« 今日の太陽(2009-07-26) | トップページ | 今日の太陽(2009-07-27) »

2009年7月27日 (月)

なんだか嬉しい

  昨日(26日)も城里町ふれあいの里天文台で観望会.天文台の開館は20:30だが,20:45頃に国際宇宙ステーション(ISS)が見えるはずだったので,まずそれを来館者みんなで見ることにした.

  20:46.北西の空にISSが姿を現した.
「あー!いたいた!」「あれだあれだ!」「へぇ~!」
歓声があがった.
「は~い,みんなで手を振りましょう!若田さ~ん!」
なんだかとっても嬉しかった.
「これって向こうから見えるんですか?」
「いや絶対に見えません」
そこはそれ,気分ですよ.こういう気持ちって案外伝わるもんです.

  その後,アルビレオを見て,さらにあれい状星雲環状星雲も見てもらった.
「今みてもらった星雲は言ってみれば星の亡骸なんです」
「へぇ~,こんなものも見えるんですか」
「特に天文に興味があるという人じゃないと,夜空に見えるのは星や月だけという印象があると思うんですが,こうして望遠鏡で見れば,夜空には他にもいろいろ見えるんですよ.星の集団だったり,ガスの塊だったり,ずっとずっと遠くの別の天の川だったり」
  月や土星を見て喜んでもらえるのも嬉しいけれど,やっぱり星雲・星団を見て喜んでもらえる方が嬉しいなぁ.

  天文台閉館の頃は空全体に薄雲が広がっていたので,星雲・星団の撮影はとりあえず断念.木星の衝突痕が気になっていたので木星を撮影することにして,木星が高く上がるのを待っていた.
  すると,いつの間にか空は快晴になっていた.
「こりゃ勿体ない」
ということで,やっぱり星雲・星団の撮影をしようと思い直して機材を準備.しかしまたもや薄雲が広がってしまった.
「仕方ない,やっぱり木星を撮ることにするか」
ということで,ポタ赤など星雲・星団撮影用の機材一式を片付けたところでまた快晴.いつものことながら,天気ってやつや意地悪だねぇ.
  で,もう一度木星を撮影するつもりになったのだが,今度は木星も雲の向こうへ.
  そのまま日付が変わるころまで粘ったものの,今度は状況が好転せず,諦めて帰宅.

  観望会は良かったけれど,その後は天気に振り回された挙句,全然成果なし.

  ま,世の中そんなにうまく行かないか.

今年の観望会 予定…62 実施…33 中止…17 延期…3 屋内(外)で天文教室…9 勝率….532(33勝29敗)
連勝!貯金がさらに1つ増えて4.

SETI@home 現在の順位 世界…74,821位(/995,918人)国内…2,718位(/26,895人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,117位(/234,703人)国内…251位(/3,438人)

この記事を読んで,「夜空を移動する光点の中に人が(しかも日本人!)がいると思うと何だか不思議で,でも嬉しい気がする」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 今日の太陽(2009-07-26) | トップページ | 今日の太陽(2009-07-27) »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんだか嬉しい:

« 今日の太陽(2009-07-26) | トップページ | 今日の太陽(2009-07-27) »