« せっかく晴れたのに | トップページ | 例によって歯車一枚 »

2009年10月18日 (日)

明日から

  明日(19日)からNHK文化センター水戸教室の講座,“四季の星空を楽しむ ~不思議な宇宙への遥かなる旅~”が開講する.
  実は私が講師を努めることになっているのだが・・・
  単発の「天文教室」は幾度となくやっているが,こういう“シリーズもの”(今回は6回)の講師をやるのは初めて.さてどうしたものか.
  ここ数週間にわたってずいぶんと考えてきたが,とりあえず明日の第一回は
「古代の天文学と天文学の歴史」
というあたりで攻めてみようと思っている.

  で,話の内容を組み立てるにあたっては方々を調べることになるのだが,こういう時にはこれまで知らなかったことがいくつも出てきてなかなか面白い.

  コペルニクスが地動説を体系化する1800年も前,アリスタルコスは既に「地球は自転しながら太陽のまわりを回っている」と考え,月と太陽の距離と大きさを推定していた.
  地動説を唱えたことで火あぶりにされたと言われているジョルダーノ・ブルーノは「太陽はその他の恒星と同じ種類の星で,特別な星ではない.宇宙には特定の中心はなく,その意味で地球も特別な星ではない」と考えていた.

  うーん昔の人は凄いねぇ.ジョルダーノ・ブルーノの考え(彼は天文学者ではなかったらしいが)なんか,現代の天文学の考えにかなり近いじゃないか.

  ・・・なんて関心している場合じゃないと思いつつ,どうにかこうにか明日の講座の分のプレゼン資料を作り終えた.とりあえずリハーサルもしたし.

  さて明日の講座第一回はどうなるだろうか・・・でもその前に気になることが.

  今晩の晴れはいつまでもつんだろう?

実は今日は太陽系模型の記事にしようと思っていたのに,写真を撮っていなかったことについ先ほど気づいたという事実はここでは秘密だ.

SETI@home 現在の順位 世界…73,821位(/1,025,763人)国内…2,678位(/27,464人)
Einstein@home 現在の順位 世界…11,155位(/240,564人)国内…235位(/3,506人)

この記事を読んで,「アンタみたいに“いきあたりばったり”な人に6回シリーズの講座の講師なんかできるのか?」と思った方,ごもっともです.私も結構不安です.とりあえずこちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« せっかく晴れたのに | トップページ | 例によって歯車一枚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日から:

« せっかく晴れたのに | トップページ | 例によって歯車一枚 »