« 事実は小説より奇なり | トップページ | 凧? »

2010年6月15日 (火)

「はやぶさ2」へ

  何事でも同じだ,と思う.
  新しい手法や技術を手に入れた時,それはトンネルを抜け出た時に似ている.それまでは想像するしかなかった世界が,目の前に現実のものとして広がっているのだ.そして,その世界へ踏み込む道もたくさんある.
  天体写真の撮影を初めてから10年,何度となく経験してきた.新しい手法を試し,それに成功した時,
「これからはあれもできる,これもできる」
その先に見える可能性がとても嬉しいものだ.
  そして,その新しい手法を使って,それまでには無理だと思っていたことに挑戦し,見事成功する.やっぱり嬉しいが,初めて成功した時ほどではない.でも,明らかに質は上である.

  「はやぶさ」は無事に帰還,日本中が感動した.イオンエンジン,自律航法システム等々,新たな技術の有効性を立証したのだ.そして,それがいかに難しいことであったとしても,「月以外の天体に行って戻ってくる」ことが可能であることをも実証した.
  これで新しい手法が手に入ったわけだ.
  「はやぶさ」の偉業は素晴らしい.しかし,ここで終わりにしてしまい,せっかく手に入れた手法を使わないのでは,偉業の価値が半減してしまう.
  「はやぶさ2」は実現するのだろうか.現時点では予算がほとんどない.「はやぶさ」の成功を受け,予算が見直されるかもしれないらしいが,「2番煎じで良いのか?」という意見もあるらしい.
  冒頭に書いた天体写真の例と同じだ.2番目になると,最初よりずっとインパクトが下がる.もし,「はやぶさ2」が実現,別な小惑星(いやもういちど「イトカワ」だって良いと私は思っているのだが)なり,小惑星でなく惑星なりへのサンプルリターンを,今度はトラブルなく完璧に達成したとしても,インパクトは今回よりもずっと小さいだろう.しかし,それをやらなければ,新しい手法を手に入れた意味が全くなくなってしまう.

  「はやぶさ」は“技術実証試験機”.数年ののち,今度は“探査機”「はやぶさ2」が,その「探査の成果」で(おそらくそれは今回よりもずっと地味だろうが)我々を興奮させてくれることを期待したい.

SETI@home 現在の順位 世界…68,756位(/1,101,713人)国内…2,540位(/29,075人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,560位(/259,669人)国内…223位(/3,913人)

「“はやぶさ2”はぜひとも実現してほしい」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 事実は小説より奇なり | トップページ | 凧? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「はやぶさ」の帰還を心から祝福する。しかし、
宇宙開発の予算を大幅に削った腐敗・民主党には、夢も希望も持てない。
子ども手当などの税金のバラマキの1%でも充てれば十分の科学技術予算が得られる。

投稿: 左巻き菅 | 2010年6月15日 (火) 16時01分

蓮舫大臣が急に今までの発言(こんな意義の少ないプロジェクトに150億円も投資し、
能力の無いJAXA職員に高給を払い続ける意味は本当にあるのでしょうか?
具体的にお答え下さい)

を翻すような事をいったらしいですが。


【社会】 蓮舫大臣 「秘書が痴漢?痴漢とは聞いてない。公表するつもりない」と
否定していた…マスコミの質問書にもノーコメント
ttp://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200615016.html

足下に火がつくと、後ろめたさから場当たり的に調子の良いことを言うものです。

信用できないです。こんな人は。

投稿: ガガーリン | 2010年6月16日 (水) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「はやぶさ2」へ:

« 事実は小説より奇なり | トップページ | 凧? »