« オマケつき | トップページ | 天板の下側 »

2010年11月21日 (日)

第16回 ふれあいの里星空観望会

  昨日(20日)は城里町ふれあいの里の年一回の星祭り「第16回ふれあいの里星空観望会」.
  数日前までの天気予報では絶望的だったのだが,直前になって予報が変わり,夜は「晴れ」となっていた.

  ここのところ忙しくて事前の準備をする時間がなかなかとれず,昨日は朝から「お楽しみ抽選会」の賞品(1等と3等は私が撮影した天体写真!)の準備やらなにやらでばたばたと走り回っていた.
  お昼過ぎには自作プラネタリウムを愛車に積み込んで会場へ出発.ふれあいの里に着くとその荷物を駐車場から天文台まで運び,別な荷物をとりに再び水戸へ.そしてまたふれあいの里の駐車場から天文台まで荷物を運び,運び終わると会場で自作プラネタリウムの準備・・・開会の頃には既にヘトヘトになってしまった.

  開会の頃の天気は・・・ところどころに雲が漂っているものの,月と木星はきっちり見えていた.
「いやぁ,良かったねぇ」

  今年,天文台1階では,自作プラネタリウム投影と「はやぶさ」のお話.
  実は,以前から「やっぱり今年は『はやぶさ』の話題は欠かせないだろう」と思っていた.そこで,この日に間に合わせようとM-V5号機のペーパークラフトの製作にかかったところで,「はやぶさ」のカプセルから回収した微粒子が「イトカワ」のものであると断定されたのだった.
  いやはや,何というタイミング!

  「はやぶさ」の話はややぶっつけ本番になってしまったのだが,それでも大人も子供も真剣に話を聞いてくださっていた.自作プラネタリウムの方も,
「これ去年見た!手作りなんだよね」
という子供もいて,でもその子もずっと一生懸命見て,話を聞いてくれて何より.

  毎年のことではあるが,私は天文台1階で喋りっぱなし.望遠鏡をのぞくこともなく,外の様子を伺うこともほとんどできなかったが,全体で600名ほどの参加者があったらしい.

  朝から準備でバタバタ,本番もぶっつけ本番で無我夢中,あっという間に過ぎ去っていった一日だった.

今年の観望会 予定…117 実施…71 中止…33 延期…3 屋内(外)で天文教室…10 勝率….607(71勝46敗)
連勝.貯金がさらに1つ増えて25.

SETI@home 現在の順位 世界…66,959位(/1,135,467人)国内…2,518位(/29,697人)
Einstein@home 現在の順位 世界…8,947位(/281,980人)国内…212位(/4,118人)

この記事を読んで,「たまにそういう日があるってのも幸せなことなんじゃない?」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« オマケつき | トップページ | 天板の下側 »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第16回 ふれあいの里星空観望会:

« オマケつき | トップページ | 天板の下側 »