« 梅雨は明けたのに | トップページ | 久しぶり! »

2009年7月19日 (日)

長い道のり

  昨日(18日)は茨城県の最南西端,神栖市波崎町の某小学校で自作プラネタリウムの投影会.2年前試作2号機改“PPLS-β”の引退試合をして以来,毎年よんでいただいていて,今回で3回目.
  会場の小学校までは水戸から車で2時間半の長い道のり.その小学校は古い小学校で,完全に真っ暗にできて,プラネタリウム投影会に使えるような設備の整った教室はないのだが,お父さんたちのグループが一生懸命で,普通の教室の窓という窓をダンボール等で目張りして,完全な暗室を作ってくれる.

  ・・・のはいいのだが・・・

  空調のない教室を完全に密閉してしまうわけで,とにかく暑い.ポリバケツにでっかい氷を入れたものをおいてくれているのだが,気休め程度にしかならない.

  そんな状況下ではあったが,電気を消し,天井に,壁に星が写った時,
「うわー!」「すごーい!」「きれーい!」
子供たちは盛大に歓声をあげてくれた.いや何度聞いても嬉しいものです.

  一通り四季の星座を紹介した後は,PCの画面をスクリーンに投影して,目前に迫った日食の話.もちろん,2012年5月21日の金環日食と2035年9月2日の皆既日食も紹介.この子たちは(晴れていれば)全部見られるんだろうなぁ.

  もの凄く暑い中,子供たちも父兄の皆さんも汗だくになりながらも一生懸命話を聞いてくれた.もちろん私も汗だくだったが.
  質問コーナーもたくさんの質問が飛び出した.そんな中,
「それ(プラネタリウムのこと)を作るのにどれだけかかりましたか?」
「穴開けだけで8ヶ月かかりました.その後,どうしても寸法の合わない部分の穴あけをやり直し,下の機械の部分を作って,全部で丸1年かかりました」
いやはや,長い道のりだったんですよ.
「一番大変だったのはどこですか?」
「もちろん穴開けが大変でした.でも,難しかったのは下の機械の部分です.でもね,しくみは凄く簡単だから,君たちでも作ろうと思えば作れるはずですよ.いつか挑戦してみてください」

  復路も車で2時間半.帰宅したのは23:30頃.いやでもなかなか充実した投影会だった.長い道のりを往復した甲斐があったというものだ.

SETI@home 現在の順位 世界…74,692位(/993,024人)国内…2,716位(/26,852人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,114位(/234,056人)国内…248位(/3,431人)

この記事を読んで,「一生懸命やったことを喜んでもらえるというのは嬉しいものだよねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 梅雨は明けたのに | トップページ | 久しぶり! »

自作プラネタリウム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長い道のり:

« 梅雨は明けたのに | トップページ | 久しぶり! »