« ISS | トップページ | サターン V SA-506 »

2010年10月29日 (金)

地球サイズの惑星は多数?

  東京工業大の井田茂教授ら日米の研究チームが,ハワイのケック望遠鏡による5年間の観測から,地球サイズの惑星が予想よりはるかに多く存在しているらしいという研究結果を発表した.
  これによると,我々から80光年以内という近距離にある恒星166個を観測したところ,22個の恒星には,地球の3倍以上の質量を持つ惑星が合計33個発見された.(ここからは,ニュース記事では少し飛躍してしまっていてどうもよくわからないのだが)これら観測データに基づくと,恒星の23%,つまり恒星4つに1つは,地球質量の半分から2倍程度の質量を持つ惑星が存在する計算になるという.
  こうなってくると,「地球外生命」が存在するのかどうかという点が興味のあるところだが,日本などが計画している「TMT :  Thirty Meter Telescope」を使えるようになれば,惑星の大気に生命の存在を示す酸素や有機物が含まれているかどうかがわかるという.

  ・・・とは言っても・・・
  地球からわずか数千万〜数億km程度の距離にある火星だって,未だに生命の存在についての議論が決着していないのだから,系外惑星の生物の存在については・・・手がかりが発見されるのだってまだまだだろうなぁ.向こうに知的生命体がいて,こちらにメッセージでも送ってくれていれば話は少し違うだろうけど・・・それだって,SETI@home では100万人以上の人が何年にもわたって解析を続けているのに,何も出てこないわけだし.

  ところで,

  今年の夏頃から,その SETI@home のサーバーがどうも調子悪いらしい.サーバーと通信ができない状態が続いていて,時々思い出したように復活するのだが,またすぐにコケてしまう.早く復旧してほしいものだ.
  復旧した途端に「地球外生命からの信号を発見!」なんてことには・・・ならないだろうねぇ,やっぱり.世の中そんなに甘くないか.

SETI@home 現在の順位 世界…66,947位(/1,132,304人)国内…2,517位(/29,617人)
Einstein@home 現在の順位 世界…8,776位(/279,475人)国内…207位(/4,075人)

この記事を読んで,「地球外生命について想像を巡らせるってのも結構楽しいもの.その上で,いつの日か“実証”されることを楽しみにしよう」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« ISS | トップページ | サターン V SA-506 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球サイズの惑星は多数?:

« ISS | トップページ | サターン V SA-506 »