« アポロ リトル・ジョーII | トップページ | 祝!ディスカバリー無事帰還! »

2010年4月20日 (火)

宇宙が始まる前?

  以下,かなり無駄な考察である.多分に間違いを含んでいるだろうとも思うので,特にヒマを持て余しているという方以外は読み飛ばすか読まないことをおすすめする(「っつったって,いつもの記事だってくだらないじゃないか」という正しいツッコミは却下).

  昨日(19日)某所で行った天文教室の折,こんな質問を受けた.
「ビッグバンが起こる前はどうなっていたんですか?」

  まぁ良く受ける質問ではある.私の答えは
「ない」
である.ビッグバンが起こる前には何もなかったというのではなく,「ビッグバンが起こる前」がないということだ.
  相対性理論では,時間と空間を分けて考えず,「時空」という概念を用いる.普段の生活ではまず意識することはないだろうが,時間と空間とは本質的に同じであり,言ってみれば,縦,横,高さにもう一つ時間という軸を加えたのが我々の住む世界だということだ.
  我々が認識できる空間とはつまり宇宙のことである.なんぼ宇宙が有限だといっても,その「宇宙の外」を考えることに意味はない.「宇宙の外」を考えるということは,空間>宇宙ということになるが,我々にとって空間=宇宙だから,宇宙の外というのは我々には認識できない.認識できないものをいくら考えてみても意味がないというわけだ.
  その空間(=宇宙)が始まったのがビッグバンだ.時間と空間が本質的に同じものであるということは,空間のないところに時間もない.つまり,ビッグバンの時に時間も始まったわけで,その前というのはありえない.

  といつも答えているのだが,

  まてよ・・・

  相対性理論では時間の進み方も一様ではなく,運動の状態によって変化する.ということは,宇宙のいろいろの点で,それぞれに時間軸を遡った場合,その「0(ゼロ)点」は一致しないんじゃないのか?それより,宇宙には中心だとか端だとかいう空間的な特異点は存在しないのだから,本質的に違わない時間だって,その始まった瞬間「時間の絶対的な0点」なんていうものは存在しないことにならないか?だとすれば,ビッグバンが始まる前なんてことを考えることに意味がないんじゃないか?

  こういう考察が正しいのかどうかはなはだ自信はないが,「ビッグバンの前」が「ない」というのは間違っていない気がする.

  とは言え,頭でどう考えてみても,感覚的に「その前なんてない」ということは納得し難い.それでは騙されたような気がして,やっぱり「その前」がどうなっていたのか気になるのが人情というものだ.

  そこで,切り札の登場である.
「宇宙が始まる前,そこには やる気 があった」
少年時代に読んだ「ニャロメの面白宇宙論」の前書き(後書きだったかも)で赤塚不二夫さんが導き出していた答え(?)である.
  私はこの答えが大好きだ.どう考えてみても,宇宙の始まる前なんてやっぱり考える意味はなさそうだし,どうせそれを確かめる術もないんだから,この宇宙が“やる気”で始まったことにしたっていいじゃないか.「“やる気”は宇宙だって作っちゃうんだ」と考えたら元気だって出てくるというものだ.

  しかしねぇ,こういう天気が続いていたんじゃ,そのやる気だって湧いてこないぞ・・・

SETI@home 現在の順位 世界…70,088位(/1,086,709人)国内…2,583位(/28,782人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,858位(/255,440人)国内…221位(/3,770人)

この記事を読んで,「赤塚不二雄さんの答えで納得!」と思った方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« アポロ リトル・ジョーII | トップページ | 祝!ディスカバリー無事帰還! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙が始まる前?:

« アポロ リトル・ジョーII | トップページ | 祝!ディスカバリー無事帰還! »