« 歯車のとりつけ | トップページ | 雪の後・・・なのに »

2010年2月18日 (木)

冥王星の日

  今日2月18日は「冥王星の日」だそうな.
  アメリカの天文学者クライド・トンボーは,1930年の今日(ということは今日で冥王星発見80周年だ)1930年1月23日と29日に撮影された写真乾板の間で動いている天体を見つけた.その後,確認の観測を行い,3月13日にハーバード大学天文台に発見の報告を行った(ただし,現在小惑星センターに登録されている小惑星の一覧上では発見日は1月23日とされている).
  先日は,ハッブル宇宙望遠鏡が冥王星の表面のまだら模様を捉えたというニュースがあった.また,2006年1月19日に打ち上げられた冥王星探査機「ニュー・ホライズンズ」は,昨年12月には地球と冥王星の中間点を通過,現在太陽から約16天文単位のところ(地球からは約16.6天文単位)を順調に飛行中である.今年中には小惑星クラントルに接近,一部の観測装置を再試験する予定もあるようだ.そして,この調子で順調に行けば,2015年2月に冥王星の探査を開始,同年中にはこれまでに知られていなかった,冥王星の様々な姿が次々と明らかになって行くことだろう.

  ハッブル宇宙望遠鏡をもってしても冥王星表面のおおまかな模様しか捉えることができていない.2番目の天体が発見されるよりも60年以上も前に発見された最初の太陽系外縁天体,我々に太陽系についての新たな知見をもたらすきっかけとなった天体はどのような姿をしているのか.その素顔が明らかになる日が待ち遠しい.

SETI@home 現在の順位 世界…72,073位(/1,066,468人)国内…2,649位(/28,411人)
Einstein@home 現在の順位 世界…10,194位(/250,721人)国内…222位(/3,700人)

「ニューホライズンズが送ってくる冥王星の姿を見るのがとっても待ち遠しい」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 歯車のとりつけ | トップページ | 雪の後・・・なのに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冥王星の日:

« 歯車のとりつけ | トップページ | 雪の後・・・なのに »