« 祝!アトランティス無事打ち上げ | トップページ | アポロ12号 »

2009年11月18日 (水)

M-4S-2

  ペーパークラフトロケットシリーズ,今回は
1/100スケールのペーパークラフトによる M-4S-2
L(ラムダ)-4Sに続く日本のロケット開発計画「M(ミュー)計画」の最初の機体,M(ミュー)-4S.型紙は塩屋天体観測所から.

  「M計画」は,1960年に,外側ヴァン・アレン帯の高度10,000km以上に到達するロケットとして考案されたもので,M-4Sは4段式,全長23.6m,重量43.6t,本体の直径1.4mのロケットである.
  1号機は衛星の軌道投入に失敗したものの,2号機で技術試験衛星「たんせい」,3号機は日本初の科学衛星「しんせい」,4号機は電離層,磁気圏観測衛星「でんぱ」を打ち上げている.
  「M計画」ではこの後,このM-4SC,M-4SH,M-4SSと開発が進められていく予定であったが,開発は3段式のロケットへと変更され,M-3へと続いて行くこととなった.
  なお,上の模型は「たんせい」を打ち上げた2号機である.

  このロケットの直径は約1.4m.1/100の模型では14mmとなる.直径735mm(1/100では7.3mm!)のL(ラムダ)-4Sに比べて倍程度に太くなったので本体の工作はやりやすくなったが,第3段以上は直径7mm程度なので結構大変な作業だった.M-4Sからはブースターを2本束ねてあるが,1本1本はやっぱり細い(直径2mm程度)なのでこれも大変.もっとも,もう何度も同じような作業を繰り返しているので,L(ラムダ)-4Sを作った時よりは楽に作業をこなしたが.

  例によって,これまで作った1/100スケールのロケットたちと並べて記念撮影.
1/100スケールのペーパークラフトによるロケットたち 2009年11月6日
(左から,L-4S-5,M-4S-2,M-Ⅴ,H-Ⅱ202型,ソユーズ-U+TMA-1)

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ.→Μ-4S-2

  ところで,今朝はしし座流星群の極大.久々に活発な活動が予測されていたので楽しみにしていたのだが,あいにくの雨で見ることはできなかった.話題になった流星群の極大の時には夜が明けてから方々からいろいろな情報が届くのだが,今回は全然何も届いていない.ということは,全国的に曇りや雨だったのか,晴れていたとしても大した数が流れなかったのか.海外の情報はこれから届くのかもしれないけれど.

ロケットのペーパークラフトは是非↓こちらもご覧ください
PASA : Papercraft Aeronautics and Space Administration

SETI@home 現在の順位 世界…73,489位(/1,035,140人)国内…2,666位(/27,696人)
Einstein@home 現在の順位 世界…10,825位(/243,211人)国内…231位(/3,543人)

この記事を読んで,「そろそろ集合写真も眺め甲斐が出てきたねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 祝!アトランティス無事打ち上げ | トップページ | アポロ12号 »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11449/32258324

この記事へのトラックバック一覧です: M-4S-2:

« 祝!アトランティス無事打ち上げ | トップページ | アポロ12号 »