« がんばれ!はやぶさ! | トップページ | 月の出 その2 »

2010年3月 3日 (水)

  1958年の今日(3月3日),富士重工業がすばる360を発表した.
  この車,さすがに最近は滅多に見かけなくなったが,正面から見た姿が,「にっ」と笑った顔のようでなかなか愛らしい.
  人間の脳は,丸いものが2つ並んでいて,その下に鼻や口を思わせる模様を見ると,それを「顔」として認識する性質があるのだそうで,心霊写真の多くは,この性質によって天然の模様が人の顔に見えるということによるものだとか.
  ということで,↓こんなものも顔に見える.
くじら座の系外銀河NGC1055くじら座系外銀河NGC1055
  天文教室等の折にこの写真も時々見せることがある.お世辞にも良く撮れているとは言い難い写真だが,これが子供たちに結構人気.
「あ,人の顔だ!」
というわけだ.ずいぶんと「たらこくちびる」な顔だが.
  月面のクレーターなんかも,光線の具合によって人の顔に見えるものも多いだろうし,火星の「人面岩」なんかもこういうものの例の一つだろう.

  最近良く出回っている「顔認識」機能つきのデジタルカメラは,人間のこうした顔認識の性質を参考にしているらしい.ということは,そういうカメラで天体写真を撮ろうとすると,いろんな所に顔が認識されるんだろうか?

SETI@home 現在の順位 世界…71,808位(/1,070,942人)国内…2,643位(/28,477人)
Einstein@home 現在の順位 世界…10,078位(/251,975人)国内…225位(/3,713人)

この記事を読んで,「顔認識機能つきのカメラで月なんか撮ったら結構面白いかも」と思った方,こちらをクリックして共感の投票(?)をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« がんばれ!はやぶさ! | トップページ | 月の出 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« がんばれ!はやぶさ! | トップページ | 月の出 その2 »