« 「はやぶさ」帰還確実 | トップページ | またほとんど変わらず »

2010年6月 8日 (火)

ジュノ I

  ペーパークラフトロケットシリーズ,今回は
1/100スケールペーパークラフトによる ジュノ Ⅰ アメリカ初の人工衛星「エクスプローラー1号」を打ち上げたロケット.型紙は “vadasz paperrockets” (http://vad1939.freeweb.hu/)から(このサイトはクラッキングによる改竄のため,悪意のあるコードが埋め込まれているのでリンクなし.ダウンロードの際は充分な注意が必要).
  1955年,アメリカは1957年,1958年の「国際地球観測年」に合わせ,人工衛星を打ち上げると発表した.この時,陸海空軍それぞれから衛星打ち上げ用ロケットの提案がなされたが,海軍案が採用され,世界初の人工衛星打ち上げを目指して「ヴァンガード・ロケット」の開発が始まった.
  ところが,未だ試験段階であった TV-2 の打ち上げ準備中に,ソ連がスプートニク1号の打ち上げに成功,これが「スプートニク・ショック」と呼ばれる強烈な衝撃となった.
  これを受けて,急遽これもまだ試験段階であった TV-3 に人工衛星を搭載して打ち上げを試みるが,これはアメリカの宇宙開発始まって以来の大失敗に終わってしまった.
  ここに至り,陸軍弾道ミサイル局によって独自に開発され,この時点までに3回の打ち上げに成功していたジュピター-C 観測ロケットを改良し,これに人工衛星を搭載して打ち上げられることとなった.
  ジュピター-Cに衛星打ち上げ能力を付加したジュノ ロケットはわずか84日で組み立てられ,人工衛星「エクスプローラー1号」を搭載して1958年2月1日に打ち上げられた.
  打ち上げは見事成功,搭載されていた「エクスプローラー1号」は無事に地球を周回する長楕円軌道に投入された.この「エクスプローラー1号」は全長約60cm,重量約14kgという小さなものであったが,この衛星が観測した宇宙線のデータは,後に打ち上げられた「エクスプローラー3号」の観測データと合わせて,ヴァン・アレン帯の発見につながった.
  これでようやくアメリカも人工衛星の打ち上げには成功したものの,この時までにソ連は重量508.3kgの「スプートニク2号」に「ライカ」という犬を乗せて打ち上げに成功,打ち上げロケットの性能差はいまだ歴然としていた.

  模型としては,ジュピター-C との違いは上部の構造とテクスチャだけ.型紙もほとんど同じだ.
  ・・・ということは,1/48の型紙を48%に縮小して印刷,ジュピター-C を作った時と同じように恐ろしく細かい作業をしなくてはならないわけで,
1/100スケールペーパークラフトによる ジュピター-C と ジュノ Ⅰ のエンジン付近 ↑こんなことをやる羽目に.ただ,2回目ともなれば少なくとも心の準備はできているもので,ジュピター-C を作った時よりは苦労しなかった.下部さえできてしまえばあとは難しくないので,やや大変だったところと言えば先端に取り付けられている「エクスプローラー1号」くらいのもの.これは直径約2mmの筒を作らなければならないが,いい加減細い筒を作るくらいの作業にはすっかり慣れてしまっているのでそれほど苦戦せずに済んだ.

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ.→Juno Ⅰ

  いつものように,これまでに作ったロケットたちと並べて記念撮影.
1/100スケールペーパークラフトによるロケットたち 2010年4月18日 前列左から,A-4RTV-A-2 “Hiroc”バンパー Wacヴァイキング 7ヘルメス RV-A-10ヴァイキング 10ジュピター-Cヴァンガード TV-0ヴァンガード TV-1ヴァンガード TV-2ヴァンガード TV-3,ジュノ
2列目左から,ソユーズ-U + TMA-1コスモス 3M (Interkosmos-11)スタールト-1L-4S-5Μ-4S-2Μ-3C-1Μ-3H-1Μ-3S-1Μ-3SⅡ-1Μ-Ⅴアリアン ブルー・ストリーク
3列目左から,R-7 スプートニクツィクロン-3マーキュリー リトル・ジョーマーキュリー・レッドストーンマーキュリー・アトラスジェミニ・タイタンアポロ リトル・ジョー
最後列左から,H-ⅡA 202型プロトン-K (ズヴェズダ打ち上げ時)スペースシャトル コロンビア (STS-1)スペースシャトル チャレンジャー(STS-6)スペースシャトル ディスカバリー (STS-128)サターン I SA-6

  「またあの作業をしなきゃならんのか,こりゃ大変だぞ」と覚悟して製作にとりかかったが意外にあっけなく突破.ついでに汎用性の高い新しい手法も習得できた.そして次回は,これまでで最大の大物が登場!

ロケットのペーパークラフトは是非↓こちらもご覧ください
PASA : Papercraft Aeronautics and Space Administration

SETI@home 現在の順位 世界…69,054位(/1,100,604人)国内…2,546位(/29,050人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,596位(/259,232人)国内…223位(/3,909人)

この記事を読んで,「こういう細かい作業をするのって,結構大変なんだろうねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 「はやぶさ」帰還確実 | トップページ | またほとんど変わらず »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11449/35140485

この記事へのトラックバック一覧です: ジュノ I:

« 「はやぶさ」帰還確実 | トップページ | またほとんど変わらず »