« もう一息! | トップページ | ブルー・ムーン? »

2010年3月29日 (月)

ヴァンガード TV-0

  ペーパークラフトロケットシリーズ,今回は
1/100スケールペーパークラフトによる ヴァンガード TV-0 ヴァンガード TV-0.ヴァンガードロケット開発計画の最初に用いられたテスト・ロケットである.型紙は “Niels papermodels” から.
  1957年と1958年は「国際地球観測年」であった.1955年,アメリカは,これに合わせて科学衛星を打ち上げると発表した.この時点では,アメリカ初の人工衛星打ち上げロケットとして,空軍からはアトラス,陸軍弾道ミサイル局からはレッドストーンの派生型を元にしたロケットが提案されていたが,海軍研究所から提案されたのがヴァイキングロケットを元にした3段式ロケットであった.このロケットは「ヴァンガード」と名づけられ,開発が始まることになったのだが,その初期段階,まだ使われていなかったヴァンガード タイプ 9 を用いて種々の実験が行われた.
  モデルは1956年12月8日に打ち上げられたヴァンガード TV-0.“TV” は “Test Vehicle” の略で,ヴァイキングロケット13号機が使われた.主な目的は大気圏再突入の実験であり,“Minitrack” と呼ばれる送信機が高度80kmで放出され,その追跡が行われた.その他の目的として,テレメトリー・システム,慣性飛行姿勢制御システムの評価などがあった.

  今回苦労したのは細長いノーズコーン.この細長い円錐を綺麗に作るのは大変だった.あとは,先端近くについている,“Re-entry Probe” (これが “Minitrack” なのか?)の取り付け.まぁでもそれほど苦戦することなくほぼ1日で完成させることができた.

  とりあえず,ヴァイキングロケットたちと並べて記念撮影.
1/100スケールペーパークラフトによる ヴァイキングロケットたち 2010年2月13日 このタイプのロケットもそろそろ飽きてきたかも(実はまだもう一つ作る予定なのだが).

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ.→Vanguard TV-0

  そして例によってこれまでに作ったロケットたちと並べて記念撮影.
1/100スケールペーパークラフトによるロケットたち 2010年2月13日 前列左から,A-4RTV-A-2 “Hiroc”バンパー Wacヴァイキング 7ヘルメス RV-A-10ヴァイキング 10,ヴァンガード TV-0
2列目左から,L-4S-5Μ-4S-2Μ-3C-1Μ-3H-1Μ-3S-1Μ-3SⅡ-1Μ-Ⅴマーキュリー リトル・ジョーマーキュリー・レッドストーンマーキュリー・アトラス
3列目左から,ブルー・ストリークツィクロン-3コスモス 3M (Interkosmos-11)ジェミニ・タイタン
最後列左から,アリアン H-ⅡA 202型ソユーズ-U + TMA-1プロトン-K (ズヴェズダ打ち上げ時)スペースシャトル コロンビア (STS-1)スペースシャトル ディスカバリー (STS-128)

  「ロケット開発史」シリーズ(写真最前列)はこれで7基め.手持ちの型紙を打ち上げ年代順に作っているのだが,実は順番の間違いが発覚.まぁ大した問題ではないんだけど.でもその間違い,“間違い”だったということは意外で新鮮に驚いた.何事も手を動かしてみないとわからないものだ.

ロケットのペーパークラフトは是非↓こちらもご覧ください
PASA : Papercraft Aeronautics and Space Administration

SETI@home 現在の順位 世界…70,698位(/1,079,468人)国内…2,609位(/28,659人)
Einstein@home 現在の順位 世界…9,986位(/253,847人)国内…223位(/3,744人)

この記事を読んで,「よくもまぁ代わり映えのしないロケットを作るねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« もう一息! | トップページ | ブルー・ムーン? »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11449/33986225

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァンガード TV-0:

« もう一息! | トップページ | ブルー・ムーン? »