« 月の出 | トップページ | 顔 »

2010年3月 2日 (火)

がんばれ!はやぶさ!

  以前にも同じタイトルでここに記事を書いたことがあるが.

  2003年5月9日に打ち上げられ,2005年11月26日には小惑星「イトカワ」へのタッチダウンを成功させた日本の小惑星探査機「はやぶさ」.その後地球帰還への途についたが,4基あるイオン・エンジンのうち3基までが停止,一時は地球帰還が絶望視されていた.
  しかし,イオンを放出する装置が不安定なために打ち上げ直後から停止していたスラスタAの中和器(探査機本体の帯電を防ぐ装置)を使い,中和器の不調のため2007年4月に運用停止していたスラスタBにイオンを放出させてエンジン2基で1基分の役割を果たさせるという方法で再び地球帰還を目指していた.
  その結果,現在までに,地球にもっとも近づいた時に地球までの距離31万km,月軌道の内側を通る軌道に乗ったことが確認された.上記の方法によるエンジンの噴射があと数週間正常に続けば,地球への帰還が可能になるという.

  イオンエンジンの故障,通信の途絶,姿勢制御装置の故障など,度重なるトラブルによってすっかり満身創痍になってしまった「はやぶさ」.しかし,その度に地上スタッフの懸命の努力によって不死鳥のように蘇ってきた.2月25日現在,「はやぶさ」は地球から約3177万kmの距離を航行中で,地球帰還予定まであと3ヶ月.なんとか最後の力を振り絞り,我々に「イトカワ」からの貴重な貴重な「おみやげ」を届けて欲しいと思う.

  がんばれ!はやぶさ!そして地上スタッフ!

SETI@home 現在の順位 世界…71,967位(/1,069,488人)国内…2,652位(/28,458人)
Einstein@home 現在の順位 世界…10,102位(/251,906人)国内…226位(/3,713人)

「“はやぶさ”にはなんとか無事に地球に帰還してほしい」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 月の出 | トップページ | 顔 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ!はやぶさ!:

« 月の出 | トップページ | 顔 »