« 先は長い | トップページ | また想定外 »

2010年1月21日 (木)

立体の説得力

  今年に入って早々,太陽系模型が完成した.
完成した太陽系模型
数ヶ月前から凝っているペーパークラフトロケットもここに紹介したもので17基を数える.
1/100スケールペーパークラフトによるロケットたち 2009年12月25日
  惑星の運行なんてシミュレーションソフトでいくらでも見たことがあるのに,太陽系模型が動いているのを見るのは実に新鮮だ.「そうか,惑星ってこういうふうに動いているんだ」と改めて感じる.
  ロケットにしても「各国のロケットの大きさ比べ」なんていう画像も腐るほど見ているのに,ソユーズが意外に小さいと思ったし,H-ⅡAロケットが思いのほか大きいのに驚いた.

  たとえ模型とは言え,そこに「モノ」があるのと,平面的な「画像」とではこれほどまでに説得力が違うのか.

  太陽系模型も次のシリーズが始まったことだし,他にも「立体」として見せられるものがないものか知恵を絞ってみよう.もっとも,しばらくの間はロケットで手一杯だが...

SETI@home 現在の順位 世界…72,528位(/1,057,531人)国内…2,658位(/28,248人)
Einstein@home 現在の順位 世界…10,285位(/248,717人)国内…221位(/3,673人)

この記事を読んで,「人間の感覚にとって,縦と横に奥行きが加わることって意外と重要なことなのかも」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 先は長い | トップページ | また想定外 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立体の説得力:

« 先は長い | トップページ | また想定外 »