« またしても屈辱 | トップページ | 1年越しの約束 »

2010年11月 7日 (日)

来年も是非

  昨日(6日)夕方は城里町ふれあいの里天文台で観望会.20:00頃はかなり雲が広がっていたのだが,なんとか開館.
  そういう状況なので,観望対象は木星のみ.
「いつもなら,太い縞模様が2本見えるのですが,現在は1本しか見えません.十数年に一度くらいおこる現象らしいのですが,なぜ起こるのかはわかっていません」
「じゃあ,それは結構珍しいってこと?」
「そうですね.そこそこ珍しいです.でも,今日初めて見る方にはちょっとつまらないかもしれないので,来年,是非どこかの天文台でもう一度見てください」
「ここじゃダメなんですか?」
「いやもちろん,ここでもいいですよ・・・っていうか,是非ここで見てください」

  どうも開館直前くらいの時間までは衛星の影が木星本体に写っていたらしい.それが見られなかったのはやや残念ではあったけれど,この時期としては珍しく50人ほどの方が来館してくださり,なかなか盛り上がった観望会となった.

  ところで,ハートレイ第2周期彗星の核にアメリカの探査機「EPOXI」が接近,その映像が公開された.
「あ,ラッコだ」
と思ったのは私だけではないらしく,ネット上では
「ラッコ対決 イトカワ vs ハートレイ第2」
とかいう画像も見られる.太陽系,実は「巨大ラッコの生息域」なのかも?

  もう一つ.
  スペースシャトル「ディスカバリー(STS-133)」の打ち上げがまた延期になった.しかも今度は30日まで延期だ.本当は1日に予定されていたのだが,最初はOMSからのヘリウム・窒素漏れで2日に延期.2日の打ち上げは,エンジンを制御するバックアップコンピュータの1つに不具合がみつかり(コックピットのサーキットブレーカーの問題だったらしい),4日に延期.そして4日の打ち上げは天候不良により5日に延期.5日の打ち上げは,今度は気化した水素ガスを排出する配管と外部燃料タンクの接続部分(地上アンビリカルキャリアプレート←「アンビリカル」には「へその緒」という意味もある.うまいネーミングだねぇ)からの水素漏れがみつかり,外部燃料タンクの断熱材にも亀裂が見つかったため,今度は30日に延期となってしまった.どうも「ディスカバリー」がぐずってなかなか上がってくれないらしい.やっぱりまだ「引退したくない!」という主張なのだろうか.かと言って,まさかオービターが「移籍して現役続行」なんて訳にも行かないだろうしねぇ・・・

今年の観望会 予定…112 実施…67 中止…32 延期…3 屋内(外)で天文教室…10 勝率….598(67勝45敗)
連勝.貯金が1つ増えて22.

SETI@home 現在の順位 世界…66,873位(/1,134,067人)国内…2,513位(/29,673人)
Einstein@home 現在の順位 世界…8,821位(/280,510人)国内…212位(/4,095人)

この記事を読んで,「宇宙開発の最前線もうまくいったりうまくいかなかったり大変だねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« またしても屈辱 | トップページ | 1年越しの約束 »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年も是非:

« またしても屈辱 | トップページ | 1年越しの約束 »