« 日食 | トップページ | 変わらない »

2009年7月23日 (木)

奇跡

  日本中が日食に沸いた昨日(22日).
  水戸では水戸芸術館前広場で観望会の予定だった.この日に向けていろいろと準備をしていたのだが,昨日の朝は小雨.
「もう今日は奇跡を期待するしかないか」
と思いつつも芸術館へ.

  08:30頃には雨が一時止んだものの,食が始まる10:00頃には再び雨.
  ここで,芸術館の方がテレビを用意してくれて,芸術館のタワー内で即席のパブリックビューイング.
  水戸では食分最大の直前,トカラ列島では皆既が終わった11:00頃,水戸では激しい雨.ここまでで,最初から会場にいた参加者は諦めて帰って行かれた.

  奇跡が起こったのはこの時だった.

「今太陽はどのへんに見えるんですかね?」
「えーと・・・(空を指差して)多分あのへん・・・あ,見えます見えます!」
2009年7月22日部分日食 11:10頃 水戸芸術館前広場にて
この時,時刻は11:10.水戸での食分最大は11:13:43だったから,まさにその直前だったわけだ.
  この後,太陽近くの雲はさらに薄くなり,会場にはどこからともなく30人ほどが集まってかなり盛り上がった.そして,↓これは11:27頃に撮影したもの(昨日の記事に掲載したものと同じ).
2009年7月22日部分日食 11:27頃 水戸芸術館前広場にて
快晴だった場合,私は観望会と撮影を同時にこなす必要があったので,早い時刻からきっちり準備して,撮影は半分オートで行う予定だった.それが朝から雨だったために全然準備ができず.上の写真も,急いで準備してこの一枚を撮り,後は観望会に集中したのでピント合わせなどじっくりする暇がなかった.というわけでピントが大甘なのは大目に見てやってください.

  この後は再び見えなくなり,食が終わる直前にちょっと見えただけだった.

  雲間から見えた欠けた太陽は,それが雲間だっただけにとても印象的だった.もしかしたら,快晴だったよりも感動的だったかもしれない.食分最大の頃だけ見られたなんて,朝から小雨,その後も一時激しい雨が降るという最悪の状況の中,考えられる最も良い展開だったと言って良いだろう.“奇跡”と呼ぶには大げさだが.

「一番いい時だけ見られたなんてさすがですね」
と言われた.いや別にあのタイミングで晴れたのは私の力じゃありません.

  観望会の折,直前まで晴れていたのに,絶妙のタイミングで曇ってしまうということが良くある.それもまた私の所為ではないのだが,そんな時には参加者の視線が痛い.別に私が悪いわけじゃあないんだけど,それがどうも申し訳なく感じてしまうのだが,昨日は逆だった.
  たまにはこんなこともあるもんなんだねぇ.

  そうそう,一生懸命作った
全長2.5mのピンホール式日食投影機
↑コイツ(全長約2.5mのピンホール式日食投影機)の出番は遂にありませんでしたとさ・・・

今年の観望会 予定…59 実施…31 中止…17 延期…3 屋内(外)で天文教室…8 勝率….525(31勝28敗)
↑ということで昨日の部分日食観望会は辛勝!貯金が1つ増えて3.

SETI@home 現在の順位 世界…74,764位(/994,177人)国内…2,715位(/26,865人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,106位(/234,416人)国内…249位(/3,434人)

この記事を読んで,「なにはとりあえず,少しだけでも日食が見られて良かったねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

|

« 日食 | トップページ | 変わらない »

天体写真」カテゴリの記事

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡:

« 日食 | トップページ | 変わらない »