« 小惑星 1999 RQ36 | トップページ | ペルセウス座流星群 »

2010年8月12日 (木)

HTV-R

  ロケットの打ち上げ能力としてはH-ⅡAやH-ⅡBで充分,軌道上の航法技術はHTVで実証済.
「これで大気圏再突入の技術が確率できれば,日本だって有人宇宙飛行を実現できるはずだぞ」
と思っていたところで,「はやぶさ」カプセルが見事無事帰還.しかも,地球周回軌道からの大気圏再突入よりずっと速い速度で.

  これで必要な技術が一通り揃ったはず

  と思っていたら・・・

  JAXAは,HTVを改良,宇宙から物資を持ち帰ることのできる「HTV-R」の開発状況を文部科学省宇宙開発委員会で報告した.HTVに地球への帰還カプセルを搭載するか,HTVの与圧部分を帰還カプセルに改造するというもので,将来,有人宇宙船に転用することも視野に入れてのことだとか.

  うーん,いよいよか.

  我が日本も,遂に有人宇宙飛行を達成した国への仲間入りも近い・・・と期待は膨らむのだが,一方では,財政が厳しく,「現状ではHTV-Rの打ち上げは,10年で1基が精一杯」との声もあるのだとか.

  夢を実現するための現実が厳しいのはどこも一緒か・・・

今年の観望会 予定…74 実施…42 中止…24 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….568(42勝32敗)
昨日(11日)も曇天のため城里町ふれあいの里天文台は閉館.連敗となり,貯金がさらに1つ減って10.

SETI@home 現在の順位 世界…67,270位(/1,113,301人)国内…2,517位(/29,331人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,111位(/262,551人)国内…209位(/3,952人)

この記事を読んで,「現実では,何をやるにも“先立つもの”は必要だからねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 小惑星 1999 RQ36 | トップページ | ペルセウス座流星群 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HTV-R:

« 小惑星 1999 RQ36 | トップページ | ペルセウス座流星群 »