« 大きな星 | トップページ | これまたでっかい »

2010年7月24日 (土)

アトランティス(STS-51J)

  ペーパークラフトロケットシリーズ,今回は
1/100 スケールペーパークラフトによる スペースシャトル アトランティス(STS-51J) スペースシャトル4機目のオービター,アトランティス.モデルはその最初の飛行,STS-51Jミッションの時のもので,型紙は “AXM Paper Space Scale Models” から.
  このミッションはアメリカ国防総省扱いの機密ミッションで,1985年10月3日15時15分(UTC,日本時間4日0時15分),予定より22分ほど遅れて打ち上げられた.軌道上を64周する間に,防衛通信システム衛星2機の放出に成功,10月7日17時00分(UTC,日本時間8日2時00分にエドワーズ空軍基地に無事着陸した.

  スペースシャトルの製作はこれでもう4回目となるが,実は失敗を連発.機首部分の曲面をうまく曲げられずにシワになってしまったり,クルー・キャビン(機首の窓がついているあたり)の取り付けが曲がってしまったり・・・序盤で結構失敗してしまったので,作り直そうかとも思ったのだが,作り直すならば別なミッションのモデルを作った方が良いだろうということで,これまでにどうしてもうまく行かなかった部分で,「こうしたらうまく行くのではないか」と思いつつも失敗が怖くて試せなかった方法を試す「技術実証試験機」として作ることにした.
  その中の一つが翼の付け根部分.どうしても翼と本体の間に隙間ができてカッコ悪かった.ブランを作った時の経験から,型紙の通りではどうしてもうまく行かないとも思っていた.そこで,今回は,翼のパーツを2枚プリント,付け根部分のみをしっかり作ってから翼全体をかぶせるようなやり方を試してみた.その成果が↓
ペーパークラフトによるスペースシャトル 翼の付け根部分 左が最初に作ったディスカバリー (STS-128),右が今回のアトランティス(STS-51J).本体との隙間がほぼなくなったのと,翼面の波打ちはだいぶ改善されたと思う.

  そんなわけで,全体としてはなかなか良く仕上がった.それだけに序盤の失敗が残念!やっぱりシャトルは難しいねぇ.なかなか「これなら満足!」という仕上がりにならない.

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ.→Space Shuttle Atlantis (STS-51J)

  いつものようにこれまでに作ったロケットたちと並べて記念撮影・・・と思ったけれど,実はもう全部並べられる場所がなかった・・・ということで,これまでに作ったシャトルを並べて記念撮影.
1/100スケールペーパークラフトによるスペースシャトルたち 2010年6月16日 前列左がコロンビア (STS-1),前列右はチャレンジャー(STS-6),後列左がアトランティス(STS-51J),後列右がディスカバリー (STS-128)
  これでとりあえず残るはエンデバーのみ!次こそはもう少し満足の行くデキに仕上げたいぞ.

ロケットのペーパークラフトは是非↓こちらもご覧ください
PASA : Papercraft Aeronautics and Space Administration

今年の観望会 予定…54 実施…31 中止…15 延期…2 屋内(外)で天文教室…6 勝率….574(31勝23敗)
昨日(23日)は曇りのため城里町ふれあいの里天文台は閉館.連勝は3でストップ,貯金が1つ減って8.

SETI@home 現在の順位 世界…67,857位(/1,108,774人)国内…2,534位(/29,251人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,275位(/261,576人)国内…217位(/3,944人)

この記事を読んで,「複雑な曲面の多いスペースシャトルはやっぱり作るの難しいんだろうねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 大きな星 | トップページ | これまたでっかい »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

「観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11449/35876813

この記事へのトラックバック一覧です: アトランティス(STS-51J):

« 大きな星 | トップページ | これまたでっかい »