« 雪の後・・・なのに | トップページ | 今日の太陽(2010-02-20) »

2010年2月20日 (土)

参加者一人ながら

  昨日(19日)は「定期観望会」の日.
  直前に一度曇ったし,やっぱり空の透明度は低かったし,参加者はたった一人だったものの,何とか実施.

  空の透明度が低かったかわりに,シンチレーションの具合は非常に良かった.観望対象は月,そして火星.かなり高倍率にしても揺れない火星はなかなかの見応えだった.
  「これだけシンチレーションが良いならば・・・」
と,ふたご座のカストルを見てみた.カストルA,カストルBはしっかり分離して見えていたし,カストルCもちゃんと見えた.
「へぇ,これは面白いですねぇ」
なかなか気に入って頂けた様子.さすがにオリオン大星雲は良くみえなかったので,
「試しにシリウスを見てみましょうか.恒星を望遠鏡で見てみたところで,遠すぎて点にしか見えないので,天文学的にはまったく意味がないんですけど,これが綺麗なんですよ.私は結構好きなんです」
「いやこれは綺麗だ・・・」
こちらも気に入っていただけた様子.
  その後はあんまり星が良く見えていない夜空を眺めながら雑談.なんでも,ハワイとかブラジルとかで星を見たことがあるのだとか.いや羨ましい.こんな仕事をしていながら,私自身は星の綺麗なところで星を眺めた経験があんまりないんですよ.
  こういう会話も楽しんで頂けたようで,缶コーヒーまで差し入れてくださった.いやありがとうございます.でも,勢い余って,
「日本のロケット技術って凄いんでしょ?」
地雷を踏んでしまわれたらしい.ロケットのこととなるとやたらと熱く語る私.
  それでも,あっという間に時間が過ぎ,終了予定時刻を30分もオーバーして終了.
「次もまた来ます」
とのこと.いやそう言って頂けるととっても嬉しいです.

  観望会終了後は城里町ふれあいの里天文同好会の例会に参加するためにふれあいの里天文台へ.そこで見たものは・・・
  会員の一人が,天文用改造デジタル一眼を購入,そのカメラで試し撮りをしていたのだった.
  あぁ,あなたも悪の道に足を踏み入れてしまいましたね.

  例会終了後は数人の会員が天文台に残り,抜群のシンチレーションで素晴らしく良く見えた火星の撮影に突入.あわよくば天文台の望遠鏡で星雲・星団の撮影をもくろみ,ビデオカメラを持って行かなかった私は手持ち無沙汰.あーあ,やっぱりビデオカメラ持って行けば良かった.
  仕方ないので,天文台の近くで,あんまり構図も考えずに「なんちゃって比較明」.とりあえずその成果が↓
2010年2月20日 城里町ふれあいの里天文台前にて 中途半端な写真だけど,「何もしないよりは」と思って撮っただけなのでまぁいいか.

  今晩も天文台に行く予定.今晩はビデオカメラをもって行こう.でも,2晩続けて好条件に恵まれるなんてことは・・・ないよねぇ,多分.

今年の観望会 予定…12 実施…8 中止…2 延期…1 屋内(外)で天文教室…1 勝率….667(8勝4敗)
連敗は3でストップ.貯金が1つ増えて4.

SETI@home 現在の順位 世界…72,156位(/1,067,065人)国内…2,655位(/28,419人)
Einstein@home 現在の順位 世界…10,174位(/250,913人)国内…222位(/3,703人)

この記事を読んで,「アンタがきっちり準備した時には,きっと好条件にはならないね」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

|

« 雪の後・・・なのに | トップページ | 今日の太陽(2010-02-20) »

天体写真」カテゴリの記事

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 参加者一人ながら:

« 雪の後・・・なのに | トップページ | 今日の太陽(2010-02-20) »