« お月見会 | トップページ | 部品も作業も少し »

2010年9月23日 (木)

秋分と春分点

  夕方の東の空に見える木星が,昨日(22日),衝を迎えた.つまり,太陽の正反対に位置しているということだ.
昇ってくる木星 2010年9月17日 上の写真は17日の夕方撮影したもの.もちろん,木星は日々移動しているのだが,かと言って猛烈な速さで移動しているわけでもないので,昨日の位置と驚くほど違うということもないだろう.そして,今日(23日)は秋分の日.つまり,太陽は秋分点に位置している.ということは,ここで木星が見えているあたりが春分点ということになる.秋分,あるいは春分の日に,目立つ惑星が衝を迎えるなんてことは結構珍しいことじゃないだろうか.しかも,今日は満月.月も太陽の反対側に位置することになり,さらに,木星の近くには天王星もあるわけで,ちょうど秋分の日に太陽の反対側にこれだけ太陽系の天体が集合して見えるというのはなかなか面白い.

  ・・・となれば,今晩は是非ともこういう天体を眺め,想像力を膨らませて“太陽系の中にいる”ということを実感したいところだ・・・が,今日は無情の雨.あぁ,やっぱり世の中なかなかうまく行かない・・・

  今日は,太陽と月,木星,天王星がほぼ一直線に並ぶわけで,こうなると,“それぞれの引力が働いて云々”とかって言い出す人が現れるんじゃないかとちょっと心配(苦笑)

SETI@home 現在の順位 世界…67,204位(/1,126,040人)国内…2,517位(/29,508人)
Einstein@home 現在の順位 世界…8,892位(/276,019人)国内…205位(/4,033人)

この記事を読んで,「確かに,地味ながらこれは結構珍しいことかも」と思った方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« お月見会 | トップページ | 部品も作業も少し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋分と春分点:

« お月見会 | トップページ | 部品も作業も少し »