« 月の歯車 | トップページ | 祝!山崎さん宇宙へ! »

2010年4月 5日 (月)

R-7 スプートニク

  ペーパークラフトロケットシリーズ,今回は
1/100スケールペーパークラフトによる R-7 スプートニク 世界初の人工衛星を打ち上げたロケット,“R-7 スプートニク”.型紙は “Classic Paper Space Models” から.
  第二次世界大戦後,ソ連もアメリカと同様,ドイツからV-2ロケットを持ち帰り,そのコピーである“R-1”を出発点として弾道ミサイルの開発を進めていた.そして1957年3月には世界初の大陸間弾道ミサイル“R-7”が完成,同年5月15日に最初のテストが行われた.当時,ソ連国内で生産される鉄は品質が悪く,大きな推力を得るために燃料の燃焼室を大きくすると,外壁が燃料の爆発に耐えられない可能性があった.そのため,4つの燃焼室を束ねてメイン・ロケットに使い,その周囲にほぼ同様お構造を持つブースターを配置することで必要な推力を得る設計となっている.そのために,ロケット下部には,バーニヤスラスターも含めると大小32基ものスラスター・ノズルが見える独特の印象を持つロケットとなっている.
  1957年10月4日,このロケットによって世界初の人工衛星「スプートニク1号」が打ち上げられた.温度計,気圧計,送信機,電池のみを搭載,直径58cmの球体にアンテナの付いた,重量83kgの小さな人工衛星だったが,92日間で地球を1,400周,大気圏に突入して燃え尽きた.
  この頃,アメリカも世界初の人工衛星打ち上げを目指していたが,ソ連に先を越されてしまった形となった.当時は東西冷戦の最中,弾道ミサイルやロケットの技術をはじめとする科学技術ではソ連よりはるかに先を行っているはずだったアメリカの自信は大きく覆された.この事実は,アメリカ国内でニューヨーク株式が暴落するほどの強烈な衝撃となり,「スプートニク・ショック」と呼ばれた.
  アメリカは,ソ連の脅威に対抗し,威信を回復するために,軍事,科学,教育等を大きく再編,翌1958年にはNASAを設立,さらに1959年にはマーキュリー計画を開始した.
  こうして米ソ両国は熾烈な宇宙開発競争に突入して行ったのである.

  何と言っても世界で初めて人工衛星を打ち上げたロケット.「教材」としては必須だし,私自身もかなり興味をもって製作にかかったのだが,想像以上に大変だった.
  いつも,切り口が目立たないように,印刷と似た色で着色しているのだが,ロケットというのは結構白い塗装がされているものが多いので着色しなければならない場所はそう多いわけではない.しかし,このロケットはそもそも大陸間弾道ミサイル,色もまんまミサイルという感じのダークグリーン一色なので部品ほぼ全てで切り口に着色する作業が必要.しかも,コアステージはともかく,周囲にある4本のブースターは基本的に同じ構造なので4回同じ作業,途中で飽きてきてしまったり.完成した感じは悪くないのだが,できれば同じ苦労はもうしたくない・・・なんて思っていたところ,この型紙を利用した“R-7 系列”の別なロケットの型紙をいくつか発見してしまった.あぁ,またあの苦労をすることになるのか・・・

  とりあえず,スラスターがいっぱい♪ なロケット下部のクローズアップ写真を一枚.
1/100スケールペーパークラフトによる R-7 スプートニク 下部 この辺,かなり苦労した部分だけど,我ながら良くできたかなと.

  そして,“R-7 系列”の現用ロケットであるソユーズロケットと並べてツーショット.
1/100スケールペーパークラフトによる R-7 スプートニク と ソユーズロケット こうして並べてみると,なるほど下部はおんなじだ.1957年から基本的に同じ設計のロケットを使いつづけているなんて驚きだ.

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ.→R-7 Sputnik

  そしていつものようにこれまでに作ったロケットたちと並べて記念撮影.
1/100スケールペーパークラフトによるロケットたち 2010年2月25日前列左から,A-4RTV-A-2 “Hiroc”バンパー Wacヴァイキング 7ヘルメス RV-A-10ヴァイキング 10ヴァンガード TV-0
2列目左から,L-4S-5Μ-4S-2Μ-3C-1Μ-3H-1Μ-3S-1Μ-3SⅡ-1Μ-Ⅴマーキュリー リトル・ジョーマーキュリー・レッドストーンマーキュリー・アトラス
3列目左から,ブルー・ストリークコスモス 3M (Interkosmos-11)ツィクロン-3,R-7 スプートニク,ジェミニ・タイタン
最後列左から,アリアン H-ⅡA 202型ソユーズ-U + TMA-1プロトン-K (ズヴェズダ打ち上げ時)スペースシャトル コロンビア (STS-1)スペースシャトル ディスカバリー (STS-128)
  やっぱりまんま“ミサイル”なスプートニクがかなり浮いている・・・

ロケットのペーパークラフトは是非↓こちらもご覧ください
PASA : Papercraft Aeronautics and Space Administration

SETI@home 現在の順位 世界…70,532位(/1,081,852人)国内…2,605位(/28,690人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,918位(/254,484人)国内…222位(/3,753人)

この記事を読んで,「世界初の人工衛星を打ち上げたロケットと同じ設計のものが現在でも使いつづけられているなんてやっぱり驚き」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 月の歯車 | トップページ | 祝!山崎さん宇宙へ! »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11449/34092465

この記事へのトラックバック一覧です: R-7 スプートニク:

« 月の歯車 | トップページ | 祝!山崎さん宇宙へ! »