« 例によって | トップページ | 乗鞍へ! その2 ~コロナ観測所編~ »

2009年9月 3日 (木)

乗鞍へ! その1 ~往路編~

  国立天文台乗鞍コロナ観測所見学のため,31日朝に水戸を発って乗鞍へ.
  31日は関東地方に台風が接近していた.新宿発松本行きのバスに乗り遅れたくなかったので,水戸~東京間も高速バスを利用する予定だったのをJRに変更.
  新宿駅では歩行中に激しい雨に降られ,かなりずぶ濡れになるというアクシデントはあったものの,バスが雨の影響を受けることもなく無事に松本バスターミナルに到着.松本バスターミナルから新島々までは松本電鉄に乗り,そこからまたバスに乗って15:00過ぎに乗鞍観光センターに到着.
  小雨ながら雨が降っていたのでここから上に上がるのを止め,初日は観光センター近くのBELL鈴蘭小屋に宿泊することにした.ここでも標高は1,500m.晴れていればそこそこの星空を眺められるかと期待していたけれど,朝までずっと雨.同じ宿に泊まっていたご家族と「晴れていれば星空をご案内できたんですけどねぇ」なんて話もしたけれど,結局初日の夜は少しも星を眺めることはできなかった.

  翌日朝.
  観光センターのあるあたりではやはり小雨だったが,なるべく早くコロナ観測所に行きたかったので朝早く宿を出発.バスに乗ってとりあえず2日目の宿である肩の小屋に向かった.
  標高が高くなるにつれ,雨を降らせていた雲の上に出て,いつしか快晴.肩の小屋口バス停からは一面の雲海を眺めることができた.いや~見事!
  この肩の小屋,「肩の小屋口バス停から徒歩30分」ということだった.まぁ坂道であろうことは想定していたのだが,肩の小屋口バス停に降りてみると,
肩の小屋への登山道
え゛!?ここ登っていくの?・・・甘かった.写真ではわかりづらいが,かなり急な,思いっきり登山道(赤い矢印.ちなみに,上の写真の一番高い峰の向こう側がコロナ観測所のある摩利支天岳).ここをポタ赤やらカメラやら,10kg超の荷物を背負って登るのは・・・きつかった.息を切らし,ヨレヨレになりながらようやくたどり着いた↓これが肩の小屋
肩の小屋
上についてみると,反対側からの道は結構平坦で,整備された道だった.これなら畳平から歩った方が楽だったんじゃ!?
  山頂のあたりは寒いだろうと予想してやや厚着をしていたのだが,全然寒くなかった.おかげで,肩の小屋にたどり着くまでに大汗をかいてしまった.
  とりあえず肩の小屋にポタ赤や着替えなど見学に必要ない荷物を預け,いざコロナ観測所へ.ここから見えるコロナ観測所は↓
肩の小屋から見上げるコロナ観測所
え゛!?あそこまでまだ登るの?

  乗鞍へ! その2 ~コロナ観測所編~ に続く.

この記事を読んで,「アンタもかなり見通しが甘いねぇ」と思った方,(とりあえず)こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 例によって | トップページ | 乗鞍へ! その2 ~コロナ観測所編~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乗鞍へ! その1 ~往路編~:

« 例によって | トップページ | 乗鞍へ! その2 ~コロナ観測所編~ »