« 雨? | トップページ | もっと大きいもの? »

2010年8月29日 (日)

閉館ぎりぎりで

  昨日(28日)も城里町ふれあいの里天文台で観望会.
  昨日の昼間はほぼ曇り.天気予報もずっと「曇り」.普通ならば,「今夜は(天文台は)閉館だろう」と思うところだが,最近はこういう予報で本当に曇ったためしがないので「もしかしたら開館かも」.
  夕方になってもあまり変化がなかったが,20:00頃には晴れ間が広がり,やっぱり天文台は開館.

  昨日は夏休み最後(実は水戸市ではもう新学期が始まっているのだが)の日曜日前日とあって,50名ほどが来館.空もまぁそこそこで(アルビレオが肉眼で見えたのは久しぶりだ)なかなか賑わった.
  最初,観望対象はアルビレオとベガだったが,林の向こう側にちらちらと木星が昇って来ているのが見えた(ふれあいの里天文台の東側は国有林があるのだ)ので,
「実は林の向こう側に木星が見えます.今日はおそらく閉館時刻までには見られるようになると思うので,見たいという方はしばらく粘ってみてください.ただ,木の枝の位置によって見えるかどうかが決まりますので,本当に見えるかどうかは運次第です」
  結局,半分くらいの方が粘る方を選択されたようなので,
「ただ待っているというのもなんでしょうから,ちょっと違うのを見てみましょう」
ということで,環状星雲を導入.昨晩は空の透明度はイマイチだったので,それが「環」になっているということがわかったのは一部の方だけだったが,
「へぇ,こんなものも見えるんですねぇ」
とりあえず感心していただけたようだ.

  そして,本当に閉館ギリギリの時刻.
「ようやく木星が見えるようになりました」
昨日はシンチレーションの具合も良く,結構くっきり見えていたので,ちょっと倍率を高めにしてみた.
「うわ,でっかー!」
最初の観望対象がアルビレオやベガで,
「もっと大きく見えるものだと思っていた」
と言われる方もいただけに,より大きく見えるという印象があったらしい.

  それにしても・・・
  太い縞が一本の木星というのは,何度か木星を見た人にとっては珍しい光景なのだが,初めて見る人にとっては,ややインパクトに欠けるかもしれない.

  いずれにせよ,木星を目当てに粘ってくださった方にちゃんと見ていただけたのがなにより.

  せっかくくっきり見えていたので,閉館後,一人天文台に残り,その木星を撮影.その成果が↓
木星 2010年8月28日 城里町ふれあいの里天文台にて シンチレーションが落ち着いていた割には写りがイマイチだけれど,私が撮影に臨む時には珍しく,大赤斑が正面に見えていた.おかげで,「縞が見えなくなって,ポツンと取り残された大赤斑」がきっちり写せたというわけだ.ただ,元のビデオ画像でもほとんど揺れて見えないほどの良い条件だったので,もう少し細かい部分まで写せるかなぁと思ったのだけれど,思ったほどではなかった.やや露光不足かも?

  しかし,これで木星のこの貴重な姿を写真に残せたのが何より.この後しばらくの天文教室などでも使えるわけだし.

今年の観望会 予定…89 実施…50 中止…27 延期…2 屋内(外)で天文教室…10 勝率….562(50勝39敗)
これで6連勝.貯金がさらに1つ増えて11.昨年より9日早く50勝到達!

SETI@home 現在の順位 世界…67,214位(/1,119,478人)国内…2,518位(/29,422人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,047位(/271,848人)国内…208位(/4,009人)

この記事を読んで,「珍しい木星の姿を写真に残せて良かったねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

|

« 雨? | トップページ | もっと大きいもの? »

天体写真」カテゴリの記事

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閉館ぎりぎりで:

« 雨? | トップページ | もっと大きいもの? »