駄に寝不足になっちゃったじゃないか.せっかく(雨のせいで)ゆっくり休める夜だったのに.

SETI@home 現在の順位 世界…67,010位(/1,136,754人)国内…2,520位(/29,719人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,092位(/283,180人)国内…213位(/4,144人)

今朝のNASAの発表には,やっぱりちょっとがっかりしちゃった方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 7000m | トップページ | 雨男復活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASAの発表:

« 7000m | トップページ | 雨男復活 »