« 天気予報がハズレて | トップページ | 「惑星」の作業が終了 »

2009年10月22日 (木)

三兎を追って

  昨日(21日),夕方はほぼ曇り.本当はかつてのホームグラウンド,水戸市郊外の「かたくりの里」に天体写真の撮影に行く予定だったのだが,
「この天気ではねぇ・・・」
星雲・星団の撮影は無理だ.それでも,昨日はオリオン座流星群の極大日だったので,とりあえずかたくりの里には行こうと思っていた.
  しかし,それにしても天気が悪かった.一度は諦めたのだが,22:30頃に晴れ間が広がったので,
「1時間くらいだけでも眺めてくるか」
ということで,最低限の機材だけを持ってかたくりの里へ.

  現地についてみれば・・・快晴.なんてこった.これならちゃんと機材を持ってくれば良かった.
  でもねぇ,あの状態で,後で快晴になるなんて予想はできないぞ.

  嘆いていても仕方ないので,ポタ赤とカメラを用意,カシオペア座,その後ペルセウス座にカメラを向けた.ポタ赤でガイドしつつ断続的にシャッターを切っていれば,運が良ければ流星が写ってくれるかもしれない.運が良くなくても,多数撮影しておけば,後でコンポジットして星座の写真として仕上げれば良い.ついでに,機会があれば撮影してやろうと思っている“Stock 2”という散開星団の場所も確認してやろうという,
  “三兎を追ってなんとか二兎を得てやろう”作戦.

  で,結果は・・・運は良くなかった.写った流星は一つもなし.仕方ないので,計画通り多数コマをコンポジットして星座の写真として仕上げたのが↓
カシオペア座 2009年10月22日
(クリックで拡大,900 × 600 pixel,222kb)
で,件の散開星団“Stock 2”は,
散開星団Stock 2 の位置
もしこの散開星団を狙って写真を撮る時には,この写真を手がかりに探せば良いぞと.
  そしてペルセウス座の方は,
ペルセウス座 2009年10月22日
(クリックで拡大,600 × 900 pixel,252kb)
まぁそこそこ綺麗に撮れたかな.

  ・・・

  でもこれだけ撮れたんなら,やっぱりきっちり機材を持って行けば良かった.そうでなくても,この機会に今度こそバーナード・ループを狙ってみれば良かったんじゃないかという気がしないでもないけど.
  ま,絵的に綺麗な写真が撮れたからそれで良しとするか.

SETI@home 現在の順位 世界…73,572位(/1,026,993人)国内…2,677位(/27,485人)
Einstein@home 現在の順位 世界…11,102位(/240,881人)国内…234位(/3,513人)

この記事を読んで,「なにはともあれ,とりあえず成果があって良かったねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

|

« 天気予報がハズレて | トップページ | 「惑星」の作業が終了 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

2019年6月発売予定 バリスティックナイロンベルトとホーウィンレザーベルトが付属し、気分によって簡単に付け替えられる。
表面に加工を施したディープグレーダイヤルの配色をNATOストラップのストライプパターンにも適用し、統一感を持たせた。
フランスの名門パスメントリー(飾り紐)会社とタッグを組み、配色からエクスクルーシブに作り上げる手の込みよう。
そのファーストモデルのカラーリングから着想を得たのがこの1本だ。
38mm径のユニセックスサイズなので、女性とのシェア使いも可能だ。
なお、ストラップは伸縮性のあるキャンバスを使用するためどんな手首にも心地よくフィット。
伸縮性のあるERIKA社製キャンバスストラップは、本作のために製作されたもので、心地良く腕元にフィットする。
1994年に発表した最初期モデル「ベル&ロス バイ ジン ミリタリー M1」のベゼルと、十八番のベージュダイヤルを組み合わせた、まさにブランドのDNAを凝縮したような新作クロノグラフ。
「ベル&ロス」というブランド名は、ベラミッシュ氏とロシロ氏のファミリーネームを英語風に略して組み合わせたものである。
1994年発表のベル&ロス初期モデルから着想を得たベゼルデザインに、ふっくら膨らんだドーム型風防と味わい深いベージュダイヤルを合わせたヴィンテージライクな1本。
視認性、高精度、信頼性、防水性という4つの基本原理をあらゆるモデルの根幹においた上で時計としての本質を追求している。
ミリタリーウォッチに多く見られる引き通し式のファブリック製ストラップ、通称NATOベルトが今、時計界を席巻している。
アイコニックなウェブストライプを採用した引き通し式のナイロンストラップが、まるで文字盤を通過するようにデザインされた個性的なコレクション。
いずれもブラックカラーですので、視認性も高く、6時位置のスモールセコンドと日付表示が絶妙なバランスで文字盤を飾っています。
文字盤の中央にはビーのエンブロイダリーをあしらい、腕元で確かな存在感を放つ。
光発電ライトチャージやGPS衛星電波受信ほか、さまざまなセンサーを備えた最先端アナログウォッチという存在を感じさせない、シックな佇まいが特徴。
ハミルトンを象徴するミリタリーウォッチ「カーキ フィールド」の新たなカラーバリエーション。
インデックスと針には、ブランドの代名詞である自己発光システムLLTをセットし、暗闇でも抜群の視認性を誇る。

正規品と同等品質のコピー品 https://www.yutooz.com/protype/list-300.html

投稿: 正規品と同等品質のコピー品 | 2020年6月18日 (木) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三兎を追って:

« 天気予報がハズレて | トップページ | 「惑星」の作業が終了 »