« 今日の太陽(2010-03-05) | トップページ | 小さい部品がいっぱい »

2010年3月 6日 (土)

ヘルメス RV-A-10

  ペーパークラフトロケットシリーズ,今回は
1/100スケールペーパークラフトによる ヘルメス RV-A-10  1944年に始まったアメリカ陸軍のミサイル開発計画“ヘルメス計画”のテスト・ロケット,ヘルメス RV-A-10.型紙は “Niels papermodels” から.
  ヘルメス計画には,A-1A-2A-3,B,C のサブ・プロジェクトがあり,このロケットはその中の A-2 プロジェクト,固体燃料ロケット開発のためのテスト・ロケットである.
  最初の打ち上げが行われたのは1953年2月11日,以来3月25日までの間に4回の打ち上げが行われ,最大高度58kmに到達した.
  ヘルメスA-2プロジェクトはこの打ち上げの前年1952年には打ち切りになっていたために,このロケットそのものはこれ以上発展することがなかった.しかし,このロケットによって固体燃料ロケットの可能性が示され,後に大型ロケットの打ち上げに用いられる固体燃料ブースターの開発へとつながってゆくことになる.

  いつものように,これまでに作ったロケットたちと並べて記念撮影.
1/100スケールペーパークラフトによるロケットたち 2010年2月3日 (前列左から,A-4RTV-A-2 “Hiroc”バンパー Wacヴァイキング 7,ヘルメス RV-A-10マーキュリー リトル・ジョーマーキュリー・レッドストーンマーキュリー・アトラス.2列目はMシリーズ,左から,L-4S-5Μ-4S-2Μ-3C-1Μ-3H-1Μ-3S-1Μ-3SⅡ-1Μ-Ⅴ.3列目左からアリアン コスモス 3M (Interkosmos-11)ツィクロン-3ソユーズ-U + TMA-1.最後列左からH-ⅡA 202型スペースシャトル コロンビア (STS-1)スペースシャトル ディスカバリー (STS-128)プロトン-K (ズヴェズダ打ち上げ時)
  小さい.これは小さい.上の集合写真の中からこのロケットを探すのが大変なほど小さい.どれほど小さいかというと,
1/100スケール ヘルメス RV-A-10 の大きさ こんなに小さい.実機の全長が4.0m,直径79cmだから,1/100にすると全長4cm,直径8mm.あんまり小さいので,本来の型紙は1/36スケールだが,そのおまけとして1/96スケールの型紙がついていた.やっぱり1/100スケールで統一したいので,その1/96スケールの方をさらに96%に縮小して製作.小ささ故に製作は多少苦戦したものの,そもそも部品点数も少ないのであっという間に完成した.

  あまり資料がなくて良くは解らないのだが,このロケットが固体燃料ロケットの元祖ということになるのだろうか?もっとも,本当の元祖は11世紀中頃の中国ということになるらしいが.

ロケットのペーパークラフトは是非↓こちらもご覧ください
PASA : Papercraft Aeronautics and Space Administration

SETI@home 現在の順位 世界…71,604位(/1,072,119人)国内…2,640位(/28,502人)
Einstein@home 現在の順位 世界…10,077位(/252,172人)国内…225位(/3,718人)

この記事を読んで,「よくもまぁこんな小さいロケットまで作るねぇ」と思った方,こちらをクリックして(とりあえず)応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 今日の太陽(2010-03-05) | トップページ | 小さい部品がいっぱい »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11449/33653787

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルメス RV-A-10:

« 今日の太陽(2010-03-05) | トップページ | 小さい部品がいっぱい »