« 祝!H-IIA 18号機打ち上げ成功! | トップページ | 遅かった »

2010年9月13日 (月)

R-7 ルニク

  ペーパークラフトロケットシリーズ,今回は
1/100スケールペーパークラフトによる R-7 ルニク 旧ソ連最初の月探査計画「ルナ計画」における最初の探査機「ルナ1号」を打ち上げたロケット,R-7 ルニク.型紙は “Space-paper-models (Yahoo! Groups)” から(“Classic Paper Space Models” の R-7 スプートニク R-7 ヴォストーク の型紙を Niels Jahn Kundsen 氏が R-7 ルニク 用に再構成したもの.ダウンロードには要Yahoo! ID).
  ソ連は1957年にスプートニク1号によって,アメリカは1958年にエクスプローラー1号によって,それぞれ初の人工衛星打ち上げに成功した.両国ともに次の大目標は有人宇宙飛行であったが,その前に月探査を目指した.アメリカでは1958年9月から「パイオニア計画」による月探査機の打ち上げを開始したが,失敗を繰り返していた.ソ連はそれに対抗して「ルナ計画」を開始,最初の3回は打ち上げに失敗したが,1959年1月2日に行われた4回目の打ち上げは成功,月へ向かう軌道に無事投入され,探査機は「ルナ1号」と命名された.この探査機の本来の目的であった月への衝突には失敗したものの,1月4日には月から5995kmの距離を通過,その後,人類初の人工惑星となった.

  先端以外はR-7 スプートニクそのもの.スプートニク1号2号,を作った後だったのでそれほど苦戦することはなかったが,面倒なのは一緒.結構時間はかかった.ルニクをルニクたらしめている3段目は,部分的に非常に細かい作業になったが,そもそも部品点数がそれほど多い訳ではなかったので,こちらはそこそこ苦戦しつつも,時間はあまりかからなかった.そして,完成した姿は結構満足.

  さていつものようにこれまでに作ったロケットたちと並べて記念撮影♪と行きたいところだが,例によってアクリルのケースに入った状態で展示中なので,R-7シリーズのロケットだけ並べて記念撮影.
1/100スケールペーパークラフトによる R-7シリーズのロケット 2010年7月29日

(左から,スプートニク1号スプートニク2号,ルニク,ソユーズ-U + TMA-1

こうして並べてみると結構面白い.しかし,R-7 シリーズの進化をたどるにも,やっぱりヴォストーク,ヴォスホートが欲しいところだ・・・

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ.→R-7 Lunik

ロケットのペーパークラフトは是非↓こちらもご覧ください
PASA : Papercraft Aeronautics and Space Administration

SETI@home 現在の順位 世界…67,331位(/1,123,907人)国内…2,518位(/29,473人)
Einstein@home 現在の順位 世界…8,949位(/274,774人)国内…204位(/4,022人)

この記事を読んで,「同じシリーズのロケットを並べて見ると,なるほど結構面白いかも・・・でもマニアックだねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 祝!H-IIA 18号機打ち上げ成功! | トップページ | 遅かった »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11449/36714737

この記事へのトラックバック一覧です: R-7 ルニク:

« 祝!H-IIA 18号機打ち上げ成功! | トップページ | 遅かった »