« 好きだから | トップページ | 今日の太陽(2009-09-16) »

2009年9月16日 (水)

意外に珍しくない?

  1ヶ月ほど前,木星に黒々とした衝突痕が発見されて話題になった.
  その木星,60年ほど前には近くを通りかかった彗星をその引力で引き寄せ,一時的に衛星にしてしまっていたらしい.
  9月14日にポツダムで開かれた欧州惑星科学会議で発表された研究成果によるもので,それによると,木星に捕獲されていた彗星は1993年に発見された串田・村松彗星で,観測をもとに過去の軌道を計算した結果,1949年に木星に捕獲され,1961年までは木星の“臨時衛星”になっていたらしい.
  「串田・村松彗星は木星の影響圏から離脱するまで,1,2度周回した.それはほぼ間違いない」
と語ったのは“あの”デイビッド・アッシャー博士.おお!(デイビッド・アッシャー博士は2001年にしし座流星群の大出現を見事に予測したことで有名).

  さらに,2068年から2986年までの間にヘリン・ローマン・クロケット彗星が木星に捕獲され,その周りを6周するとみられているとか.

  木星にシューメーカー・レヴィー第9彗星が衝突したのが1994年.それ以来,再び小天体の衝突が確認されたのが今年2009年でその間15年.観測技術の進歩の速さを考えると,1994年の15~20年前にもし同様の衝突があったとしても,地球からは観測できなかったのではないか.1960年に串田・村松彗星が木星に捕獲された際にも,木星の引力による潮汐力で砕かれた彗星の一部はやはり衝突していたのかもしれない.

  そう考えていくと,木星に小天体が衝突するというのは意外に珍しいことではないのかもしれない.

  ならば・・・
  木星には申し訳ないが(もっとも,自らの重力で引き寄せるのだから自業自得?),大物が衝突するところをぜひ見てみたい...

SETI@home 現在の順位 世界…73,725位(/1,014,784人)国内…2,673位(/27,267人)
Einstein@home 現在の順位 世界…11,571位(/238,179人)国内…245位(/3,486人)

この記事を読んで,「アンタのことだ,“その日”はきっと曇りだね」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 好きだから | トップページ | 今日の太陽(2009-09-16) »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外に珍しくない?:

« 好きだから | トップページ | 今日の太陽(2009-09-16) »