« 中秋の名月・・・の夜に | トップページ | 「惑星X」探査計画始動 »

2009年10月 5日 (月)

鹿行でプラネタリウム投影会

  昨日(4日)は水戸から約50km,鹿行地区の某所(北浦の近く)で午前中から自作プラネタリウムの投影会.水戸を朝7:30頃出発して会場へ.
  会場の施設は生涯学習関連の施設で,そこで行われている教室の発表会を兼ねたお祭りでの投影会というわけだ.「お祭り」ということで,会場近くではこんなことも.
和太鼓
いやぁ,和太鼓のリズムを聞いているとテンション上がるもんだねぇ.星とは何の関係もないが.

  こういう会場での投影会なので,投影会場にやって来る人も小さな子から年配の方まで様々.
  話の内容は,当日薄明が終わった頃に見える星座の紹介と,秋の星座の神話を中心にと考えていたが,最初の投影の時にリクエストがあったので,これから見られる(かもしれない)しし座流星群とふたご座流星群の紹介も取り入れてみた.
  小さな子が「暗いところやだ!」と騒ぎ出すとかいった一幕もあったものの,概ね好評.東京から来たという年配の女性の方は,
「こういうところでプラネタリウムを見られるなんて思ってなかったのでびっくりしました.とっても楽しかったです」
とか.いやありがとうございます.
「全国に公開天文台やプラネタリウム館は数百ヶ所ありますから,これを機会にそんなところにもぜひ足を運んでみてくださいね」

  昨日の投影は4回.私の場合,一日に複数回投影することはあんまりないのでもうくたくただ.その「くたくた」な状態で50kmの帰路車を運転して帰宅.もうここを更新する気力も尽きてしまって昨日は更新をサボったというわけですよ.言い訳だけど.

 

この記事を読んで「合計100kmを移動して,4回もしゃべるってのは結構大変かも」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 中秋の名月・・・の夜に | トップページ | 「惑星X」探査計画始動 »

自作プラネタリウム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿行でプラネタリウム投影会:

« 中秋の名月・・・の夜に | トップページ | 「惑星X」探査計画始動 »