« ほんのちょっとだけ | トップページ | ようやくここまで »

2010年10月17日 (日)

どうにかこうにか

  昨日(16日)は,世界企画「ようこそジュピター」の日.夕方&夜で観望会のダブルヘッダーの予定だったのだが,夕方は曇りがちな天気だった.

  まずは18:00から水戸駅南口で観望会.1時間ほどの参加でその後すぐに城里町ふれあいの里天文台に移動しなければならなかったので,主砲の20cm反射ではなく,初月給で買った口径9cmのマクストフ・カセグレン望遠鏡を持参して参加.まぁしかし,この望遠鏡,高倍率性能は全然ダメなので,主役の木星は他の人が持ってきた望遠鏡の譲り,ひたすら月を見てもらうことにした.
  私としてはやや不完全燃焼ながら,小さな望遠鏡でも月が結構良く見えると言って感心していた方もいたし,高校時代の先輩にばったり会って,「いつも連載(茨城新聞日曜版の「いばらき星空散歩」)をすっごく楽しみにしてるよ」と言われたりと,それなりに嬉しいこともあった.

  19:30頃に望遠鏡を撤収して,城里町ふれあいの里天文台へ.
  10月後半,別に連休でもない普通の土曜日なので,
「まぁ(来館者は)一家族か二家族くらいだろう」
とタカをくくっていたのだが

  え゛ぇ!!!!

開館してみれば,なんと来館者は100人超.一度に入場できない人も出る始末.この時期にしては非常に珍しいことだ.

  しかも!

  厚い雲が急速に広がり,時折月も木星も見られなくなるような有様.
  こういう状況は非常に大変.こうなるとどうしても待ち時間が長くなる.待ち時間が長くなるとイライラするのが人情というもので,挙句に曇ってしまって見られないとなれば怒りたくなるのもまた人情.しかも,待っている間に時々木星が見えたりすると,「もっと早く見せてくれれば(木星なり月なりを)見られたのに!」とキレてしまう人が出るのはよくある話.
  というわけで,やや戦々恐々としながらの観望会となったが・・・どうにかこうにかほとんどの方が雲間から時々顔を出す木星をちらっとでも見ることができたらしく,そういった「キレた人」を出さずになんとか乗り切った.

  そんな中・・・

  昨日,実は,(まだここでは公開していないが)サターンⅤ型ロケットのペーパークラフト(いつもと同じように1/100スケールで作ったから,全長は1m超!)を持参,天文台1階で疲労もとい披露していた.
  閉館間際,最後まで残っていたご家族のお子さん3人が,このペーパークラフトと並んで記念写真を撮って行かれた.
「将来もし宇宙飛行士になったら,『子供の頃の思い出です』とかってその写真を是非公開してね」
  いやホント,そういうことになったらとっても幸せだと思うわけですよ.

今年の観望会 予定…107 実施…64 中止…31 延期…2 屋内(外)で天文教室…10 勝率….592(64勝43敗)
かなり苦しい状況ながら,両方の観望会ともちゃんと天体を見せることができたので,ダブルヘッダーは2連勝.前回と合わせて3連勝となり,貯金が2つ増えて21.

SETI@home 現在の順位 世界…67,282位(/1,130,760人)国内…2,528位(/29,591人)
Einstein@home 現在の順位 世界…8,847位(/278,379人)国内…207位(/4,068人)

この記事を読んで,「待っている人がイライラしないようにするのって,結構大変なんだろうねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« ほんのちょっとだけ | トップページ | ようやくここまで »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうにかこうにか:

« ほんのちょっとだけ | トップページ | ようやくここまで »