« 台風と系外銀河 | トップページ | 台風が過ぎて »

2009年10月 8日 (木)

嵐の前の天文教室

  昨日(7日)は台風が接近している状況の中,市内某小学校で観望会.
  当然,そんな状況で屋外での観望会ができようはずもなく,屋内での天文教室ということになった.先月初めに乗鞍に行った時には見事に晴れを引き当てたので「もう雨男は卒業!」と思っていたのだが,まさか台風まで呼び込んでしまうとは.

  冒頭,つかみネタとして,
「え~,気になる台風情報ですが・・・現在足摺岬の南方にあって云々・・・」
「そしてこれが気象衛星による日本付近の雲の画像です」
「実はこの画像をお見せしたのは,天気予報のためじゃなくて,次の画像を見て欲しかったんです」
といってM33の画像を見せて,昨日の記事に書いた話を紹介.
「台風と銀河,全然何の関係もないものが同じような形をしているって面白いと思いませんか?」

  その後は自作プラネタリウムで秋の星座を中心に紹介し,その後に質問コーナーという流れ.

  質問コーナーでは,
「星座の神話って何種類くらいあるんですか?」
と聞かれた.う゛,そういうことを聞かれたのは初めてだな.
「実は僕も良く知らないんだけど,星座は全部で88個あって,その中にはじょうぎ座とかコンパス座とか,身近にあるものだったりして神話とは関係のない星座もあるし,反対に一つの星座でも2つも3つもの話に登場する星座もあるし・・・全部で40くらいかなぁ・・・,他にかみのけ座たて座は神話じゃなくて,歴史の中で実際にあったことに関係する星座もあるんだよ」
  質問した子が「ベレニケ!」と叫んだ.小学4年生で「ベレニケのかみのけ座」を知っているとは驚き.

  終了後,撤収作業をしていると自作プラネタリウムのまわりは人だかり.
「これ作るのにどれくらいかかった?」
「穴あけだけで8ヶ月,全体を作りあげるのには1年かかったんだよ」
「穴の位置は全部正確なんですか?」
「もちろん小さな間違いはたくさんあると思いますが,ドームに投影すればちゃんと正確な位置に写るように作ってあります」

「構造そのものは単純なので,きっと誰にでも作れますよ.作るのは恐ろしく大変ですが」

・・・そこそこ楽しい天文教室になったようだ.参加者の興味が星ではなくて自作プラネタリウムの方に行ってしまったんじゃないかという気がしないでもないが.

  ところで・・・
  現在,台風がいよいよ接近している.ここ茨城では風は強いものの,雨はあまり降っていない.
  そこで,「雨が降っていないうちに」と駐車場に駐めてある車に荷物を取りに外へ出た時・・・突然の強い雨.盛大に周囲の笑いをとってしまった.しかもその雨,数分後には止んだ.

  いやはや,我ながら自分の雨男ぶりにゃ驚いた・・・

今年の観望会 予定…101 実施…58 中止…25 延期…3 屋内(外)で天文教室…15 勝率….574(58勝43敗)
3連敗.貯金がさらに1つ減って15.

SETI@home 現在の順位 世界…74,375位(/1,022,133人)国内…2,688位(/27,394人)
Einstein@home 現在の順位 世界…11,294位(/239,837人)国内…237位(/3,501人)

この記事を読んで「まるでドリフのコントだね.そのうちきっとバケツやたらいが降ってくるぞ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 台風と系外銀河 | トップページ | 台風が過ぎて »

自作プラネタリウム」カテゴリの記事

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嵐の前の天文教室:

« 台風と系外銀河 | トップページ | 台風が過ぎて »