« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

部品はいっぱいなのに

  今日はもう次号の発売日だが・・・
  24日は『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第84号(三球儀編第33号)の発売日.
  今回の部品は
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第84号(三球儀編第33号)の部品 ギアカラー×2,チューブ,シャフト,歯車,スペーサーチューブ,ナット,ネジが二種類計9本.今回もこまい部品がいっぱいだ.
・・・でも・・・
今回の作業で使うのはチューブとそれを固定するナットのみ.そいつを本体天板に取り付けて
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第84号(三球儀編第33号)までの進捗状況 これしか進まないんかい・・・

  ところで・・・

  昨日(30日)はあいにくの薄曇りながら,市内某所で「プチ観望会」.いつも昼間にやっている天文講座を都合により夕方やることになったのでそのついでだ.
  参加者は6人.大きな望遠鏡は持ち出せなかったので,カメラ用の三脚にのっけただけの77mm屈折望遠鏡を持ち出しただけ,観望対象も小さく見える木星だけだったが,「衛星が3つ見える」とか「いや4つ見える」とか結構わいわい.その他いろんな話題でも盛り上がった.
  たまにはこういう観望会もいいのかもしれない.

今年の観望会 予定…91 実施…51 中止…27 延期…2 屋内(外)で天文教室…10 勝率….571(52勝39敗)
「プチ」とは言え観望会を実施したのでこれで8連勝!貯金がさらに1つ増えて13.

SETI@home 現在の順位 世界…67,281位(/1,120,636人)国内…2,519位(/29,435人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,028位(/272,590人)国内…208位(/4,015人)

この記事を読んで,「星を楽しむのに,必ずしも大きな望遠鏡が必要というわけじゃないのさ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

もっと大きいもの?

  昨日(29日)も城里町ふれあいの里天文台で観望会.天気は,ここ数日と同じようなパターン.開館するか閉館するか微妙なところだったが,とりあえず夏の大三角は見えているということで開館が決定.
  来館者は10名ほど.観望対象は,とりあえずアルビレオとベガ,そして環状星雲
  皆さん,とりえず喜んでいらっしゃるようだったが,やっぱり何か不満足のご様子.
「もっと大きいのが見たいです」
お気持ちはわかるんですよ.望遠鏡を使ったら,遠くのものが大きく見えると思うのが一般的な感覚ですからねぇ.
  かと言って,昨日の開館時間は21:30までだったので,木星は林の向こう側で見られない.月はもっと低いし.
「大きく見えるものもあるにはあるんですが,大きいものは暗くて淡いんですよ.とりあえず一つ見てみましょうか」
と,M13を見ようかと思ったのだが,その方向には雲.M15は月に近いし,南の空は雲でいっぱいだし.
  仕方なく,こと座のダブル・ダブル・スターを見てもらったのだが・・・やっぱり同じですよねぇ.私としては,これが本当に「ダブル・ダブル」に見えたのは初めてだったので,結構面白かったんですが.

  ・・・というわけで,昨日の観望会は今ひとつ盛り上がれずに終了.
  月も惑星も見られない時って,観望対象を選ぶのは難しいんですよ.でもね,月や惑星のようにはっきり大きく見えるものだけじゃなくて,星がぴったりくっついて見えるとか,暗い星が集まっているとか,淡い広がりが見えるとか,そういう繊細なものも,じっくり味わえばなかなか面白いものなんですよ.

  っていうことを伝えるのって,本当に難しいんだよねぇ・・・

今年の観望会 予定…90 実施…51 中止…27 延期…2 屋内(外)で天文教室…10 勝率….567(51勝39敗)
7連勝!貯金がさらに1つ増えて12.

SETI@home 現在の順位 世界…67,223位(/1,120,093人)国内…2,517位(/29,432人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,026位(/272,155人)国内…208位(/4,014人)

この記事を読んで,「“地味な味わい”っていうのはなかなか一般ウケしないからねぇ」と思った方,とりあえずこちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

閉館ぎりぎりで

  昨日(28日)も城里町ふれあいの里天文台で観望会.
  昨日の昼間はほぼ曇り.天気予報もずっと「曇り」.普通ならば,「今夜は(天文台は)閉館だろう」と思うところだが,最近はこういう予報で本当に曇ったためしがないので「もしかしたら開館かも」.
  夕方になってもあまり変化がなかったが,20:00頃には晴れ間が広がり,やっぱり天文台は開館.

  昨日は夏休み最後(実は水戸市ではもう新学期が始まっているのだが)の日曜日前日とあって,50名ほどが来館.空もまぁそこそこで(アルビレオが肉眼で見えたのは久しぶりだ)なかなか賑わった.
  最初,観望対象はアルビレオとベガだったが,林の向こう側にちらちらと木星が昇って来ているのが見えた(ふれあいの里天文台の東側は国有林があるのだ)ので,
「実は林の向こう側に木星が見えます.今日はおそらく閉館時刻までには見られるようになると思うので,見たいという方はしばらく粘ってみてください.ただ,木の枝の位置によって見えるかどうかが決まりますので,本当に見えるかどうかは運次第です」
  結局,半分くらいの方が粘る方を選択されたようなので,
「ただ待っているというのもなんでしょうから,ちょっと違うのを見てみましょう」
ということで,環状星雲を導入.昨晩は空の透明度はイマイチだったので,それが「環」になっているということがわかったのは一部の方だけだったが,
「へぇ,こんなものも見えるんですねぇ」
とりあえず感心していただけたようだ.

  そして,本当に閉館ギリギリの時刻.
「ようやく木星が見えるようになりました」
昨日はシンチレーションの具合も良く,結構くっきり見えていたので,ちょっと倍率を高めにしてみた.
「うわ,でっかー!」
最初の観望対象がアルビレオやベガで,
「もっと大きく見えるものだと思っていた」
と言われる方もいただけに,より大きく見えるという印象があったらしい.

  それにしても・・・
  太い縞が一本の木星というのは,何度か木星を見た人にとっては珍しい光景なのだが,初めて見る人にとっては,ややインパクトに欠けるかもしれない.

  いずれにせよ,木星を目当てに粘ってくださった方にちゃんと見ていただけたのがなにより.

  せっかくくっきり見えていたので,閉館後,一人天文台に残り,その木星を撮影.その成果が↓
木星 2010年8月28日 城里町ふれあいの里天文台にて シンチレーションが落ち着いていた割には写りがイマイチだけれど,私が撮影に臨む時には珍しく,大赤斑が正面に見えていた.おかげで,「縞が見えなくなって,ポツンと取り残された大赤斑」がきっちり写せたというわけだ.ただ,元のビデオ画像でもほとんど揺れて見えないほどの良い条件だったので,もう少し細かい部分まで写せるかなぁと思ったのだけれど,思ったほどではなかった.やや露光不足かも?

  しかし,これで木星のこの貴重な姿を写真に残せたのが何より.この後しばらくの天文教室などでも使えるわけだし.

今年の観望会 予定…89 実施…50 中止…27 延期…2 屋内(外)で天文教室…10 勝率….562(50勝39敗)
これで6連勝.貯金がさらに1つ増えて11.昨年より9日早く50勝到達!

SETI@home 現在の順位 世界…67,214位(/1,119,478人)国内…2,518位(/29,422人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,047位(/271,848人)国内…208位(/4,009人)

この記事を読んで,「珍しい木星の姿を写真に残せて良かったねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

雨?

  昨日(27日),天気予報では午後から雨.
「こりゃ今晩は(観望会が中止になって)ゆっくり休めるかも」
と思っていた.
  朝は確かに曇っていたのだが,午前中のうちに晴れ間が広がり,結局暑い一日になった.そして夕方になっても晴れ.城里町ふれあいの里天文台で開館or閉館の態度決定をする20:00頃は夏の大三角もとりあえず見えていたので開館が決定.

  が・・・

  全天薄曇り.その薄雲を東から昇ってきた明るい月が照らすもんだから星が見えづらい.
  そんな中,2家族が来館してくださった.とりあえず観望対象はアルビレオ(昨日は苦戦しなかった!)とベガ.
  一昨日(26日)の観望会では喜んで頂けたのだが,昨晩の状況ではさすがに見応えがなく,「ふ〜ん」といった程度.そのベガとアルビレオもいつしか雲に隠されてしまい,15分ほどのビデオを見ていただくことに.ビデオを見て頂いている間に少しでも晴れ間が広がってくれればと思ったのだが・・・15分後は見事にベタ曇り.

  思いっきり不完全燃焼の観望会になってしまった.
  こんな天気になるくらいならば,最初から予報の通り雨が降っていてくれたら良かったのに.

  ちなみに,今晩も城里町ふれあいの里天文台で観望会の予定.現在は曇り.予報も夜は曇り.さて今日はこの先どっちに転ぶんだろう?

今年の観望会 予定…88 実施…49 中止…27 延期…2 屋内(外)で天文教室…10 勝率….557(49勝39敗)
釈然としない状況ながらこれで5連勝.貯金がさらに1つ増えて10.

SETI@home 現在の順位 世界…67,207位(/1,118,704人)国内…2,517位(/29,408人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,042位(/271,728人)国内…208位(/4,007人)

この記事を読んで,「毎度のことながら,どっちかはっきりした天気になってくれればいいのにねぇ」と思ってくださった方,とりあえずこちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

アルビレオは苦手

  昨日(26日)は城里町ふれあいの里天文台で観望会.天気は・・・薄曇り.とりあえず月は見えていたので開館が決定.
  実は24日と25日も開館したのだが,来館者は0.昨日も
「もしかして今日も・・・」
と思ったのだが,6名ほどが来館してくださった.

  「月は見えているから・・・」
ということで開館したのだが,実は天文台の東側には林があるため,観望会開始時刻には見ることができなかった.そこで,とりあえずアルビレオを見ることにしたのだが,
「アルビレオは鬼門なんだよねぇ」
先日はこれがどうしても導入できないという屈辱を味わってしまった.たかが3等星なのに.
  で,昨日は・・・ちゃんと導入できた!でも結構苦戦してしまった.どうもこの星には苦手意識ができてしまったらしい.
  薄曇りなので,「ちょっとつまらないか?」とも思っていたけれど,来館者の中には,「こぉれは綺麗だ!」と言ってくださる方もいて,ちょっと安心.

  ふれあいの里天文台は夏休み期間中毎晩開館してきたが,それも残り4回.そして今晩からは開館時間中に月が見られなくなる.ということは,おそらく毎回アルビレオを見てもらうことになるわけで,アルビレオの苦手意識を克服しておかなくちゃ.3等星を導入するのに苦戦していたんじゃ恥ずかしいから・・・

今年の観望会 予定…87 実施…48 中止…27 延期…2 屋内(外)で天文教室…10 勝率….552(48勝39敗)
一応これで4連勝.貯金がさらに1つ増えて9.

SETI@home 現在の順位 世界…67,207位(/1,118,704人)国内…2,517位(/29,408人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,036位(/271,312人)国内…207位(/4,003人)

この記事を読んで,「“天文台で望遠鏡を操作する人”は目標の天体をさくっと見つけられる人じゃないとカッコ悪いからねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

サターン IB SA-205

  今月3日の記事(ソー・エイブル)で「そして次は・・・また最大級の大物が登場!」と書いておきながら,すっかりご無沙汰になってしまったが・・・
  ペーパークラフトロケットシリーズ,今回は
1/100スケールペーパークラフトによる サターン ⅠB SA-205 「アポロ計画」での最初の有人宇宙飛行となったアポロ7号を打ち上げたロケット,サターン IB型 (SA-205).型紙は,“The Lower Hudson Valley Paper Model E-Gift Shop”から.
  サターン ⅠB型ロケットは,前身であるサターン 型ロケットの改良発展型と呼べるもので,第一段にはサターン Ⅰ型ロケットの第一段,S-Ⅰ を改良した S-ⅠB,第二段には,S-Ⅳに代わって,新たに開発された J-2 エンジンを1基搭載した S-ⅣB ロケットが使われた.これは,後のサターン Ⅴ型ロケットの第三段に使われたものと基本的には同じものである.
  モデルは,「アポロ計画」初の有人飛行となった「アポロ7号」を打ち上げた時のものである.本来は,これに先立つ SA-204 ミッションで初の有人飛行を行うはずであった.しかし,訓練中に火災が発生,3人の宇宙飛行士(ガス・グリソム,エドワード・ホワイト,ロジャー・チャフィー)が犠牲になった.後にこれが「アポロ1号」と呼ばれることとなるが,この時に使われるはずだったサターン ⅠB型ロケットは一度発射台から下ろされ,別の発射台で組み立てられて,1968年1月22日,アポロ月着陸船無人試験飛行のための「アポロ5号」を打ち上げた.
  「アポロ7号」の打ち上げは1968年10月11日.乗員は3人とも「アポロ1号」のバックアップクルーであった.「アポロ7号」は,軌道上で,アメリカの宇宙船からの初のテレビ生中継,月着陸船とのドッキング運動のテスト他,システムの様々なテストをしながら,11日間で地球を163周,10月22日に無事地球に帰還した.
  サターン ⅠBロケットが「アポロ計画」で使われたのはこれが最後であったが,このロケットは後の「スカイラブ計画」や「アポロ・ソユーズテスト計画」に用いられ,合計9回の打ち上げが行われた.

  今回もまた,「やっぱりサターンロケットは特別」ということで,サターン SA-6に続いて,いつも省略してしまっている,各段が分離するギミックも再現.
1/100スケールペーパークラフトによる サターン ⅠB SA-205 (各段分離) まず,第一段の“S-ⅠB”.
1/100スケールペーパークラフトによる S-ⅠB やっぱり合計9本の円筒を作るのには苦戦.ここが一番大変だった.燃料&液体酸素タンクの上部に見える,「スパイダービーム」と呼ばれる骨組みが結構面白い.本当は全体にカバーがかけられているはずだが,そうすると「スパイダービーム」が見えなくなってしまうので,カバーが「カットモデル」のようになっているのもなかなか.ちなみに,スタンドはサターン SA-6と同じ型紙を利用,サイズを合わせ,向きを調整して作った.

  次にインターステージ.
1/100スケールペーパークラフトによる サターン ⅠBのインターステージ ここはまぁあっさり味だ.ただ,上下をきっちり合わせるのがちょっと難しかったか.この上に“S-ⅣB”が乗るわけだが,“S-ⅣB”との接続部分,最初はちょっときつかったので少し削ったのだが,ちょっと削りすぎてこの部分が緩くなり,全体を組み立てて立てておく時にはちょっと不安.

  次は第二段,“S-ⅣB”.
1/100スケールペーパークラフトによる S-ⅣB (SA-205) 型紙のインストラクションの通りに作ると,この上に取り付ける部分(月着陸船の格納庫になる部分,「アポロ7号」では月着陸船は搭載されなかった)を接着することになるのだが,そうすると,せっかく作ったタンク上部が見えなくなるので,上の部分が差し込み式になるように製作.

  そして,アポロ宇宙船.
1/100スケールペーパークラフトによる アポロ7号 写真を参考に,「アポロ7号」の特徴を少し再現,「アポロ7号」に似せて作ってみた.さらに,姿勢制御用のエンジン・ノズルは別な型紙を流用して作った・・・これが非常に細くて苦戦したのだが.

  最後に,指令船,熱シールドと脱出塔(Launch Escape System).
1/100スケールペーパークラフトによる アポロ7号の指令船,熱シールドとLES   地球に帰還する指令船の部分も分離するような設計になっているのだが,普通に作ると,これが機械船になかなかまっすぐ乗っかってくれなかったり,乗っけてもすぐ落っこちてしまったりする(サターン SA-6がそうだ)ので,磁石と針金を仕込んで,くっつくようにしてある.型紙の通りだと,LESが取り付けられた熱シールドは被せるだけなのだが,これもそのままだとなかなかまっすぐ乗っかってくれない&簡単に落っこちるので,指令船のてっぺんに磁石を仕込み,熱シールドのてっぺんに針金を仕込んでこれもくっつくようにしてある.

  ・・・というわけで,あちこちに工夫をしながら約3週間で完成.これまでに作った「アポロ計画」のロケットと並べて記念撮影.
1/100スケールペーパークラフトによる アポロ計画のロケットたち 左から,サターン SA-6リトル・ジョー,そしてサターンⅠB SA-205.
  どう考えても,サターン に比べてサターン IB が大きすぎる.どちらかの縮尺が間違っているということになるのだろうが・・・フリーの型紙なんだからそこは文句を言わない.

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ.→Saturn ⅠB SA-205 (Apollo 7)

  そして,いつものように,これまでに作ったロケットたちと並べて記念撮影・・・したいところなのだが,現在,そのロケットたちは某所で展示会の最中(茨城新聞に掲載された)なので,代わりに↓.

ペーパークラフトロケット展示会 2010年8月26日 日焼けして色が褪せてしまわないかちょっと心配・・・

  「サターン Ⅴ型ロケットを作るなら,それまでにマーキュリー計画から順番に作っていってやろう」
  と思いついたのが昨年の暮れ.そしていよいよ残ったのはサターンⅤ型のみ!

ロケットのペーパークラフトは是非↓こちらもご覧ください
PASA : Papercraft Aeronautics and Space Administration

SETI@home 現在の順位 世界…67,207位(/1,118,704人)国内…2,517位(/29,408人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,026位(/271,153人)国内…207位(/4,001人)

この記事を読んで,「いつの間にか大変なことになってるねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

イヤーカウンター

  毎晩毎晩観望会で,すっかりこの記事が遅れてしまった.
  昨日(24日)は既に次号の発売日だったのだが,17日は『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第83号(三球儀編第32号)の発売日.
  今回の部品は
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第83号(三球儀編第32号)の部品 イヤーカウンター,十字穴ボルトが4本.
  これらを本体・・・じゃなくて,台座の天板に組み込んで↓
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第83号(三球儀編第32号)までの進捗状況 ・・・こうして見てみても面白くもなんともないので,台座の天板を裏返してやると,
『三球儀』のイヤーカウンター 後ろ側の歯車を手で回してやると,この数字がくるくると変わっていくわけだ.

・・・くるくるくるくるくるくる・・・

  全然面白くないぞ.うーん次が待ち遠・・・いや次の号はもう買ってあったりするのだが.

SETI@home 現在の順位 世界…67,207位(/1,118,704人)国内…2,517位(/29,408人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,038位(/270,728人)国内…207位(/3,997人)

この記事を読んで,「この猛暑の中,毎晩毎晩観望会ってのは大変なんだろうねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

珍しい光景

  昨日(23日)は市内某子ども会の主催で,市内某所で観望会.
  やや不安はあったものの,何とか晴れて,修復作業が終わっていない自作プラネタリウムを無理やり持ち出す必要はなかった.

  観望対象はまず月.会場は西側に大きな建物があったので,金星をはじめ,西空に集合していた惑星たちは見ることができなかった.
  そして,ベガとアルビレオ(一昨日はどういう訳かどうしても導入できずに屈辱を味わったが,昨日はさくっと導入.リベンジ成功!・・・ってそのくらいできなくてどうする!).
「ダイヤモンドにサファイアとトパーズ.今日はゴージャスな観望会ですねぇ」

  昨日の月齢は13.月が強烈に明るい上に薄雲がかなり出ていたので,M57M13は断念.木星が東の空に昇ってくるのを待つ間は「はやぶさ」の話題.
  皆さん興味津々で聞いてくれた.地球帰還から2ヶ月が経過したにも関わらず,カプセルの展示には合計で10万人の人が訪れるなど人気は健在だが,ミッションの細部については意外と知られていないようだ.

  観望会終了間際,東の空に昇ってきた木星を見てもらうことに.
「望遠鏡で木星を見たことのある人どのくらいいますか?」
と聞いてみたところ,1/4くらいの方が手をあげた.
「どんなふうに見えましたか?」
「縞模様が見えた!」
「その縞模様なんですが,多分,前に見た時には太い縞模様が2本見えたと思うんですけれど,今はその片方が見えなくなっています.なかなか珍しい眺めなのでじっくり見てみてくださいね」
「あ,ほーんとだ,これは珍しい!」
そう思えるってことは結構幸せですよ.多くの方はこの姿が初めて見る木星の姿なんですから・・・でも,それが“幸せ”でなくて“当たり前”になるようにしなきゃいけないか.

今年の観望会 予定…86 実施…47 中止…27 延期…2 屋内(外)で天文教室…10 勝率….547(47勝39敗)
これで3連勝.貯金がさらに1つ増えて8.

SETI@home 現在の順位 世界…67,226位(/1,118,155人)国内…2,516位(/29,403人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,039位(/270,587人)国内…207位(/3,997人)

この記事を読んで,「“2番続けての屈辱”にならなくて良かったねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

屈辱的な失敗

  昨日(22日)も城里町ふれあいの里天文台で観望会.昨日はばっちり晴れて,月もくっきり見えていた.
一昨日の同じ観望会で,月が雲にかくされてしまって見ることができず,
「明日またリベンジしに来ます」
と言っていた方も来館してくださった.
「いやぁ見られて良かったです」
結構感動してくださった様子.

  来館された方の中には,
「この子(小学校低学年の男の子)が,去年ここでアルビレオを見てから,すっかりハマってしまって,もう何度も何度もプラネタリウムに通っているんです」
とおっしゃる方も.そりゃあ嬉しいですねえ.頑張る甲斐があるってもんです.
  で,その方たちに,
「やっぱりアルビレオを見たいんですけど」
とリクエストされ,全員が月を見終わった後にアルビレオを見ることに.

  ところが・・・

  どういう訳か,そのアルビレオを導入できず.いくら頑張っても見つからない.どうしても導入できずに遂にギブアップ.同じ天文同好会つるつる亭やかん師匠とバトンタッチ.

  一体どうしたんだろう?いかに月が明るい上,ちょうど天頂付近で望遠鏡をのぞきづらく,また,ドームのスリットからはベガとアルタイルを同時に見ることができない状況だったとは言え,たかだか3等星が導入できなかったなんて!この仕事始めて以来最大の屈辱.もういちど鍛え直さなきゃ.

  さて今晩は市内某所で観望会の予定.今のところ晴れで,予定通り実施できそう(ということはつまり修復作業が完了していない自作プラネタリウムを無理に持ち出す必要はなさそう)だ.今日の観望会のメインも月だろうが,アルビレオにもリベンジだ!(さすがに“返り討ち”ってことはないと思うんだけど・・・ちょっと弱気)

今年の観望会 予定…85 実施…46 中止…27 延期…2 屋内(外)で天文教室…10 勝率….541(46勝39敗)
連勝.貯金がさらに1つ増えて7.

SETI@home 現在の順位 世界…67,181位(/1,117,642人)国内…2,514位(/29,394人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,037位(/270,331人)国内…207位(/3,995人)

この記事を読んで,「たまにはそういうスランプだってあるものさ」と思ってくださった方,こちらをクリックして慰めの投票を,「どんな状況であれ,そこくらいができなきゃ失格だ!」と思った方は叱咤の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

あぁやっぱり

  昨日(21日)は城里町ふれあいの里天文台で観望会.
  いつも開館or閉館の態度を決定する20:00頃はとりあえず晴れ.しかし,雲が広がりつつあった.
「こりゃ8時半(開館時刻)には曇っちゃうかも」
と思いつつも,とりあえず月はきっちり見えているので開館を決定.

  そして開館時刻の20:30.

  ベタ曇り.月も全く見えず.

  やっぱりね.

  来館された方々には,
「すっかり曇ってしまったので,ビデオ上映のみになってしまいますがよろしいですか?」
とおことわりした上で入場していただいた.結局入場者は40名ほど.

  15分ほどのビデオ上映が終わる頃,雲間から月が顔を出した.
「ちょうど今,月が顔をだしてくれましたので,望遠鏡で見て頂きます」
ドームのある屋上に移動.
「いつもならばここで,私がたっぷりと薀蓄をたれてから望遠鏡をのぞいて頂くのですが,今日はいつ曇ってしまうかわかりませんので,すぐに見て頂きます」
と言って,さっそく観望に入ったのだが,月が見えていたのは10分ほど.1/3ほどの方しか見ることができなかった.
「今度またリベンジしに来ます」
と言って帰って行かれる方と,
「何とか見たいので粘ります」
と言ってそのまま粘る方と.

  そして,22:00過ぎ.また雲間から月が顔を出した.またすぐに雲に隠れてしまったが,ここまで粘っておられた方は短い時間ながら何とか望遠鏡で見ることができた.
「いやぁ見られてホントに良かったです.粘った甲斐がありました!」
とかなり満足して帰って行かれた.まぁとりあえず何よりというところか.

  そして閉館後.

  急速に晴れ間が広がった.月もくっきり.

  あぁ,やっぱりね.いつものパターンだよ・・・

  もったいないのでその月を一枚.
月齢11.5 2010年8月21日(クリックで拡大,600 × 638 pixel,86kb)
あーあ,最初からこれだけ良く見えていれば,来館した皆さんも大喜びだったろうに・・・毎度のことながら,天気ってヤツはどうしてこうも意地悪なんだろう・・・

今年の観望会 予定…84 実施…45 中止…27 延期…2 屋内(外)で天文教室…10 勝率….536(45勝39敗)
なんとか連敗は3でストップ.貯金が1つ増えて6.

SETI@home 現在の順位 世界…67,124位(/1,117,100人)国内…2,513位(/29,383人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,051位(/270,033人)国内…209位(/3,995人)

この記事を読んで,「毎度のことながら“お天気相手”は何かと大変だねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

修復作業中

  一昨日(19日)の天文教室の折に損傷してしまった自作プラネタリウムの恒星球.
破損してしまった自作プラネタリウムの恒星球 写真ではわかりづらいが,原板同士を接合している部分が全体の1/3ほど剥がれてしまった.
  その修復作業に取りかかった.まずは,接合面の接着剤(前に接着した時のもの)を注意深く削り落とす.これが大変な作業だ.接着剤が残っているいとうまく接着できないし,うっかり原板まで削ってしまうと,もうきっちり接合することができなくなってしまう.接着剤を削る作業をしていると神経が削れてしまう・・・
  しかしその作業もこれで三度目.何とかこなしているけれど,最も問題なのは
修復中の恒星原板 これまた写真ではわかりづらいが,今回は原板そのものがかなり割れてしまった.上の写真は実は修復作業後.注意深く溶剤を流し込んで数時間固定.とりあえずはうまく接着できているようだけれど,さてどうなるか.右側,セロハンテープが貼ってあるところは未修復の部分.

  明後日(23日),もし曇ってしまった場合はコイツの出番がやってくる.修復作業は・・・どう見ても間に合いそうにない・・・何とか晴れてくれるといいんだけど.

今年の観望会 予定…83 実施…44 中止…27 延期…2 屋内(外)で天文教室…10 勝率….530(44勝39敗)
昨日(20日)予定していた「定期観望会」は中止(それでも20人近く集まったのだが).これで3連敗.貯金がさらに1つ減って5.

SETI@home 現在の順位 世界…67,161位(/1,116,142人)国内…2,512位(/29,369人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,061位(/269,691人)国内…209位(/3,992人)

この記事を読んで,「こういう作業って,大変なだけじゃなくて,気も重いんだよねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の応援をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

これで三度目・・・

  昨日(19日)は市内某小学校で観望会.しかしまたしても曇天で,屋内での天文教室となった.
  昨日,もし晴れていれば観望対象は月がメインだったはずなので,ネタも月の話題が中心.思いつきで作った「満ち欠けのしくみ」をわかりやすく見せる器具を使ったり,クレーターからの発展で,地球にあるクレーターや隕石の話題も.

  そして,メインイベントはもちろん私の自作プラネタリウム投影.昨日の参加者は小学生とそのご父兄約100名ほど.その皆さん,かなりノリノリだったので,夏の星座の紹介,そして,秋の星座とその神話の紹介など,予定より長く投影を行った.
  そのせいで残り時間が短くなってしまったけれど,残った時間は「はやぶさ」の話題.

  一通り話し終わり,質問教室も終わって,最後に先生のお話.
「人生山あり谷あり,“はやぶさ”も波乱の人(?)生だったことがわかって感動しました」
とか.いやぁそれを分かっていただけたら,話した甲斐があったというものです.

  と,ふと視線を動かすと,そこに見たものは・・・

  無残にも恒星球が崩壊しかかったPPLS-1の姿だった.あぁ,何ということだ!
  どうも,子供たちの誰かが暗い中でぶつかってしまったらしい.

  この恒星球が崩壊したのはこれで三度目.最初は製作の途中で,二度目は知らない間に,そして今回は投影会の最中に.あーあ,また修理しなきゃ.結構ショックだ.修理は手間がかかるんだよねぇ・・・
  ただ,三度とも大きなショックを受ける割には絶望感や虚脱感という類のものを感じない.「まぁ直してやるさ!」と前向きな自分がいるのが自分でも不思議だ.

「立ち上がれ!“はやぶさ”の如く!」
・・・思えば,コイツ(PPLS-1)も波乱の人(?)生だねぇ・・・

今年の観望会 予定…82 実施…44 中止…27 延期…2 屋内(外)で天文教室…9 勝率….537(44勝38敗)
連敗.貯金がさらに1つ減って6.

SETI@home 現在の順位 世界…67,159位(/1,116,128人)国内…2,512位(/29,368人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,079位(/269,287人)国内…209位(/3,990人)

この記事を読んで,「修理は大変だろうけど,また子供たちに歓声をあげてもらえるように頑張りなよ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の応援をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

これはこれで

  昨日(18日)も水戸市のお隣,ひたちなか市某所で観望会.天気は・・・ベタ曇り.
  というわけで,屋内での天文教室ということになった.

  事前に,「星が見られないような天気の時は,ぜひプラネタリウムを見せて欲しい」と言われていたので,プラネタリウムを準備して出発!
  ・・・
  会場へ向かう途中に気がついた.
「そういえば,先週つくばエキスポセンターに行ったって言ってなかったか?」
エキスポセンターのプラネタリウム私のプラネタリウムじゃ勝負にならないじゃないか.

  子供たちというのは素直なものだ.「つまんな〜い!」と言われてしまうんじゃないかとドキドキしながら投影.
  夏と秋の星座,そしてその神話.恒星球を高速に回転させて超早回しの日周運動等など.

  さて子供たちの目にはどのように映ったのだろう・・・
  終了後,会場の部屋を出る子供たちの会話が耳に入った.
「すごかったねぇ」
そうか,そう言ってくれるのか.子供たちの目には,こういうローテクなプラネタリウムもこれはこれで面白く見えてくれたらしい.ちょっと安心.

  来週はみんなでペットボトルロケットを作って飛ばすのだとか.羨ましい!私も混じりたいぞ・・・とてもそんな時間の余裕はないけれど・・・

今年の観望会 予定…81 実施…44 中止…27 延期…2 屋内(外)で天文教室…8 勝率….543(44勝37敗)
連勝は2でストップ.貯金が1つ減って7.

SETI@home 現在の順位 世界…67,159位(/1,116,128人)国内…2,512位(/29,368人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,066位(/268,763人)国内…208位(/3,985人)

この記事を読んで,「子供の感想ってある意味恐ろしいものだよね」と思った方,こちらをクリックして共感(?)の応援をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

雨?

  昨日(17日)は水戸市のお隣,ひたちなか市某所で観望会.天気予報は・・・夕方から雨.
  観望会開始予定時刻の1時間前,18:00頃に会場に到着.その頃の空は,ほぼベタ曇り.しかも,「大雨・洪水・雷・濃霧注意報」が出ていた.
「こりゃ外での観望会は無理だね」
ということで,屋内で天文教室を行うことにした.

  ところが・・・

  観望会開始時刻には,空の半分は晴れ.月も金星も良く見えていた.
  とは言え,この時刻になって晴れてきても,準備に時間のかかる機材を持ち出すことはできないので,仕方なく小型の望遠鏡を持ち出して月と金星を見てもらった.
「アンタレスが見たい」
という声があったので,アンタレスにも望遠鏡を向ける.色の比較のためにベガにも.そして,見えている星座の案内.
  ここまでで観望会開始からほぼ1時間経過.未だ雨の気配なし.しかもほぼ晴天.
「あーあ,もう少し早く晴れてくれていれば,最初から望遠鏡を持ち出していたのに・・・」
相変わらず,天気は意地悪だ.
  空の透明度はイマイチで,小型の望遠鏡で見られる対象はこのくらいだったので,残りの時間は屋内に移動して天文教室ということになった.

  天文教室も終了後,「夏休みの宿題」をやっている子供たちがいた.のぞいてみると,「夏の大三角」が見える位置を,地上の風景と一緒にスケッチ,しばらく後にもういちど観察して,どの位置に見えるようになったかを観察するとかいうものだった.そのスケッチのための用紙を見せてもらったのだが.方角を記入するための“◯”が書いてあって,その上の四角の中に記入するようになっていた.
「でも,今,夏の大三角って,頭の真上だよねぇ」
これじゃあ,どうやって記入していいのかわからないじゃないか.

  私自身,これほどに天文に興味を持ったのは約10年前のことだが,小学生時代もそこそこ興味があった.でも,こういう「宿題」が大っ嫌いで,理科の「星の分野」もいつしか大っ嫌いになってしまっていた.こういうのって問題じゃないのかねぇ...

  帰宅した頃も晴れ.そして結局一晩中雨は降らなかった.
  今日もひたちなか市某所(昨日と違う場所)で観望会の予定.天気予報は夕方から曇り.ここ数日,天気予報には良く「雨」マークを見かけるのだが,ちっとも降らない.さて今晩はどっちに転ぶのか・・・なんだかもう「狼と少年」状態・・・

今年の観望会 予定…80 実施…44 中止…27 延期…2 屋内(外)で天文教室…7 勝率….550(44勝36敗)
昨日は一応実施ということで,これで連勝.貯金がさらに1つ増えて8.

SETI@home 現在の順位 世界…67,159位(/1,116,128人)国内…2,512位(/29,368人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,077位(/267,774人)国内…208位(/3,974人)

「難しいのだろうとは思うけれど,天気予報ってもう少し当たるようにならないものかねぇ」と思う方,こちらをクリックして共感(?)の応援をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

伝統的七夕

  昨日(16日)も城里町ふれあいの里天文台で観望会.天気は・・・とりあえず晴れてはいるものの,全天に薄雲がかかっていた.
「こりゃ今日はベガくらいしか見られないね」

  そんな天気,お盆明けの平日.
「お客さん少ないだろうな」
という予想に反して,60人以上の方が来館.
「こりゃ困ったぞ・・・」

「今日は実は七夕なんです」
「え?」
「今日は旧暦の7月7日なんです.旧暦は月の満ち欠けを基準にして日付を決めていましたから,新月から7日めの今日は,下弦の月が見えているわけですね」
  皆さん感心しておられた様子.
  しかしその月は既に西の低空にあり,ドーム内の望遠鏡で見られる位置ではなかった.薄雲も相変わらずで,やっぱり望遠鏡で見られるのはベガくらい.しかもそのベガも,薄雲のせいで見応えはイマイチ.
  仕方ないので,
「七夕のお話で,織女・牽牛という名前が出てくることがありますが,もともとは日本の七夕とは何の関係もなかったんです.日本古来の七夕とは,女性が機を織り,棚に乗せて先祖の霊に捧げるという風習でした.ですから,もともとは七夕も,棚に機,本棚の棚に機織り機の機で棚機と書いていたわけです」
「七夕と言えば,短冊に願い事を書いて笹の葉に吊るすということを良くやりますが,もともとこの風習は,女の子が機織りなどの上達を願って行ったことなんです.ですから,七夕の神様,本当は芸事の神様なんですね.ということは,“歌がうまくなりたい”とか,“料理が上手になりたい”とかいう願い事なら聞いてもらえますが,“お金持ちになりたい”とか,“偉くなりたい”とかいう願い事を書いても,“私の管轄外です”とか言われて多分聞いてもらえません」
など,七夕の薀蓄をいろいろ.

  何とかそこそこ満足していただけたようだけど,こういう観望会は疲れるんだよねぇ.
  今日も某所で観望会の予定.天気は・・・果たしてどっちに転ぶか・・・今日も大変だぞこりゃ.

今年の観望会 予定…79 実施…43 中止…27 延期…2 屋内(外)で天文教室…7 勝率….544(43勝36敗)
どうにかこうにか連敗は6でストップ.貯金が1つ増えて7.

SETI@home 現在の順位 世界…67,191位(/1,115,499人)国内…2,513位(/29,359人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,074位(/266,862人)国内…208位(/3,970人)

この記事を読んで,「“晴れ”か“雨”かどっちかはっきりしていれば楽なんだろうにねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックしてツッコミの応援をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

パルサーを発見

  いや私がパルサーを発見したというわけではないのだが・・・

  いつもここをお読みの方でもお気づきでないかもしれないが,毎日の記事の最後には,SETI@home,そしてEinstein@homeの現在の私の順位を書いている.
  そのEinstein@homeプロジェクト,192ヶ国約25万人の人が参加しているのだが,このたび,2007年2月の観測データから,パルサーが発見されたとのことらしい.発見されたのは,PSR J2007+2722 というパルサーで,我々の銀河面内,1万7000光年の距離にある.

  SETI@homeEinstein@homeに参加すると,自分がどのくらい解析の仕事をしたか,そして,自分の仕事量が,全世界,そして国内の参加者の中で何位になっているかなどの統計データがまとめられたページを見ることができる.そのページによれば,現在(2010年8月16日15:30(JST)),Einstein@homeにおける私の世界順位は9,066位,総功績にに占める私の貢献比率は0.00146%とある.
  こういうデータ解析においては,
「私の解析したデータには何も(有益なものは)ありませんでした」
ということも重要な貢献なので,今回のパルサーの発見も10万分の1は私の功績なのかも.

  うーんこりゃ結構嬉しいぞ.
  Einstein@homeに参加した時,
「地球外知的生命体(ETI)よりパルサーの方が発見の可能性が高いかも」
と期待していたのだが,それが遂に現実となったわけだ.

  ならば次は,
SETI@homeによって地球外知的生命からの信号を発見!」
なんてことにならないものかねぇ.

今年の観望会 予定…78 実施…42 中止…27 延期…2 屋内(外)で天文教室…7 勝率….538(42勝36敗)
昨日(15日)も曇天のため城里町ふれあいの里天文台は閉館.これで6連敗.貯金がさらに1つ減って6.

SETI@home 現在の順位 世界…67,256位(/1,114,809人)国内…2,515位(/29,348人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,066位(/266,331人)国内…207位(/3,967人)

この記事を読んで,「でもそれって,アンタじゃなくて,アンタのPCの功績なんじゃない?」と思った方,いやその通りです.こちらをクリックしてツッコミの投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

どうして!?

  昨日(14日)は城里町の温泉施設ホロルの湯前にて観望会.「伝統的七夕に星を見ましょう!」イベントの一環としての観望会だ.
  しかし,天気は・・・ベタ曇り.
「これじゃあ星は見られないね」
ということで,会場にスクリーンと液晶プロジェクターを設置して,屋外での天文教室.話題は,西空に集合している惑星,「はやぶさ」等など.
  そういう天気なので,最初は通りかかった皆さんも「素通り」だったのだが,しばらくすると足を止めて熱心に聞き入ってくれる方も.
  「この調子ならば盛り上がるかも」と思った.

  だが・・・

  無情の雨.液晶プロジェクターやらノートパソコンやらを濡らすわけには行かないので,ここで強制終了.
  ったく,どうしてこうなるかなぁ.

  とりあえず,濡らしては困るものを会場近くの東屋に避難させ,その場でしばし休息.麦茶の差し入れを頂いた.
「ちょっと濃いかもしれませんけど」
「あぁ,大丈夫ですよ.人間が濃いですから」
「そうよね」
どうしてそうあっさり同意するかなぁ!?
この間「つまり私が雨男というわけじゃなかったんですよ」って言った時は誰も同意してくれなかったのに.

  観望会終了予定時刻になっても雨は止まず,完全に撤収.思いっきり不完全燃焼.

  こんな天気になるんだったら,最初から雨が降っていてくれれば良かったのに・・・

今年の観望会 予定…77 実施…42 中止…26 延期…2 屋内(外)で天文教室…7 勝率….545(42勝35敗)
これで5連敗.貯金がさらに1つ減って7.

SETI@home 現在の順位 世界…67,294位(/1,114,109人)国内…2,517位(/29,339人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,082位(/264,459人)国内…208位(/3,960人)

この記事を読んで,「アンタが天気にいじめられるのは相変わらずだねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

今度は細かい

  10日は『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第82号(三球儀編第31号)の発売日.
  今回の部品は
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第82号(三球儀編第31号)の部品 歯車列,土台(大),土台(小),スペーサー,ブロック×2,十字穴ボルト×8.
  ここのところ3号続けてでっかい部品だったが,今回は細かい部品がいっぱい.
  これら(の一部)を本体・・・じゃなくて,台座の天板に組み込んで↓
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第82号(三球儀編第31号)までの進捗状況 今回は,「これからイヤーカウンターの取り付け作業が続くので,天板だけ別にして保管しよう」とのこと.いつもならそんなのは無視してやっぱり組み立ててしまうのだが,そうしたところで外からは見えないわけだし,組み込んでしまうと次号以降の作業が面倒になりそうなのでこのまんま.
  というわけで,今回は外観には何の変化もなし・・・つまらない.次号は・・・イヤーカウンターの取り付けらしい.あぁ,次号もつまらないのか・・・

今年の観望会 予定…76 実施…42 中止…26 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….553(42勝34敗)
昨日(13日)も曇天のため城里町ふれあいの里天文台は閉館.これで4連敗.貯金がさらに1つ減って8.

SETI@home 現在の順位 世界…67,270位(/1,113,301人)国内…2,517位(/29,331人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,088位(/263,702人)国内…208位(/3,958人)

この記事を読んで,「そうは言っても,完成するまでには必ず通らなければならない道なんだから」と思った方,こちらをクリックして励まし(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

ペルセウス座流星群

  昨日(12日)はペルセウス座流星群の極大日.
  しかし,夕方の天気は曇りで城里町ふれあいの里天文台は閉館.

  でも,昨日はふれあいの里天文同好会恒例の「ペルセ群合宿」.今年は趣向を変え,場所を同町内の「やまびこの郷」に写して実施.城里町ふれあいの里天文台の閉館を確認してから現地へ.

  現地に到着した21:00頃は小雨.大人が集まっている天文同好会の合宿で,こういう天気ならばやることは一つ.反省会(懇親会,宴会などとも呼ぶ)だ.
  宴もたけなわとなった(反省会なのに?)頃,ふと外に出てみると,
「なんだ,晴れてるじゃないか!」
ということで全員外へ.その時の空の様子が↓.
2010年8月12日 城里町やまびこの郷にて まだ雲は多いものの,空の透明度は良く,天の川も結構良く見えていた.うん,ここの空はなかなかじゃないか(ちなみに,上の写真を撮るちょっと前には明るい流星も見られた).
  しかし,この後また雲が広がってしまった.一部のメンバーはこのまま粘り,一部のメンバーは「反省会」を続行(もちろん私は・・・「反省会」^^:).
  日付が変わり,今日(13日)の01:30を過ぎた頃にもう一度外へ.その時はほぼベタ曇りだったのだが,しばらく雑談をしながら粘ってみた.
  02:30過ぎ,薄明開始までいよいよ残り時間が少なくなってきたところで雲が切れ始めた.まだ全天の7割ほどが雲に被われていたので,赤道儀を持ち出さず,固定撮影で雲の合間を狙ってみた.そして,
ペルセウス座流星群の流星 2010年8月13日 地味〜に流星が写った.↑この画像ではどこに写っているのか分かりづらいので,流星の部分を拡大.
ペルセウス座流星群の流星(拡大) 2010年8月13日 (明るい星はみなみのうお座のフォーマルハウト)
  他にも同じように地味〜に写ったのが2,3コマ.でも結局,これは!という写真は撮れなかった.まぁいいさ,ペルセ群の流星なら,今年は先日
夏の天の川と流星 2010年8月3日 こ〜んなにばっちり撮れてるから.

  ・・・とまぁ,今年の「ペルセ群合宿」はやや不完全燃焼に終わった感があるものの,とりあえず結構な数の流星を眺めることができた.
「つまり,私が雨男というわけじゃなかったんですよ」
と主張してみたものの,誰も同意してくれないのは何故?

今年の観望会 予定…75 実施…42 中止…25 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….560(42勝33敗)
昨日(12日)も曇天のため城里町ふれあいの里天文台は閉館.これで3連敗.貯金がさらに1つ減って9.

SETI@home 現在の順位 世界…67,270位(/1,113,301人)国内…2,517位(/29,331人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,098位(/262,636人)国内…207位(/3,955人)

この記事を読んで,「“雨男”じゃなくて,“流星雨男”だったらみんな喜んでくれるかも」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

HTV-R

  ロケットの打ち上げ能力としてはH-ⅡAやH-ⅡBで充分,軌道上の航法技術はHTVで実証済.
「これで大気圏再突入の技術が確率できれば,日本だって有人宇宙飛行を実現できるはずだぞ」
と思っていたところで,「はやぶさ」カプセルが見事無事帰還.しかも,地球周回軌道からの大気圏再突入よりずっと速い速度で.

  これで必要な技術が一通り揃ったはず

  と思っていたら・・・

  JAXAは,HTVを改良,宇宙から物資を持ち帰ることのできる「HTV-R」の開発状況を文部科学省宇宙開発委員会で報告した.HTVに地球への帰還カプセルを搭載するか,HTVの与圧部分を帰還カプセルに改造するというもので,将来,有人宇宙船に転用することも視野に入れてのことだとか.

  うーん,いよいよか.

  我が日本も,遂に有人宇宙飛行を達成した国への仲間入りも近い・・・と期待は膨らむのだが,一方では,財政が厳しく,「現状ではHTV-Rの打ち上げは,10年で1基が精一杯」との声もあるのだとか.

  夢を実現するための現実が厳しいのはどこも一緒か・・・

今年の観望会 予定…74 実施…42 中止…24 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….568(42勝32敗)
昨日(11日)も曇天のため城里町ふれあいの里天文台は閉館.連敗となり,貯金がさらに1つ減って10.

SETI@home 現在の順位 世界…67,270位(/1,113,301人)国内…2,517位(/29,331人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,111位(/262,551人)国内…209位(/3,952人)

この記事を読んで,「現実では,何をやるにも“先立つもの”は必要だからねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

小惑星 1999 RQ36

  「2182年,地球に小惑星が衝突?」という記事がニュースサイトに掲載されていた.読んでみると,580mほどの小惑星 1999 RQ36 が,2182年に地球の軌道から45万km以内を通過,1000分の1の確率で地球に衝突するということらしい.
  「ほんまかいな」
ということで,ここでも度々紹介している,NASAの “Current Impact Risks” を見てみたところ,ここでは,2182年9月24.93日(UTC)に地球に衝突する可能性が2万6000分の1とされている(トリノ・スケールの見積りはまだされていないらしい).
  どちらが正しい値かということは一概には言えないだろうが,まぁ衝突する可能性は最大で1000分の1程度と見ていいんじゃないかと思う.いずれにせよ,我々一般人が心配するようなことではなさそうだ(政治家の皆さんには多少心配してほしいけれど).

  それはともかく・・・

  NASAの公募制太陽系探査プロジェクト「ニューフロンティア・プログラム」の候補の一つに,1999 RQ36 に探査機を送り込む「オシリス・レックス計画」があるらしい.これは,小惑星表面のマッピングとサンプル・リターンをする計画とのことだ.
  言うまでもなく,日本(JAXA)にとって,NASAは大先輩だ.が,こと「小惑星からのサンプル・リターン」は日本が先輩だ.かつて,NASAにとっても,こういうミッションは「実現の可能性が低い」として見送られてきたものだが,「はやぶさ」の成功によって急激に注目されるようになった.NASAとしても,「JAXAにできたのに我々にできないはずがない!」というプライドもあるのかもしれないが.

  いずれにしても,これを機会に惑星間航行技術が大きく進歩することに期待したい.そうなれば,万が一,将来本当に「地球の危機」がやってきた時にも対処しやすくなるだろう.「転ばぬ先の杖」というわけだ.

  「小惑星が地球に衝突するかも」というようなニュースは世間の関心を集めやすいものらしい.数年前にも「小惑星“アポフィス”,地球に衝突か」というニュースがあって,だいぶ話題になった.いつの間にか「狼と少年」になってしまわなければ良いが・・・

今年の観望会 予定…73 実施…42 中止…23 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….575(42勝31敗)
昨日(10日)は曇天のため城里町ふれあいの里天文台は閉館.連勝できず.貯金が1つ減って11.

SETI@home 現在の順位 世界…67,270位(/1,113,301人)国内…2,517位(/29,342人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,141位(/262,483人)国内…210位(/3,952人)

「“NASAよりJAXAの方が先輩”っていう分野があるってなんだか嬉しい」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

自由研究のネタ?

  昨日(9日),夕方の天気予報は「曇り」.
「こりゃあ今晩は(城里町ふれあいの里天文台は)閉館だろう」
とタカをくくっていたのだが,雲間から星が見えるようになり,開館が決定.慌てて現地に行って観望会.

  とは言え,やっぱり雲が多く,望遠鏡での観望対象もベガとアルタイルくらい.
  それでも,せっかく来館してくださった方にはそれなりにでも楽しんでもらわなければなるまいということで,時々雲間から見える「夏の大三角」を指し示しながら,星までの距離のお話.
「一番近い星ってどのくらいの距離なんですか?」
と質問された.せっかくなので天文教室等で良くお話している,いわば私の「持ちネタ」,「50億分の1にしたら」という話.
「50億分の1の大きさに縮めると,地球は大体直径3mm,太陽はバスケットボールくらいになります.で,その間の距離はというと,今ここにバスケットボールの太陽を置いたとすれば,地球は30mほど先ということになります.で,太陽に一番近い恒星,アルファ・ケンタウリ(プロキシマ)はどの辺になるかというと,なんとサンフランシスコ(8000km)あたりという計算になります.それほど星って遠くにあるんですよ.」
「へぇ.じゃあ,太陽を自宅に置いて,それぞれの天体がどの辺になるかって調べたら,なかなかおもしろい自由研究ができるかも!?」
  さて,このご家庭ではどのような自由研究がまとまるのだろう.来年にでも,その成果を見せてくれると嬉しいんだけど・・・

今年の観望会 予定…72 実施…42 中止…22 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….583(42勝30敗)
連敗にならず.貯金が1つ増えて12.

SETI@home 現在の順位 世界…67,359位(/1,112,972人)国内…2,521位(/29,326人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,163位(/262,402人)国内…212位(/3,951人)

この記事を読んで,「そういう話がきっかけになっておもしろい自由研究になったら嬉しいだろうねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

とりあえず安定

  明日(10日)はもう次号の発売日だが・・・
  3日は『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第81号(三球儀編第30号)の発売日.
  今回の部品は
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第81号(三球儀編第30号)の部品 台座の側面(3)と(4).ネジが2本.前号で半分だったので残り半分.これで台座の側面が全部揃ったというわけだ.コイツらを本体に組み込んで(というより,コイツらに本体を乗せて)↓.
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第81号(三球儀編第30号)までの進捗状況 これで台座の側面が一周して,本体がとりあえず安定した(その割には結構不安定だったりもするけれど).
  だいぶどっしりしていい感じにはなってきたものの,まだ噛み合って動く歯車がすくなく,あんまり機械らしくはなっていない.軸と軸をつなぐチェーンはまだなのか・・・

今年の観望会 予定…71 実施…41 中止…22 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….577(41勝30敗)
昨日(8日)は曇天のため城里町ふれあいの里天文台は閉館.連勝は6で止まり,貯金が1つ減って11.

SETI@home 現在の順位 世界…67,399位(/1,112,573人)国内…2,522位(/29,320人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,159位(/262,380人)国内…212位(/3,951人)

この記事を読んで,「こういうのは進み方が“他人任せ”だから,思うように進まなくて大変だねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

通りがかり

  昨日(7日)は水戸市のお隣,大洗町某所で観望会.
  小学生〜高校生までの子供たちが集まって行われたキャンプの一環としての観望会だ.

  海岸線近くに望遠鏡を設置して観望会開始.潮風が望遠鏡にとっては嫌だけど仕方あるまい.
  所々に薄雲が漂うあいにくの天気ではあったものの,観望対象は,ベガ,土星,アルビレオ,M13など(会場は西側に林があり,東方最大離角の水星が見られなかったのが残念!).

  そんな観望会の最中,ちょうど通りかかった若い大人のグループに
「私たちも見せてもらっていいですか?」
と声をかけられた.
「すいません.子供たち対象のイベントなので・・・でも子供たちが終わってからなら構いませんよ」
と言ったものの,「それまで待っていてはくれないだろうなぁ」
と思っていた.ところが,このグループは本当に観望会終了までずっと待っていて,解散した頃を見計らって
「そろそろ大丈夫ですか?」
とやって来た.とは言え,あまり時間がとれなかったので,望遠鏡で見られたのはM13くらいだったが,なかなか喜んでいたようだ.
  大変失礼ながら,ぱっと見ではあまり天文に興味がありそうには見えない感じの方たちだったが,たくさんの質問を浴びせられたし,話していてもかなり難しいことも知っておられる様子だった.
「いやあ,結構好きなんですよ,こういうの」
とのこと.
  こういう人たちが知的欲求をぶつけられる機会をもっと作ることも大切なことなのかもしれない.

今年の観望会 予定…70 実施…41 中止…21 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….586(41勝29敗)
6連勝!貯金がさらに1つ増えて12.

SETI@home 現在の順位 世界…67,347位(/1,112,191人)国内…2,521位(/29,310人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,157位(/262,340人)国内…211位(/3,951人)

この記事を読んで,「せっかく興味を持っても,それを膨らませる機会がないっていうのは不幸なことなのかも」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

花火大会の日に

  昨日(6日)は定期観望会の日.しかし同時に,花火大会の日でもあった.
「こりゃ誰も来ないだろうな」
と思いつつ観望会場へ向かったのだが,
「花火大会に行かずにこっち(観望会)に来ました!」
というご家族が.しかもこのご家族,数年前に定期観望会に参加,そして先日はお子さんの通う小学校での観望会にも参加していて,今回も参加してくださったのだとか.
  そういう方がいてくださるっていうことはホントに嬉しいことですよ.
  観望対象はまずベガ,そしてアルビレオ.
「この2つの星は,その色からそれぞれある宝石に例えられますが,さて何の宝石でしょう?」
「うーん,何かな・・・サファイアとガーネット?」
「惜しい!この星は,サファイアとトパーズに例えられるんですよ.でもせっかくガーネットが出てきたので,ガーネットに例えられる星も見てみましょうか」
望遠鏡をガーネット・スターに向ける.
「この星,その名もガーネット・スターです」

  この後,環状星雲M13あれい状星雲も見てもらった.環状星雲の「環」,M13のツブツブ感もよくわかってもらえたようだ.あれい状星雲の「あれい」の形は・・・淡すぎてちょっと難しかったようだが.
「今日は来て頂けてとっても嬉しかったです.花火大会に行かずにこちらに来て頂いただけの価値があったかどうかは微妙ですが」
「いやいや,とっても満足ですよ」
いやホント,そう言って頂けるとやりがいを感じます.「よし次も頑張るぞ!」というやる気にもなるんですよ.

  で,今朝目が覚めた時は・・・体全体に鉛がぶら下がっているようだ・・・体が気持ちについて行かない.しかも今日も某所で観望会.予報では今晩は快晴.

  う゛ぅ・・・そろそろ休みが欲しいぞ・・・

今年の観望会 予定…69 実施…40 中止…21 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….580(40勝29敗)
5連勝!貯金がさらに1つ増えて11.昨年より6日早く40勝到達!

SETI@home 現在の順位 世界…67,384位(/1,111,721人)国内…2,522位(/29,300人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,154位(/262,254人)国内…213位(/3,951人)

この記事を読んで,「そういう人だっているんだから,ここは踏ん張らなきゃダメだぞ」と思ってくださった方,こちらをクリックして激励の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

星座の名前

  昨日(6日)も城里町ふれあいの里天文台で観望会.
  さすがに3日連続で「快晴!」というわけには行かず,所々に薄雲が漂っている天気だったが,20名ほどが来館.その中には3晩連続で足を運んでくださった方の姿も.
  観望対象はベガにアルビレオ,リング状星雲M13
  特にM13がなかなか好評で,
「うわ!ホントに星がいっぱいだ」
という声も.

  そんな観望会の中,こんなことを聞かれた.
「“ビルゴ”っておとめ座でしたっけ?」
「いや良く知ってますね」
聞けば,ゲーム(カードゲーム?)にこういう名前が登場するのだとか.
  せっかくなので,夜空を指し示しながら,
リラ(Lyra:こと座),アクィラ(Aquila:わし座),キグヌス(Cygnus:はくちょう座),スコルピウス(Scorpius:さそり座),サジタリウス(Sagittarius:いて座)なども紹介.
  なかなか喜んで聞いてもらえた.

  最近はこういう言葉も子供の遊びの中に登場しているのか.星座案内に取り入れてもおもしろいかも.

今年の観望会 予定…68 実施…39 中止…21 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….574(39勝29敗)
これで4連勝!貯金がさらに1つ増えて10.

SETI@home 現在の順位 世界…67,490位(/1,111,483人)国内…2,524位(/29,294人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,146位(/262,221人)国内…213位(/3,950人)

この記事を読んで,「最近はおもちゃを考える方もいろんなところからネタを引っ張ってくるからねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

ダブルヘッダー

  昨日(4日)は観望会のダブルヘッダー.

  まずは午前中から,水戸市のお隣,ひたちなか市某所で天文教室.
  夏の星座とペルセウス座流星群の案内.太陽系の姿.そして「はやぶさ」の話題.
  「はやぶさ」の話題の最後では,以前にここのブログでも紹介した,川口プロジェクトマネージャーのメッセージ,「「はやぶさ」,そうまでして君は。」を紹介.
「このメッセージぜひ紹介したいんですけど,大変危険なんですよね・・・何が危険かって,このメッセージを読み上げようとすると,私が泣いちゃうんですよ」
一生懸命感情を抑えたつもりだったのだが,
「う゛・・・やっぱりダメですね」
声をつまらせてしまった.いやホント,このメッセージ,いまだに私は涙なくして読めないんですよ.
  天文教室終了後,年配の方から,
「あなたの一途な姿に感動しちゃいました」
と言われた.あ,いや感動してほしかったのはそこじゃなくて・・・複雑.

  その後,屋外で,P.S.T.を使って太陽の観望会.昨日の太陽はなかなか元気で,彩層面中央に大きめの活動領域,リム上にはそこそこ大きなプロミネンスも.子供も,大人も,なかなか喜んで見ていた.
・・・というのはいいんだけど,私一人は最初から最後まで炎天下で立っているハメに.いや辛かった・・・

  そして夜は,城里町ふれあいの里天文台で観望会.一昨日に続き,昨日も快晴で天の川も良く見えた.満天の星空の下で会話も弾む.
「星のことを考えていると,いくら時間があっても足りないですよね」
いやホントそうなんですよ.
  来館者は少なめながら,なかなか盛り上がった観望会になった.

  観望会終了後.

  昨日の観望会の段階ですでに疲労がたまっていた.その上に撮影を敢行,夜が開けてからは午前中から天文教室&観望会,そして夜も観望会.疲れてないはずはないのに,元気いっぱい.
「疲れが限界点を越えて,わからなくなってんじゃないの?」
と言われながらも,快晴なのにおとなしく帰るわけにはいかないんですよ.

  ということでやっぱり撮影に突入(ただ,天文教室やら新聞の記事やらのネタの写真を撮らねばならず,なかなか星雲・星団の撮影に取り組めないのが現状).
  まずは全天の写真.
2010年8月4日 城里町ふれあいの里天文台にて 今日もいい空だ.この写真を撮る直前にまた明るい流星が見られたので,二晩連続で流星が写ってくれるかとちょっと期待したけれど・・・世の中そんなに甘くはないらしい.
  そして,わし座付近を一枚.
わし座付近 2010年8月4日(クリックで拡大,600 × 900 pixel,335kb)
コンポジットを前提に4コマ撮影したのだけれど,画像処理の時間がとれないので生のまんま掲載.

  この後,東の空に木星が上がってきたのが目についた.
  縞が一本になってしまっているのが気になっていたので,とりあえず天文台の望遠鏡で眺めてみることにした.
  おぉ!
  確かに縞は一本だ.そして,中央には衛星の影,その上には大赤斑も!絶好の構図じゃないか.これは写真に撮っておきたいぞ.
  ・・・あ゛・・・午前中の天文教室に使う荷物を積むために,ビデオカメラ一式は愛車から降ろしてしまったんだっけ.
  う゛ぅ,でも何とかして撮りたいぞ・・・あれ?・・・しまった!Tリング(望遠鏡に一眼レフカメラを接続するためのアダプター)も置いてきちゃったぞ.
  諦めてなるものか!デジタル一眼の手持ちコリメート撮影を敢行.
木星 2010年8月4日 一本だけの縞,衛星の影,大赤斑点,それぞれが何とかわかるから,まぁ最低限は撮れたかな.

  帰宅後は力尽きるようにあっさりと爆睡.
  朝目が覚めた時には・・・あぁぁぁ体が重い・・・これで出勤するのか!?

  そして今晩も快晴の予報.あぁ,今晩もゆっくり休めないのか.

今年の観望会 予定…67 実施…38 中止…21 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….567(38勝29敗)
ダブルヘッダーに連勝で計3連勝!貯金がさらに2つ増えて9.

SETI@home 現在の順位 世界…67,490位(/1,111,483人)国内…2,524位(/29,294人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,163位(/262,114人)国内…213位(/3,949人)

この記事を読んで,「観望会のダブルヘッダーの上に天体写真の撮影までやったら,かなり疲れるんだろうねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

ご褒美?

  昨日(3日)も城里町ふれあいの里天文台で観望会.天気は・・・快晴!
  実に久しぶりだ.
  観望対象は,まずアルビレオ.
・・・昨日は良く晴れていたので,色の違いも良く分かったのだが,来館者の反応はイマイチ.薄曇りの時の方が良い反応が多いのはなぜ?

  続いて環状星雲.これも昨日は良く見えていたので,惑星を見るような高倍率でも見てもらった.
「へぇ〜,こんなのがあるんだ」
中学生くらいの男の子が一番喜んでいたようだ.

  快晴だった割にはやや盛り上がりに欠けたという感があったものの,とりあえず観望会は無事に終了.

  まだ快晴.さてどうするか.
  暑さと連日の観望会で疲れている上に,翌日(つまり今日のことだ)は午前中から某所で天文教室の予定がある.
「早く帰って寝たいんだけど」
と思っていたが,せめて天文教室と「いばらき星空散歩」のネタにする写真だけでも撮っておこうと,一人天文台に残って撮影をすることにした.

「とりあえずは,撮れるうちに(なかなか撮れる機会がない)南斗六星を撮っておかなきゃ」
しかし,天体写真の撮影もすっかり久しぶりになってしまっているので,トラブル連発.何度もやり直しをした後,
「よし,今度こそ!」
コンポジット用に4コマ撮るつもりだったのだが,3コマめの露光中に,
「おぉ!」
ペルセウス座流星群のものと見られる明るい流星が流れた.しかもカメラの向いている方向に.
そして,↓.
夏の天の川と流星 2010年8月3日 おぉ!ばっちり写ってくれた.↓流星の部分を拡大.
明るい流星 2010年8月3日 もう10年も天体写真を撮っているけれど,明るい流星がこれほどばっちり写ったのは初めてだ(先端が輝いているのは,最後にバーストしたのか?).うーん,ラッキーだ.休みたい気持ちを抑え,気力を振り絞って撮影に臨んだことに対する,文字通りの「天からのご褒美」か?
  まだ良く晴れていたので,今度は全天の写真.
2010年8月3日 城里町ふれあいの里天文台にて 天の川もばっちりだ.天の川がこれほどはっきり見えたのはいつ以来だろう?

  実はここまでは,昨年購入した天文用改造デジタル一眼を使っての撮影だった.とりあえずこれだけ撮れたので,今度は6月の部分月食に合わせて中古で購入した新しいデジタル一眼で撮ってみようと準備をしていたのだが・・・あれ?
  いつの間にか雲がいっぱい.悔しいのでしばらく様子をみていると,再び快晴に.
「よし,これで撮れるぞ」
と思ったのだが,またしても撮影準備中に雲が広がってしまった.
  ・・・というパターンを2度繰り返したところで
「えーい,もうヤメだ!」
撮影を断念.結局,新しいカメラではまだ一度も天体を撮ってない(ロケットの写真ばっかり!).

  このカメラ,呪われてるんじゃないのか?

今年の観望会 予定…65 実施…36 中止…21 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….554(36勝29敗)
連敗にはならず.貯金が1つ増えて7.

SETI@home 現在の順位 世界…67,490位(/1,111,483人)国内…2,524位(/29,294人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,148位(/262,085人)国内…213位(/3,948人)

この記事を読んで,「ここで運を使い果たしてしまったから,ペルセウス座流星群の極大日当日は空振りだね」と思った方,こちらをクリックして同情(?)と応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

ソー・エイブル

  ペーパークラフトロケットシリーズ,今回は
1/100スケールペーパークラフトによる ソー・エイブル 月探査を目指した探査機「パイオニア1号」を打ち上げたロケット,ソー・エイブル.型紙は “Niels papermodels” から.
  このロケットは,中距離弾道ミサイル「ソー(Thor)」を第一段に用い,ヴァンガード・ロケットから派生した「エイブル」ロケットを第二段に用いたロケットである.なお,必要に応じて固体燃料の「アルタイル」ロケットを第三段に用いることもできた.
  アメリカの月惑星探査計画「パイオニア計画」の探査機打ち上げは1958年に始まった.8月17日には初めての探査機「パイオニア0号」がこのモデルと同じソー・エイブルロケットによって打ち上げられたが,打ち上げから77秒後に1段目が爆発,失敗に終わってしまった.10月11日には,やはりソー・エイブルロケットによって「パイオニア1号」が打ち上げられたが,プログラム・エラーにより上段の燃焼終了の速度及び角度にズレが生じ,月への軌道投入には失敗,遠地点11万3800kmの弾道飛行にとどまり,打ち上げから43時間後に南太平洋上空で大気圏に突入,通信が途絶した.しかし,これがNASA設立以来初めて宇宙に到達した探査機となった.

  構造は比較的単純なロケットだけれども,所々で苦戦.

・エンジンまわり.
  エンジンノズルは,紙を円錐状に丸め,その上に「タコ糸をほぐし,塗料と木工用ボンドを混ぜて灰色にしたもので固めて巻きつけろ」とある.どうしようかと思ったが,普通の糸を極太の灰色のペンで着色して巻きつけた.ステアリング用のジンバル機構は細かくて苦戦.まぁこのくらいの細かさはもう何度も経験はしていることだけど.
・先端
  先端部分を丸く整形するのに苦戦.2つ作り,片方の先端を利用して紙粘土で型を作り,その型を使ってもう一つの方で仕上げ.手間はかかったが,この方法は有効で,なかなかいい感じに仕上がった.

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ.→Thor-Able I (Pioneer 1)

  そしていつものようにこれまでに作ったロケットたちと並べて記念撮影.
1/100スケールペーパークラフトによるロケットたち 2010年6月20日 前列左から,A-4RTV-A-2 “Hiroc”バンパー Wacヴァイキング 7ヘルメス RV-A-10ヴァイキング 10ジュピター-Cヴァンガード TV-0ヴァンガード TV-1ヴァンガード TV-2ヴァンガード TV-3ジュノ ヴァンガード TV-4
2列目左から,L-4S-5Μ-4S-2Μ-3C-1Μ-3H-1Μ-3S-1Μ-3SⅡ-1Μ-Ⅴ,ソー・エイブル,マーキュリー リトル・ジョーマーキュリー・レッドストーンマーキュリー・アトラス
3列目左から,ブルー・ストリークスタールト-1R-7 スプートニクR-7 スプートニク 2ソユーズ-U + TMA-1ツィクロン-3コスモス 3M (Interkosmos-11)ジェミニ・タイタンアポロ リトル・ジョー
最後列左から,アリアン 1アリアン 2H-ⅡA 202型プロトン-K (ズヴェズダ打ち上げ時)エネルギア-ブランスペースシャトル アトランティス (STS-51J)サターン SA-6

  ソー・エイブルがどこにあるかを探すのが大変.

  そして次は・・・また最大級の大物が登場!

ロケットのペーパークラフトは是非↓こちらもご覧ください
PASA : Papercraft Aeronautics and Space Administration

今年の観望会 予定…64 実施…35 中止…21 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….547(35勝29敗)
昨日(2日)は曇り空のため城里町ふれあいの里天文台は閉館.連勝は2でストップ.貯金が1つ減って6.

SETI@home 現在の順位 世界…67,490位(/1,111,483人)国内…2,524位(/29,294人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,153位(/262,026人)国内…213位(/3,948人)

この記事を読んで,「あの『パイオニア計画』も,船出は順調じゃなかったんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

また薄曇り

  昨日(1日)も城里町ふれあいの里天文台で観望会.天気は・・・あぁ,またしても薄曇りだ・・・
  1等星がいくつかしか見えないような空模様ではあったが,とりあえず開館.
  観望対象は・・・ アルビレオとベガ.まぁ「サファイアとトパーズ,それにダイヤモンド」ということで.
  昨日の空模様ではさすがに「見た目」ではあまり満足していただけなかったようだが,肉眼で星を眺めながらの,
「デネブは(夏の大三角の)他の星よりもずっと遠くにあって云々」
の話はなかなか好評.
「この天気なので(天文台に来るのを)やめようかと思ったんだけど,やっぱり来て良かったです」
とか.いやそう言って頂けると凄く嬉しいです.

  ところで・・

  中国ではこのところUFOの目撃が多発.専門家によると,西暦年の末尾が1,2,7の年にUFOの目撃事例が多く,「2011年か12年にはUFOに関する重大な事件が発生する可能性がある」とか.
  って言われてもねぇ,宇宙人が「西暦」を気にして地球にやってくるとはどうしても思えないんだけど.

今年の観望会 予定…63 実施…35 中止…20 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….556(35勝28敗)
連勝.貯金がさらに1つ増えて7.

SETI@home 現在の順位 世界…67,519位(/1,111,117人)国内…2,526位(/29,289人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,170位(/261,965人)国内…214位(/3,948人)

この記事を読んで,「たしかに,宇宙人がやってくるのが“西暦”に関係しているというのはやっぱり変だ」と思った方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

薄曇りながら

  昨日(31日)も城里町ふれあいの里天文台で観望会.いつも,天文台を開館するかどうかは,20:00の空模様を見て決定するのだが,その時刻の天気は・・・とりあえず晴れ.いつ曇ってもおかしくない状況だけれど,いつ曇るのかはまったくわからない・・・ということで開館を決定.
  天気がそんな状況だったので来館者は少ないかと思ったが,30人程度の方が来館.
  お世辞にも「星が良く見えている」とは言えない空,金星も火星も土星も西の空に沈み,木星も月も東の低空(ふれあいの里天文台は東側に林があるために,東の低空にある天体は見ることができない)なので,望遠鏡で見られる対象は1等星とアルビレオくらいが精一杯.
「ベガがダイヤモンド,アルビレオはサファイアとトパーズに例えられますから,今日はゴージャスですね」
とこういう状況の観望会ではお決まりのお話をした後,夏の大三角の距離のお話をしてみた.
「ベガまでの距離が約25光年,アルタイルは17光年ですが,デネブの方は1800光年もあるんですね.ですから,この夏の大三角,実はデネブの方向にずっとずっと奥行きのある細長い三角形なんですよ」
(っていう話は,今日の茨城新聞日曜版「Taste」の「いばらき星空散歩」にも書いた)
「(デネブが)そんなに遠くにあるのに,あんなに明るく見えるってことは,本当は相当明るい星なんでしょう?」
と言われた.
「いやぁ,いいことおっしゃいますね.実はその通りで,デネブという星は“白色超巨星”,つまり“白い色のとてつもなく大きな星”なんですね.そして,実際にはおっしゃる通りとてつもなく明るい星なんです」
  つい先ほど調べてみたのだが,デネブ以外の1等星の絶対光度を全部足しても,デネブの絶対光度の半分にしかならず,仮にシリウスと同じ距離(8.6光年)に持ってくると,その明るさは満月を凌ぐのだとか.

  ・・・とまぁ,薄曇りであまり星が良く見えない状況ながら,来館者には結構楽しんでいただけたらしい.天気の状況が状況だったので開館するか迷ったけれど,これならば開館して正解だったかもしれない.

  でも・・・

  開館か閉館か迷わない天気になってくれないものなのかねぇ.

今年の観望会 予定…62 実施…34 中止…20 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….548(34勝28敗)
↑ということで,連敗は2で止まり,貯金が1つ増えて6.

SETI@home 現在の順位 世界…67,476位(/1,110,796人)国内…2,526位(/29,286人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,195位(/261,901人)国内…214位(/3,948人)

この記事を読んで,「何事でも,“どっちつかずの状況”っていうのはやりにくいよねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »