« 昨日の太陽(2009-08-29) | トップページ | 例によって »

2009年8月30日 (日)

初体験

  昨日(29日)は水戸市のお隣ひたちなか市某小学校で「学校に泊まろう」という行事に呼ばれての天文教室&観望会.
  この学校には「プラネタリウム室」があって,昼間はそこの投影機を使っての天文教室だった.その投影機は↓
五藤光学製E-5型(?)プラネタリウム
五藤光学のE-5型(?)プラネタリウム.そしてこの投影機で映し出される星空は↓こんな感じ.
映し出された星空
この投影機光源にはEX電球が使われているのだが,長い間使われていなかったらしく,時々星が暗くなったり消えてしまったり.EX電球は2V2Aという特殊な使用のため,電気接点が劣化しているとすぐこんな状態になってしまうのだ.
  しかも,長い間使われていなかったため,惑星の位置が現在とだいぶ違う.惑星の位置の調整は「進む」と「戻る」のスイッチしかない.何年の状態なのかという目盛がついていたのだが,その目盛によると1970年頃の状態だった.とすればずっと進めなければならないということになるのだが,スイッチを「進む」にしても1年分進めるのに4分かかる.これをさば読んでキッチンタイマーを使って大体現在の状態になるまで進めておいてもらったのだが,惑星の位置はやっぱりおかしい.どうやら,長時間進める間にギアのかみ合わせがズレたりして各惑星の位置がズレてしまったらしい.こうなるともうどうしようもないので,「惑星の位置はズレているので気にしないでください」と言うしかない.
  いやしかし,自作以外の投影機を操作しながらの解説というのは初体験だ.う~ん,自分で作ったものでないというのはやりずらいものだ.PPLS-1に比べると星の数は10分の1程度しかないのだが,星の明るさが全体であんまり違わないので星座を見つけるにも苦労した.天の川の位置も微妙にズレているし・・・
  時々星が暗くなったり,星座を見失ったりと四苦八苦しながらも50分の投影を3回.いやはや疲れた.空を暗くして星々が映し出された時にはみんな歓声をあげてくれたけど,やっぱり自分が作ったものじゃないとあんまり嬉しくないなぁ.貴重な体験ではあったけれど.

  私がプラネタリウムの解説をしている間は別会場で天体望遠鏡工作教室が行われていた.夕食後は私の望遠鏡と作ったばかりの望遠鏡を使っての観望会の予定だった.
  で,天気は・・・ほとんどベタ曇り.月も木星も見えない.昼間はあんなに良く晴れていたのに,どうしてこうなるのかねぇ.
  それでもしばらく粘り,時々雲にかくされながらも月と木星を見ることができた.子供たちも,自分の作った望遠鏡と私の望遠鏡で見比べながら歓声をあげていた.中には,自分の望遠鏡で木星をとらえる子も.ま,それだけの体験ができれば良い観望会だったかな.実際の夜空で星座を案内することはできなかったけれど.

  観望会終了後に挨拶.
「これをきっかけにして,将来君たちの中から宇宙飛行士とか偉い天文学者になってくれる人がいるといいなぁと思っています.そしてもし,宇宙飛行士になったり,天文学者として表彰されたりしたら,インタビューの時には是非,『小学生の時にこういう経験をしたのがきっかけです』って言ってくださいね.特別番組にはゲストとして出演しますから」
  一同笑.

今年の観望会 予定…83 実施…49 中止…20 延期…3 屋内(外)で天文教室…11 勝率….590(49勝34敗)
これで6連勝!貯金がさらに1つ増えて15.

SETI@home 現在の順位 世界…73,817位(/1,009,707人)国内…2,682位(/27,169人)
Einstein@home 現在の順位 世界…11,787位(/236,540人)国内…247位(/3,467人)

この記事を読んで,「せっかくの投影機が使われていないなんて勿体ないねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 昨日の太陽(2009-08-29) | トップページ | 例によって »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初体験:

» 本とプラネタリウム [たそがれ男の頭ン中 森]
最近、本をよく読む。 というのも、学校の定期が切れて、あまり外に出ないし、 バイ [続きを読む]

受信: 2009年9月 1日 (火) 02時02分

« 昨日の太陽(2009-08-29) | トップページ | 例によって »