« またまた歯車 | トップページ | どうしてこうなる!? »

2010年5月 9日 (日)

大人が興味津々

  昨日(8日),午前中は快晴だった.しかし,午後からだんだんと雲が広がっていった.
  昨日の夕方には城里町主催の「ウィークエンドスクール」と城里町ふれあいの里天文台の一般観望会という,またしても「観望会ダブルヘッダー」の予定だったのだが・・・
  夕方は「ほぼ曇り」.どうしてこうなるかねぇ.「ウィークエンドスクール」は曇天時中止の予定だったのだが,曇りになったのが直前で,その頃には参加者が集まりつつあったので中止にはできず,とりあえず屋内での天文教室で開始ということになった.しかし,もともとは天文教室をやる予定はなかったので・・・ネタを用意してないぞ.
  慌てて手持ちの材料を組み合わせて天文教室開始.おおぐま座こぐま座の神話を話し,その後に土星の写真とビデオを見てもらった.
  そうこうしているうちに何とか金星が見え,天文同好会のメンバーが望遠鏡に導入してくれたので金星を見る.

  なんとか土星も・・・

  と思ったが,雲が意外に厚かったので,同好会のメンバーに屋外で待機してもらい,「もし土星が見えたらまた屋外で」ということにして,屋内にもどり,天文教室を再開.
  実はこの「ウィークエンドスクール」の直前には天文同好会の例会があったので,そこで披露しようと持ってきていたスペースシャトルのペーパークラフトをここでも披露.↓こんな状態.
1/100スケールペーパークラフトによるスペースシャトルたち 2010年3月22日 (左から,コロンビア(STS-1)チャレンジャー(STS-6),そしてディスカバリー(STS-128)
「ひとくちにスペースシャトルと言っても,実はいろいろ違いがあるんですよ」
これを見て最初はみんな興味津々.そのうち小学生たちは飽きてしまったようだが,大人はずっと興味深々.この後恒例の「質問コーナー」となったのだが,質問を浴びせてきたのはほとんどが大人,しかも
「1機作るのにどれくらい時間がかかるんですか」
「シャトルが帰還する時の動力ってどうなっているんですか」
「人工衛星ってたくさんありますが,それぞれに距離を保っているんですか」
などなど.ペーパークラフトと宇宙開発の話題ばっかり.ま,昨日は成り行き上思いっきり準備不足だったから,盛り上がらないよりはずっとマシか.

  こうしてなんとか盛り上がっているうちに土星が見えるようになったので,先に閉会行事をした後,土星を見てもらって解散.最低限のことはなんとかできたというところか.

  この後,雲がさらに厚くなったので天文台は閉館.

  シャトルのペーパークラフトに興味を持ってくださったお父さんたち,是非お子さんのために製作に挑戦してみてくださいね.その結果,ハマってしまっても責任はとりませんが.

今年の観望会 予定…33 実施…22 中止…9 延期…1 屋内(外)で天文教室…1 勝率….667(22勝11敗)
昨日の「観望会ダブルヘッダー」は1勝1敗.貯金は変わらず11.

SETI@home 現在の順位 世界…69,917位(/1,093,318人)国内…2,577位(/28,902人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,754位(/257,353人)国内…221位(/3,874人)

この記事を読んで,「シャトルのペーパークラフトに興味はあるけれど,作るのは結構大変そう」と思った方,こちらをクリックして羨望(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« またまた歯車 | トップページ | どうしてこうなる!? »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人が興味津々:

« またまた歯車 | トップページ | どうしてこうなる!? »