« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

超新星

  最近,「ベテルギウスが15年間に15%縮小」というニュースがあり,「もうすぐ超新星爆発を起こすのではないか」とか「既に超新星爆発を起こした(地球から約600光年離れているので,爆発を起こしてから観測されるまで600年かかる)のではないか」という憶測をよんだ.しかし,その後,大きなニュースにもなっていないし,専門家からなんらかのコメントがある訳でもないので,大方は「(15%縮小したことが真実だったとしても)すぐにどうということではない」という見方らしい.

  超新星に関して,今度は,宇宙線が超新星爆発に伴う衝撃波によって発生するということが観測によって裏付けられたというニュースがあった.「後漢書」に記録が残る,西暦185年に目撃された超新星の残骸を観測することにより,エネルギーが一定水準以下の宇宙線が超新星爆発に伴う衝撃波に起源することが観測によって裏付けられたということだ.

  ところで・・・

  今日のニュースにも,「超新星・◯◯◯◯(人の名前)云々」というニュースがあった.

  いいのかねぇ.

  超新星というのは星の生涯の最後に起こす大爆発のことだし,爆発が観測されてしばらくは強烈に明るく輝くが,その輝きは数日~数週間程度しか続かない.ということは,「◯◯界の超新星」なんて言うと,「その人が最期に放つ輝きで,しかもあんまり長続きはしない」ってことにならないか?

  生兵法は怪我のもと.

SETI@home 現在の順位 世界…75,125位(/986,051人)国内…2,728位(/26,721人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,454位(/232,522人)国内…258位(/3,412人)

この記事を読んで「天文用語って,言葉のイメージと実態がずいぶんと違うものが多いからねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

今日の太陽(2009-06-27)

  どうも最近疲れがたまっているようで,今日の昼間はゆっくり休養に充てようと思っていたのだけれど...

  朝から快晴とあってはそういう訳にも行かない.やや元気が足りないながらも太陽観察♪
Hαによる太陽像 2009年6月27日
リム上には北西(右上)側に少し大きめなプロミネンスが見える.彩層面にはやっぱり模様が見えないと思ったら,この間まであった活動領域1022と1023は消えてしまったらしい.

  北東側のプロミネンスを拡大撮影してみた.
Hαによる太陽像 2009年6月27日(プロミネンスの部分拡大)
うーん,複雑な形だ.一応ループになっているようにも見えるけれど.

  少し活発になってきたらしい太陽.しかし,最近あんまり派手な様子を見せてくれてない.
  休むつもりを無理したんだから,もうちょっと面白い姿を見せてほしかったなぁ.ねぇ,太陽さん.

 

この記事を読んで,「天気も太陽も,人間の都合なんか考えちゃくれないからねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしても

  昨日(26日)夜は城里町ふれあいの里天文台天文同好会の例会.
  20:00頃は曇っていたので屋内で日食の話や私の公開天文台協会全国大会のみやげ話等で盛り上がった.

  22:00過ぎに例会を打ち上げて外に出てみると.
「結構晴れているじゃないか!」
新しく購入したばかりのカメラで撮影をやってみたいし,他にもいろいろと試したいこともあるし,何よりこの時期の貴重な晴れ間を無駄にするわけには行かないということで急いで帰宅したのだが・・・

  自宅に着いてみれば
2009年6月27日 自宅にて
・・・

  この程度の透明度ではねぇ.
  薄明開始ぎりぎりまで粘ってみたけれど,状況はほとんど変わらず.

  曇りや雨の夜は問題外として,空の透明度の高い夜は雲が多く,快晴の夜は透明度が低い.
  どうしても両方揃ってくれないなぁ...

SETI@home 現在の順位 世界…75,438位(/985,099人)国内…2,745位(/26,700人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,440位(/232,465人)国内…258位(/3,412人)

この記事を読んで「せっかく手に入れたおもちゃをなかなか使えないのは結構ストレスになるかも.でもまぁこの時期だから仕方ないさ」と思った方,こちらをクリックして慰めの投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

プラネタリウム工作教室

  昨日(25日)は水戸市のお隣,ひたちなか市某所でプラネタリウム工作教室.
  今回の教室で作るのは↓コレ.
手作りピンホール式プラネタリウム
2時間ずつ2回の教室で完成させる予定で,第1回の昨日は恒星球(恒星シリンダー?)の型紙に恒星の穴を開ける作業.
  私自身,この作業は2時間半ほどかかったので,子供たちがその作業をやるには2時間では足りないだろうから,「残りは宿題」の予定だった.

  ところが,いざ始まってみると・・・

  もの凄い早さで穴を開けていく子も.穴を開けた型紙を見せてもらうと,

  雑.

「キミ,もっと丁寧にやろうぜ.ここなんか印と穴がずれちゃってるじゃないか」

  地味で地道な作業なので途中で飽きてしまう子が多いんじゃないかと予想していたのだが,フタを開けてみると,ほとんどの子が1時間半くらいで作業を終えてしまった.私は2時間半かかったのに・・・想定外.

  1週間後の次回は台座部分を作り,豆電球をとりつけて完成ということになる.今回の様子を見ると仕上がりは・・・かなり不安(苦笑).

SETI@home 現在の順位 世界…75,350位(/984,697人)国内…2,743位(/26,685人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,440位(/232,465人)国内…258位(/3,412人)

この記事を読んで「でも“みんな途中で飽きちゃう”よりは良かったんじゃない?」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

木星も回る

  一昨日(23日)は『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第23号の発売日.
  今回の部品は
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第23号の部品
・・・歯車が一枚.
でも今回は「あぁ,これだけか」と嘆くだけでもない.
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第23号までの進捗状況
見た目は前回とほとんど変わらないけれど,今回の部品の歯車が加わったことで,木星にも動力が伝わるようになった.
  水星を手で回すと,各惑星がそれぞれの早さで回る.その一番外側をゆっくりゆっくり回る木星の姿に思わず見入ってしまう.
  惑星の運行の様子なんて,天文シミュレーションソフトなどで腐るほど見ているけれど,こうして立体で見ると新鮮な感動を覚える.

  ・・・

  でも,水星を手で回してくるくる回る惑星の姿に見入っている姿って・・・ネクラに見えるよねぇ,やっぱり.

SETI@home 現在の順位 世界…75,329位(/984,555人)国内…2,743位(/26,682人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,471位(/232,402人)国内…260位(/3,412人)

この記事を読んで「平面で見るのと立体で見るのってやっぱり全然印象が違うよねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

今日の太陽(2009-06-24)

  今日も朝は雨.しかし,午後になって晴れ間が広がったので元気に太陽観察♪
Hαによる太陽像 2009年6月24日
  西(右)側のリム上にはちょっとだけ大きめなプロミネンスが見える.彩層面には中央やや南よりに1022と1023という2つの活動領域があるはずなのだが,やっぱり良くわからない.

  やっぱりあんまり見応えないなぁ.せっかくの貴重な晴れ間なのに.

  どうでもいいけど,この季節,太陽観察をしているとめちゃくちゃ暑い!

 

この記事を読んで,「そればっかりは日陰でやる訳にいかないからねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでこうなる!?

  昨日(23日)夕方は市内某所で観望会の予定だった.
  朝は雨で昼前頃から晴れ.予報によれば「夕方まで晴れ」だった.

  ・・・

  こういう予報の時が一番嫌なんだよねぇ.
  その「夕方」ってのが何時までなのかが問題.予定通り外で観望会を実施か,屋内での天文教室にするか.準備の内容も,準備する機材も違ってくるのだが,どちらに転ぶか解らない以上,両方用意するしかない.

  望遠鏡他観望会に使う機材一式と,プラネタリウム他天文教室に使う機材一式を車に積んで出発することに.
  この作業がかなりの重労働なのだが,水戸地方で最高気温が今年最高の31.3℃を記録した暑さの中でその作業をするハメになり,出発する前にすでにクタクタヨレヨレの状態になってしまった.

  観望会開始予定時刻の1時間前.天気は「まばらに曇り」.
「外で観望会を始めて,途中で曇るのが一番嫌なんですよねぇ」
と言いつつ,予定通り外で観望会を実施することになった.

  観望会はまだ明るい時刻にスタート(小学生対象の観望会は終了時刻をあまり遅くする訳に行かないのでどうしてもこういうことになる).幸い,まだ青空のうちに望遠鏡でアークトゥルスを導入することに成功したのでまずそれを見てもらった.全員が見終わるまでには肉眼でも見えるようになり,まだ明るい空の中にポツンと光る星の光を見つけて子供たちも大喜び.

  この後は土星を見てもらう予定だったのだが・・・

  ここで見事に曇りやがった.

  一番嫌なパターンになってしまったということだ.なんでこうなるかなぁ...

  仕方ないので曇った場合の天文教室用に用意していた話をし,最後には恒例の質問コーナー.
  幸い,子供たちにも引率の先生方にも楽しんでいただけたようで,
「とっても楽しかったです.また機会があればお願いします」
とのこと.まぁ最低限の仕事はできたということかな.

 

こういうパターンの天気は勘弁してほしいんだけどねぇ...

今年の観望会 予定…48 実施…26 中止…15 延期…2 屋内(外)で天文教室…5 勝率….542(26勝22敗)
一応“星”は見たので昨日は“実施”ということで連敗は3でストップ.貯金が1つ増えて4.

SETI@home 現在の順位 世界…75,307位(/984,190人)国内…2,741位(/26,670人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,473位(/232,305人)国内…260位(/3,410人)

この記事を読んで「昨日は気温も含めて天気にいじめられっぱなしだったねぇ」と思った方,こちらをクリックして慰めの投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

今日の太陽(2009-06-23)

  今日朝は雨.その雨はすぐにあがったが,午前中は曇り.昼頃になって晴れ間が広がった.
  今日の夕方には観望会の予定があり,その準備が忙しいので
「なんでこういう日に限って晴れるかなぁ」
と文句を言いつつも,せっかく晴れたのに勿体ないので太陽観察♪
Hαによる太陽像 2009年6月23日
・・・
地味.
  リム上には小さな小さなプロミネンスがいくつか見えるだけ.彩層面は・・・中央付近に活動領域1022があるはずなんだけど,イマイチ解らない.
  忙しい時に限って晴れ.でもその晴れ間が勿体ないので無理して観察をしたのに,あんまり見応えなし.

  やっぱり世の中うまくいかないらしい.

  上の写真を撮った後,日食観望会に使う機材のテストを一つ.他に2,3テストしたいこともあったのだけれど,観望会の準備で忙しいので見送り.

  観望会がなくて時間に余裕のある時に晴れてくれないもんかねぇ...

この記事を読んで,「相変わらず天気にいじめられてるねぇ」と思った方,こちらをクリックして同情の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使いこなせれば

  昨日(22日)は某所のプラネタリウム施設へ.その施設で天文教室を行う予定があるのでその下見という訳だ.
  まず「オート番組」を見せてもらったけど・・・
  正直な感想「つまらない」.

  こういう施設では非常にありがちなパターンだが,「使いこなせる人がいないのであまり活用できていない」のだとか.
  ここに設置されているのはデジタルプラネタリウム,その中でも単純な構造のもので,平たく言えば液晶プロジェクターの先端に魚眼レンズが取り付けられていて,それがPCに繋がっている.デジタルプラネタリウムは,星像は光学式プラネタリウムに遠く及ばないが,自由度が非常に高い.操作方法を教えてもらった(役得!)のでいろいろいじらせてもらった.
  一ヶ月後に迫った日食,2012年の金環日食,2035年の皆既日食の再現.
  任意の日付の星空の再現(私が生まれた日の星空を再現してみた.実は19◯◯年の6月22日!)
  ジュリアス・シーザーの時代(紀元前44年)の星空の再現(シェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」第3幕でシーザーは北極星を指差し,「俺はあの星のように揺るがないのだ」と言ったが,その当時北極星は天の北極からずいぶん離れていて,大きく日周運動をしていた.シーザーはその台詞の直後「ブルータス,お前もか!」と殺されてしまう.余計なこと言わなきゃ良かったのに(笑)).
  時間を思いっきり早く推め,歳差運動を眺めてみる.西暦1万4000年頃はこと座のベガが北極星に!

  なぁんだ,いろいろできるじゃないか!

  これだけでも結構面白いことができると思ったが,構造が単純なだけに,コイツにPCを繋げればもっといろいろできるに違いない.係の方にお願いして持参したノートPCを繋がせてもらった.
  いつも天文教室で使っている Mitaka Plus の画面がドームに写されるとド迫力.赤青メガネを用意して立体映像にしたらめちゃくちゃ面白そうだ.
  Stellarium も試してみた.このソフト,実際にドームスクリーンに投影することも想定されているので,コイツを使えばまんまプラネタリウムだ.投影機本体にデフォルトでインストールされているソフトよりずっと自由度が高く,面白いことができる.
  さらに「こりゃ面白い!」と思ったのが,
2009年1月3日 城里町ふれあいの里天文台にて
いつもここに掲載している全天の写真をドームスクリーンに写せばまんま全天の再現になる.
さらに,
全天の日周運動 2008年12月20日 自宅にて
この写真を作る時に使った約1000コマの連続画像を,比較明合成ではなくて動画にしたものを使うと,

実写版プラネタリウム!

  コイツは面白い.私自身だって初めて見る映像だぞ.

  いろいろなネタを用意しておき,この投影機を十分に使いこなせるようにしておけば,相当面白い講座ができそうだ.

SETI@home 現在の順位 世界…75,307位(/984,190人)国内…2,741位(/26,670人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,474位(/232,112人)国内…259位(/3,410人)

この記事を読んで「それだけ使える機械があまり活用されていないなんてなんと勿体ない!」と思った方,「“実写版プラネタリウム”を見てみたい!」と思った方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

安全に日食観察を

  日食まであと1ヶ月となった.
  当日行う「日食観望会」で安全に観察を行うためにいろいろと知恵を絞った.中でも赤外線対策が厄介で,手持ちのものを流用してなんとか安全に観察できないかとあれやこれや実験を繰り替えしたのだが,なかなか安全を確認できなかった.

  バーダープラネタリウム社の「アストロ・ソーラー」太陽フィルターシートは“光学的”には安全なのだが・・・
  コイツは文字通り薄いシート.普通に使う分には安全なのだが,大勢集まる観望会では,子供が
「何これ~」
なんて言って指で“プス”なんてやってしまったらそれでアウトだ.赤外線だけでなく可視光もこれで減光しているので,穴が開いた瞬間に誰かが望遠鏡をのぞいていたら失明確実である.こりゃ危なくて使えない.

  いろいろ悩んだ挙句,もうあきらめて「赤外線カットフィルター」を購入することにした.「赤外線カットフィルター」にもいろいろあるもので,ネットで方々を探し,透過率曲線を調べ(透過率曲線の情報がないものは選考対象から除外),もっとも安全と思われるものを注文した.紫外線~可視光は撮影用のフィルターで,赤外線は「赤外線カットフィルター」で遮断してやろうというわけだ.これが結構高価だったが,安全性には替えられないので仕方ない.
  その「赤外線カットフィルター」は土曜日(20日)に手元に届いた.そして,ほぼ時を同じくして,前述の「アストロ・ソーラー」フィルターを安全に使う方法を思いついてしまった.

  あぁ,ちょっと遅かった・・・(泣)

  1ヶ月後の日食,できるだけたくさんの人に見てもらいたいけど,「生兵法は怪我のもと」.昔から言われている方法だとか,ずっと眠っていた「太陽めがね」,撮影用のNDフィルター等で観察しようとせず,新たに「日食めがね」や「太陽めがね」を購入することをおすすめする(古いものは赤外線対策がされていないものがあるので注意!).
  太陽の観察には危険がつきもの.「安全」と言われる道具を使っても「100%安全」というものはないと思って間違いないので,長時間続けて見ないことも重要.

  せっかくの天文ショー.安全には十二分に注意して,多くの方に楽しんでいただきたい.

  もっとも安全なのは,各地で行われる「日食観望会」に参加すること.水戸市では水戸芸術館前広場で行う予定なのでお近くの方はぜひどうぞ.

SETI@home 現在の順位 世界…75,302位(/983,671人)国内…2,742位(/26,655人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,510位(/232,112人)国内…259位(/3,409人)

この記事を読んで「せっかくの天文ショーで目を痛めてしまってはしょうがないからねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

ちょっとだけ

  昨日(20日),昼間はほとんど曇り.その雲の合間をぬって日食観望会に向けてのいくつかの実験をしたが,太陽望遠鏡を持ち出して太陽観察ができるほど晴れ間が続くことがなかった.夕方になってちらほら星が見えたりもしたものの,やっぱり晴れ間は長続きせず.
  「こりゃ今晩もダメだね」
  すっかり油断していたのだが,日付が変わって今日の01:00頃に窓から外を見上げてみると
「ん!?晴れているのか!」
慌てて外に飛び出してみたが,
2009年6月21日 自宅にて
快晴ではなかった.でも,このところ雨が多かったせいか,雲間に見える空の透明度はなかなか良い.

  「晴れない晴れない」とボヤいているうちに見える星座もずいぶんと変わったねぇ.頭の真上に夏の大三角形が見えるようになったし,東の空には・・・「おぉ!もうペガススも見えるのか!」雲間にはカシオペア座も.秋の星座って何となく好き.

「もう少し晴れ間が広がったら何か撮れるかも」
なんて期待していたのだが,結局は上の写真を撮った時が一番良い天気だった時らしい.すぐにベタ曇りになり,明け方は激しい雨だった.

  ちょっとだけの晴れ間,星を眺められたのもちょっとだけだったけど,やっぱり星を見られるのって幸せだなぁ...

SETI@home 現在の順位 世界…75,255位(/983,197人)国内…2,741位(/26,636人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,527位(/232,011人)国内…260位(/3,405人)

この記事を読んで「好きなものに久々に触れた時,改めてそれが好きだと実感できるのかも」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

2勝9敗

  昨日(19日)は月2回企画している「定期観望会」.
  2週間前
うまいこと「梅雨の中休み」に当たってくれれば最高の星空をおがめるんだけどねぇ.
なんてことを書いたのだが,世の中そううまく行ってくれるものではなく...

  ベタ曇りのため中止.

  これで今年に入ってから「定期観望会」は2勝9敗(1回は実施したものの参加者0のため“ノーゲーム”)で勝率は1割8分2厘.

  次回は7月3日.それまでに梅雨は・・・明けてくれないよね.やっぱり.

  ...ってこれだけではつまらないので...

  先日の日本公開天文台協会全国大会の折,日食観察の道具として「アルミホイル等の芯を利用したピンホール式の観察器」が紹介された.それを見た瞬間,
「でっかいのを作ってみよう」
ということを思いつき,先日,最近オープンしたばかりのホームセンターに行き,↓こんなものを買ってきた.
ボイド管
内径150mm,長さ2m(左)と内径120mm,長さ1mのボイド管(先端にテスト用にピンホールを開けた工作用紙が貼ってある).アルミホイルの芯でやるやり方をまんま大きくしただけで,大きくしたことに別段意味があるわけじゃなく,「大きければいいってもんじゃ」という気もするけれど.

  でもなんとなく大きい方が面白いような気がするでしょ?

今年の観望会 予定…47 実施…25 中止…15 延期…2 屋内(外)で天文教室…5 勝率….532(25勝22敗)
これで3連敗.貯金がさらに1つ減って5.

SETI@home 現在の順位 世界…75,192位(/982,710人)国内…2,739位(/26,623人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,534位(/231,897人)国内…260位(/3,404人)

この記事を読んで「アンタって良くも悪くも思考回路が単純だよねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

晴れない

  梅雨の時期にこんなことを嘆いてみてもはじまらないし,梅雨の時期に晴れる日が多かったりすると真夏に水不足になったりするのであまり勝手なことを考えているわけにも行かないのだが...

  昨年までと大きく違うのは
「昼間も晴れないのが気になる」
こと.昨年までは昼間が晴れていようと曇っていようとぜ~んぜん気にならなかったのだが,今年は昼間も晴れてくれないとストレスがたまる.
  太陽望遠鏡を手に入れたのが今年の冬.それ以来,太陽観察が毎日の楽しみになっている.その太陽もずっとおとなしかったのが最近活発になりつつある状況で,これまで以上に観察を楽しみにしているのに,この天気では...

  さらに,来月の22日には日食がある.当日は観望会を行う予定で,いろいろな準備をしている最中(安全対策のためにいろいろアイディアを練ったが「これ!」というものがどうしても思いつかず,やや高額なものを購入するハメになった.なんとなく敗北感があったりするのだが,安全には替えられないよねぇ...もっと問題なのは・・・これで当日曇ったらどうしよう・・・).さらに,安全に日食を観察する「面白い道具」(これは先日の日本公開天文台協会総会の最中に思いついたものだ)を作ってやろうと,先日ホームセンターで材料を揃えてきたばかり.早速製作して試してやりたいけれど,肝心の太陽が出ていないのでは...

  日食当日の観望会では「安全で面白い道具」をいろいろ並べてみたい.そのアイディアはいくつかあるのだが,実際に試せるのはもちろん晴れている時のみ(欠けた太陽では実験できないので,そういう意味ではぶっつけ本番!).その貴重な晴れ間を逃さないように,曇っている間にアイディアをしっかり練っておかなきゃ.

SETI@home 現在の順位 世界…75,851位(/981,989人)国内…2,753位(/26,607人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,517位(/231,746人)国内…259位(/3,402人)

この記事を読んで「相手がお天気だと何かと苦労が絶えないねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

復調傾向

  いや最近4連勝!な楽◯ゴールデンイーグルスの話ではない.

  ここ1月ほどの間,太陽に活動領域がやや頻繁に現れるようになってきた.
「もしかして活動が活発になりつつあるのか?」
と思っていたが,これは私の印象だけではないらしい.

  ここ数ヶ月で黒点が現れる頻度が増し,赤道に向かうプラズマの流れが強くなり,わずかながらではあるものの,電波放射の強度も上がっているとのことだ.

  2007年の時点で,専門家の間の予想では活動の「底」になるのは2008年の3月,極大となるのは2011年ないし2012年と予想されていた.ところが,2009年になってもまだ極小期が続き,これまで記録的な「静けさ」を保ってきた.それがここへきて活動度が上がり,アメリカ海洋大気庁などの専門家による委員会では「次の極大は2013年5月」という予想を発表した.

  日食まで後約1ヶ月.ぎりぎりのタイミングで太陽の活動度が上がり始めた.太陽表面の黒点が見えた方が時間変化を実感できて面白いのだが,さて当日はどうなるだろう?
  2012年には水戸でも金環日食が見られる.その時には極大期近くなっているわけで,面白い日食が見られるはずだ.楽しみ楽しみ・・・

SETI@home 現在の順位 世界…75,831位(/981,757人)国内…2,753位(/26,603人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,535位(/231,622人)国内…260位(/3,400人)

この記事を読んで「いずれにしても晴れてくれないことにはねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

つまらない

  昨日(16日)は『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第22号の発売日.
  今回の部品は
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第22号の部品
ギアカラー,ギアスピンドル,歯車一枚,プラスチックワッシャーが2枚,ネジが2種類計8本.4号ないし5号に一度ある「つまらない号」.
  そのうち,歯車とプラスチックワッシャー2枚,十字穴ネジ6本を使うのは次号以降.
  残りを本体に組み込んで
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第22号までの進捗状況
例によって今回の部品は余分に買ってあった第5号の部品を流用して既に組み込んであったので,今号の部品が増えたからと言って何も変わらない.
  う゛ぅ...つまらない.来週が待ち遠しいぞ.ま,遅々とした歩みもいつしか大きな進歩になるものさ.

SETI@home 現在の順位 世界…76,536位(/981,131人)国内…2,775位(/26,595人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,583位(/231,491人)国内…262位(/3,398人)

この記事を読んで「仕方ないと解っていても,一週間まってほとんど変わらないってのはストレスがたまりそうだねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

ベテルギウス

  最近,「ベテルギウスが15年間で15%縮小」というニュースが(一部で)発表され,このブログにも「ベテルギウス」というキーワードでの検索でたどり着く方が多く,ここ数日アクセス数が急増している.
  この話題に関しては,私自身「良く解らないので触れたくない」というのが正直なところなのだが,これだけたくさんの方が興味を持ってこのブログを見て下さっているので,とりあえず私の見解も記しておこうと思う.

  もしこれが特異な現象であり,ベテルギウスに特筆すべき異変が起きている証拠だとすれば大ニュースになるはずなのだが,今のところ,天文に関するニュースサイトでもこのニュースは見かけないし,業界でも全然話題に登らない.
  ということはつまり,専門的な知識を持った方々の多くはこれが「特異な現象」であることに懐疑的な見方をしているということなのだと思う.

  そもそも,ベテルギウスは膨張・縮小を繰り返す脈動変光星である.その周期は5.8年だから15年間縮小を続けたというのは異様ともとれるが,もっと長い周期での変動(太陽でも11年周期(磁場の変化も考慮すれば22年周期)の他,数十年から数百年という長い周期での変動も指摘されている)を観測しただけで,別段「特異な現象」ではないのかもしれないのだ.

  ちなみに,肉眼以外での観測ができるようになってから,近距離で観測された超新星は1987年に大マゼラン星雲で発見されたSN 1987Aのみ(カミオカンデでこの超新星爆発によるニュートリノを捉えることに成功,小柴先生のノーベル賞受賞につながっていくことになった)で,我が銀河系内での超新星はまだ観測されていない.
  SN 1987A は,超新星爆発を起こす直前は太陽質量の20倍程度の青色超巨星であったことがわかっている.SN 1987A は赤色超巨星→青色超巨星という過程をたどって超新星爆発となったらしい.ベテルギウスが超新星爆発を起こす時に同じ過程とたどるのだとすれば(質量が同程度であることからその可能性は高いと思う),ベテルギウスはまだ赤色超巨星なのだから,今回の縮小が「特異な現象」だったとしても,超新星爆発はまだ先ということになる.

  この記事の冒頭に書いたとおり,ベテルギウスが(人間の時間スケールで)近いうちに超新星爆発を起こすのかどうかという点については「全く解らない」とい うのが正直なところだ.多くの専門家も「まだまだ先」という見解だろうし,私もどちらかと言えばその見解に賛成で,「生きているうちにベテルギウスの超新 星爆発を見られる可能性は限りなく0に近い」と思っている.その一方で,「天文学的な時間スケール」であればベテルギウスの超新星爆発は「もうすぐ」なわけで,その「もうすぐ」が私が生きているうちにやってきて欲しいという淡い期待も持っている.

  「たった一枚買った宝くじが1等に当たる」くらいの期待を持っているのが丁度いいのではないだろうか.

SETI@home 現在の順位 世界…76,441位(/980,620人)国内…2,774位(/26,591人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,591位(/231,350人)国内…263位(/3,394人)

「でもやっぱりこういうニュースを見るとちょっと期待しちゃうよねぇ」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

雷のあと

  昨日(14日)昼間は晴れて久々に太陽観察ができたわけだが,夕方は雷雨.

  ・・・

  この季節,このパターンなので雷雨の後の「澄み切った星空」を期待していたのだが・・・
  結局快晴にはならず,雲間から時折月が見えているだけだった.

  せっかくこういう時に月を撮るのにちょうどいい望遠鏡を手に入れたのでその月を一枚.
月齢21.1 2009年6月15日
時々雲に隠され,ピントの追い込みがままならない状況だったのでやや(かなり?)ピンボケ.“クリックで拡大”は恥ずかしいのでヤメ.
  まだこの望遠鏡でのピント合わせのコツがイマイチつかめていない.日食までにはなんとかしておかなくちゃ.

SETI@home 現在の順位 世界…76,385位(/980,102人)国内…2,771位(/26,582人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,613位(/231,214人)国内…263位(/3,394人)

この記事を読んで,「新しい道具を使いこなすためにもとりあえず晴れてくれなくちゃねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

今日の太陽(2009-06-14)

  ここのところ,天気が悪かったり鳥取に行っていたりでご無沙汰になってしまっていたが,今日は昼前から晴れて久々に太陽観察♪
Hαによる太陽像 2009年6月14日
  ご無沙汰しているうちに現れていた活動領域1020は既に西のリム近くに行ってしまっている.しかし,その丁度反対側にも活動領域らしい明るい領域が現れている.左上のリム上にはなかなか大きなプロミネンスが見えるが,これは大きい割には淡くて見づらく,拡大撮影を試みたがうまく写ってくれなかった.

  最近,頻繁に活動領域が現れるようになってきた.ようやく活発になりつつあるのだろうか.

 

この記事を読んで,「梅雨の頃になって活動が活発になってくるなんてタイミング悪いねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「エンデバー」打ち上げ延期

  スペースシャトル「エンデバー」は日本時間昨日(13日)夜打ち上げ予定だったが,燃料の水素ガスが燃料タンクに注入中の漏れているのが見つかり,打ち上げが延期された.
  今回のミッション(STS-127)ではISSの日本実験棟「きぼう」の最後の構成部分を打ち上げ,帰りには長期滞在中の若田さんを乗せて帰還するはずだった.
  「エンデバー」打ち上げは20日までは延期できるが,それまでに打ち上げができない場合は7月以降になる.

  若田さんのブログ「若田光一 宇宙ブログ」ではまだ何も語られていないが,ISS滞在中の若田さん,どういう心境なのだろう?「いつ帰れるのかわからないので不安」なのか「少しでも宇宙で暮らせる時間が伸びて嬉しい」のか.現在,ISSには緊急帰還用のソユーズ宇宙船がドッキングしているらしいので,「帰れなくなってしまうのではないか」なんてことを不安に思うことはないのだろうけど.でも私だったら嫌だなぁ.こんなことで不安を募らせてしまうようでは宇宙飛行士にはなれないのだろうが.

SETI@home 現在の順位 世界…76,355位(/979,563人)国内…2,772位(/26,577人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,616位(/231,079人)国内…263位(/3,393人)

この記事を読んで「普通なら,国内旅行だって“飛行機が遅れた”とか言われると不安になっちゃうよねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

木星登場

  『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第21号の発売は日本公開天文台協会(JAPOS)第4回全国大会参加のために鳥取に行っていた9日.11日に帰ってきて早速書店に買いに行った.
  今回の部品は
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第21号の部品
木星が登場!そして木星の衛星(ガリレオ衛星)と木星のアーム.遂に大型ガス惑星の登場だ.
  例によって余分に買ってあった第5号の部品を流用して本体に組み込み.
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第21号までの進捗状況
まだ動力を伝達する歯車がないので空回りする状態だけど,大きな惑星が加わったことでなんかこう,「重厚感」のようなものがある.
  う~ん,いい感じだ.

  ところで,先日の日本公開天文台協会(JAPOS)第4回全国大会ではこんなものが紹介されていた.
JAPOS第4回全国大会で紹介されていた太陽系模型
火星までの内惑星と木星以遠の外惑星に分割されてはいるけれど,手作りによる太陽系模型(火星の軌道はちゃんと偏心している!).
  いや~,してやられた!
  私もいつか作ってみたいと思っていたのだ.

  しかし実は,これを設計した(作ったのは子供だそうだ)人は私が「こんな人になりたい」と憧れた人.この人に出会うことがなければ私の自作プラネタリウムもなかっただろう.う~ん,さすがだ!
  しかし実物を見てしまうと作りたくなるのが人情というもので.
  私は分割しないものを作るしかない・・・かも!?

SETI@home 現在の順位 世界…76,355位(/979,563人)国内…2,772位(/26,577人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,647位(/230,957人)国内…263位(/3,393人)

この記事を読んで「太陽系模型を自分で設計しちゃうなんて,凄い人っているもんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

「かぐや」月に帰る

  日本の月周回衛星「かぐや」は昨日(11日)午前03:25頃,月のギル・クレーター付近,ほぼ予定通りの位置に衝突し,その任務を終えた.

  その時刻,私は夜行バスの中,しかも雨でその瞬間に立ち会うことはできなかったが,国内外で多数の望遠鏡がその位置に向けられて衝突の瞬間をとらえるべく観測が行われた.
  現在までで国内で観測に成功したという報告はないが,アングロ・オーストラリア望遠鏡では赤外線で観測に成功(英語,リンク切れになる可能性あり)したとのことだ.
  宇宙航空研究開発機構の佐々木進プロジェクトマネジャーは記者会見で「落下したときはほっとしたが,開発から運用まで長い時間過ごしてきたので,ぽっかり心に穴が開いたような寂しさがある」としみじみと語った.

  その気持ち,解るような解らないような・・・
  祭りが終わった時に襲ってくるあの寂しさ.一生懸命取り組んできたことが終了した時に充実感と共にやってくる寂しさ.日常生活の中で重要な部分を占めていたことがある日を境になくなった時の虚無感.解るなぁ.
  一方,私が経験したそういうことはずっとずっと小さなことだ.「かぐや」のプロジェクトほど大きなもの後にやってくる寂しさとはどういうものなのか・・・想像もつかない.

  しかし,月に帰った「かぐや」が残してくれた大いなる遺産,膨大なデータの解析はまだまだこれからだ.そこからどのような事実が浮かび上がってくるのか,まだまだ楽しみは尽きない.

SETI@home 現在の順位 世界…76,315位(/978,329人)国内…2,768位(/26,559人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,677位(/230,861人)国内…264位(/3,393人)

この記事を読んで「一生懸命取り組んできたことが終わった時っていうのは寂しいものだよねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月11日 (木)

日本公開天文台協会第4回全国大会

  月曜日(8日)から昨日まで鳥取県のさじアストロパークで行われていた,日本公開天文台協会(JAPOS)第4回全国大会参加から今朝帰ってきた.今回もまた,活発な議論や面白い発表などで(もちろん懇親会も)「長くて短い」3日間だった.

  会場のさじアストロパーク(佐治天文台)はこんなところ.
佐治天文台
この中の会議室で様々な発表と活発な議論が行われた.
JAPOS第4回全国大会での発表の様子
もちろん,夜には懇親会.
懇親会
ちなみに,このJAPOSカルトクイズ,私は見事優勝!商品として,「大人の科学」第9号「ピンホール式プラネタリウム」をもらった・・・

  会期中はあいにく1晩も晴れることなく,ご本尊の103cm反射望遠鏡は眺めるだけだった
佐治天文台103cm反射望遠鏡
やっぱり大きな望遠鏡があるっていうのは羨ましいなぁ.

  最終日,閉会間際のセッションでは7月22日の日食について主に「安全に観望会を行うために」という点で活発な話し合いがなされた.問題は赤外線対策をどうするのか.
  ちなみに,
   黒い下敷き
   そうそくのすすをつけたガラス板
   カメラ用の減光フィルター
   感光させたフィルム
  はすべて×.赤外線はほぼ素通しなので目を痛める可能性がある.日食が起こる時には必ず失明してしまう人がでるのだとか.
  そんな中,こんなアイディアが.
「水を通せばいいじゃん」

  なあるほど.水は赤外線を効率よく吸収してくれる.だからこそ,赤外線で観測する望遠鏡は水蒸気の少ない山の上に設置するわけで.

  いずれにせよ,太陽の観察には危険がつきまとうので,ここでこれをお読みの方にお願い.

  日食の観察は,十分に知識のある人の立会いのもと,慎重に行ってください.できれば直接見ることを極力避け,ピンホールなどで投影して間接的に見る方法をおすすめします.直接見る場合,「十分に安全」と思われる方法であっても長い時間見続けることはしないでください(「100%安全な方法」というのはないと思っておいて間違いないでしょう).

  ということで,今回の全国大会は最後に大きく盛り上がって終了.

  終了後,「せっかく鳥取まで来たのだから鳥取砂丘くらいは見て帰らないとね」ということで鳥取砂丘へ.
鳥取砂丘
ところが,ここで大雨.ずぶ濡れになってしまった...

  その後,JRで京都まで行き,京都発の夜行バスで今朝水戸に帰ってきてみれば,関東は梅雨入りしたとか.

  やっぱり私は雨男らしい.

SETI@home 現在の順位 世界…76,234位(/977,698人)国内…2,765位(/26,548人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,673位(/230,758人)国内…265位(/3,392人)

この記事を読んで「アンタが天気に恵まれないのは星を見る時だけじゃないんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

京都駅より

  日本公開天文台協会(JAPOS)第4回全国大会参加のため,昨晩(7日夜)21:10水戸発の夜行バスに乗車.
  JAPOS全国大会に参加する時には度々交通のトラブルに遭っているが今回はここまで何のトラブルもなく順調.
 あまりに順調すぎて,予定より30分早く06:00に京都駅に到着.
 ここから会場の鳥取に向かうバスの発車は08:30.

 う゛ぅ・・・早すぎだってば.やっぱり思い通りには行ってくれないらしい.

 昨晩,水戸からのバスの車窓から見えていた明るい月が印象的だった.帰り,ここから水戸行きのバスに乗っている最中に「かぐや」が月面に衝突する.肉眼で見えるわけないのだが,(もし見えれば)その時刻には車窓から衝突の様子を想像しながら月を眺めることにするか・・・

この記事を読んで「帰り道,せめて晴れてくれるといいねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

鳥取へ!

  明日(8日)から日本公開天文台協会第4回全国大会.

  今年の会場は鳥取県はさじアストロパークということで,今日の夜出発,夜行を含む高速バスを乗り継いで,明日の昼頃会場到着の予定.
  天文台協会の全国大会には,前身の「天体観測施設の会」の頃から毎年参加していて,今年で8回めの参加となるけれど...
  富山が会場だった時は,帰り道,関越自動車が事故で通行止め.
  仙台が会場だった時には,自家用車で参加したが帰り道が大雨.磐越自動車道は制限速度が50km/h.
  岡山が会場だった一昨年は往路,大阪近辺で踏切事故&沿線火災で列車ダイヤに大幅な乱れ.
  熊本が会場だった昨年・・・結局トラブルはなかったものの,途中のあちこちで大雨.たどり着けるのか心配だった.

  そして今回は...4月末に痛めた腰が片道合計14時間のバスに耐えられるのか不安.

  ま,でも毎度毎度たくさんのアイディアとエネルギーをもらってくるこの大会,さて今年はどんなドラマがあるのかめっちゃくちゃ楽しみ♪

  行って来ま~す!

   いつも読んで下さっている方へ.
↑ということで,11日まで更新ができないかもしれません.ご容赦ください.

SETI@home 現在の順位 世界…76,668位(/975,729人)国内…2,777位(/26,497人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,664位(/230,311人)国内…264位(/3,384人)

この記事を読んで「いずれにしてもしっかり勉強してこいよ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

2勝8敗

  どうにかならないものか・・・

  月2回企画している「定期観望会」.
  5月末までの戦績は2勝7敗(1回は晴れて「実施」だったが参加者が0ということで“ノーゲーム”).

  そして昨日がその「定期観望会」の日だったのだが・・・雨で中止.これで2勝8敗.

  次回は2週間後の19日.梅雨真っ只中じゃないか・・・期待は薄いかも.
  うまいこと「梅雨の中休み」に当たってくれれば最高の星空をおがめるんだけどねぇ.

今年の観望会 予定…46 実施…25 中止…14 延期…2 屋内(外)で天文教室…5 勝率….543(25勝21敗)
連敗.貯金がさらに1つ減って4.

SETI@home 現在の順位 世界…76,604位(/975,112人)国内…2,776位(/26,487人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,669位(/230,221人)国内…264位(/3,383人)

この記事を読んで「相手が天気じゃ手も足も出せないからねぇ」と思った方,こちらをクリックして同情の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

楽しみにしていたことが

  7月22日はトカラ列島などで皆既日食.数年前から
「絶対見にいくぞ!」
と張り切っていたけれど,昨年になって
「観望会をやらずに自分だけ見に行くわけにも行くまい」
ということで断念.

  まぁこれは立場上仕方ないとして・・・

  11日午前3時30分ころ,「かぐや」が月面に落下する.JAXAは「かぐや」が落下する際には地球から見て「こちら側」に落下させる予定という話は昨年聞いて知っていたので,
「そいつは絶対見たい!」
と楽しみにしていたのだが・・・

  日本公開天文台協会全国大会に出席のため,7日夜水戸出発で鳥取へ.帰ってくるのは11日朝.「かぐや」が月面に落下する午前3時30分頃は夜行バスの中.

  あぁ,絶対見られないじゃん.

  5月21日のJAXAの発表では落下予測時刻は変更の可能性があるとのことだったが,現時点までに変更の情報はなし.直前になってもうちょっと先に変更・・・なんてことはないんだろうねぇ,やっぱり.

  私もよくよく運のない男だ・・・(知る人ぞ知る)

SETI@home 現在の順位 世界…76,557位(/974,439人)国内…2,775位(/26,478人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,717位(/230,124人)国内…265位(/3,382人)

この記事を読んで「ホントあんたが期待することって思い通りにならないよねぇ」と思った方,こちらをクリックして励ましの投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

ちょっと嬉しい

  2日発売の『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第20号.今回の部品は
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第20号の部品
木星の基部,車軸ギア,歯車,ネジ計3本.

これらを組み合わせ,本体に組み込んで↓
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第20号までの進捗状況
写真ではわかりづらいが,ケレスの歯車セットの下に木星の基部を取り付けた.
  微々たる進歩ではあるけれど,かみ合う歯車の数が増えるとなんだかちょっと嬉しい.水星を持って手で回し,一番外側(写真手前)に上限に並ぶギアが下に行くほどゆっくり回っているのを眺めて悦に入ってみたり...やっぱりネクラだ...

  来週発売の次号では遂に木星が登場!

SETI@home 現在の順位 世界…76,460位(/973,685人)国内…2,772位(/26,466人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,717位(/230,000人 ちょうど23万人!)国内…265位(/3,379人)

この記事を読んで「連動して動くたくさんの歯車を眺めていると結構飽きないかも」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

新たなる悩み

  昨日(2日)夕方は晴れ.しかし透明度は悪く,天気予報でも「夜遅くは曇り」だった.
「昨日撮った画像を早く仕上げなきゃ」
と思いつつも曇ってしまうと勿体ない.せっかく手に入れた新しいおもちゃ(BORGの77ED)を持ち出して月を撮影.
月齢8.9 2009年6月2日
(クリックで拡大,500 × 500 pixel,48kb)
さっと持ち出せてさっと撮れ,そしてそこそこ良い写り.そうそう,こういう望遠鏡が欲しかったんだ♪

  「やれることの幅がグンと広がった」のはとってもいいんだけど,欲張って全部やろうとすると時間が足りなくなるのが新たなる悩み.贅沢な悩みだけど.まぁもう少しするとどうせ「晴れない晴れない」とボヤき続けることになるんだし...

SETI@home 現在の順位 世界…76,456位(/973,672人)国内…2,772位(/26,466人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,730位(/229,908人)国内…266位(/3,378人)

この記事を読んで,「暇をもてあますより忙しい方が幸せだよ.アンタみたいにやりたいことがいっぱいで忙しいならなおさらだ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の太陽(2009-06-02)

  ・・・

  昨日(2日)書くはずだった記事を書けたのは日付が変わって今日の00:00過ぎ.そしてこの記事も一日遅れ.「今さら」という気がしないでもないが,これはこれで記録という意味もあるので.
Hαによる太陽像 2009年6月2日
  リム上には北東と南東に大きめなプロミネンスが一つずつ.彩層面には明るい領域が見える.この領域はちゃんと活動領域になり,1019という活動領域番号がふられている.

  まずはその活動領域1019の拡大画像.
Hαによる太陽像(活動領域1018の部分拡大) 2009年6月2日
なかなかしっかりした活動領域のようだ.東側にははっきりとした黒い点が見える.これが短いダークフィラメントなのか黒点なのかは可視光で撮ってみないとわからない(未だ可視光で撮影する環境が整っていない.もう一息なんだけど).

  そして北東側のプロミネンスも拡大撮影.
Hαによる太陽像(プロミネンスの拡大) 2009年6月2日
やっぱりなんだか炎のようだ(プロミネンスは紅炎と訳されるが,実際は炎とは物理が全然違う).

  南東側のプロミネンスも拡大撮影したのだけれど,エラーで記録できず.面白そうだっただけに残念!

  最近,活動領域が現れる頻度が高いようだ.活動度が上がってきたと考えるにはまだ早いと思うが,是非そうあってほしい.

  日食まで後1月半.日食の時には活発な太陽になってくれているといいんだけど.

 

この記事を読んで,「この調子で(太陽が)活発になってくれるといいねぇ」と思った方,こちらをクリックして(太陽への)応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファーストライト!

  あぁぁ...もうこんな時刻だ...日付が変わってしまったじゃないか.

  昨日・・・じゃなくて一昨日(1日)は昼間に雷雨.一時は激しく降った.おかげでいつも天体写真を撮っている場所は水浸し.
  しかも夕方は晴れていたものの,夜半頃まで「快晴」にはならなかった.

  ・・・

  絶好のファーストライト日和!
  とりあえず晴れてはいるが,じっくり腰を据えて撮影できる条件が揃っていない.こういう夜こそ,試し撮りには絶好!というわけだ.

  まずは,日食用に購入したBORGの77ED.
  実はずっと「気楽に月を撮れる望遠鏡」が欲しかった.時々,200mm望遠レンズ+2倍テレコンバーターで月を撮っていたが,これだとちょっと小さすぎ.しかもテレコンバーターの性能がイマイチなのであんまり綺麗に撮れない.かと言ってR200SSを持ち出すのは面倒くさい.
  で,「日食を撮る」ということをきっかけに,遂に購入に踏み切った(つまり,日食用と言いつつ,日食を撮るというのはただの口実)というわけだ.
  早速月で77EDのファーストライト.
月齢8.0 2009年6月1日
(クリックで拡大,500 × 500 pixel,31kb)
ちょっと露光オーバーが残念だが,なかなかいい感じ.“口径命!”な私はあんまり屈折望遠鏡に興味はなかったりもするのだが,月や惑星を撮る時にはこの像質の良さは捨てがたい.

  夜半を過ぎてようやく快晴になったが,昨晩の空はこんな感じ.
2009年6月2日 自宅にて
透明度は・・・あんまり嘆くほど悪くもないが,さりとて良くもない.

  まぁファーストライトだしということで撮影を決行,実はこちらが本命.
北アメリカ星雲
(クリックで拡大,600 × 913 pixel,372kb)
遂に念願だった天体用改造デジタル一眼レフを購入していたのだった.それが26日に手元に届き,その後は

私が新しい機材を手に入れたあとはなかなか晴れない

というジンクスのために日々悶々と過ごしていたのだった.
  上の画像,昨晩の透明度がイマイチな空の下,200mm望遠レンズと共にポタ赤に載せてノータッチガイドで撮影したもので,1分露光×10フレーム,30秒露光×20フレーム.ダークフレームもフラットフレームもなしといういい加減な撮影だったが,結構良く写ってくれた・・・のはいいんだけど,最近のデジタル一眼は画素数が多くて大変.処理に散々時間がかかって・・・更新がこんな時刻になってしまったというわけだ.

  そもそも改造デジタル一眼が欲しかったのは北アメリカ星雲が撮りたかったからと言っても良いほどなので,これだけ撮れることが解ってとりあえず満足.機会があれば,どこか空の暗いところに行ってもっとじっくり撮ってみたいぞ.
  そう言えば,9年前,北アメリカ星雲をどうしても写したくてガイド撮影を始めたのだった.
  初めてしっかり写せた星雲が北アメリカ星雲.今も使っている SIGMA の300mm望遠レンズのファーストライトも北アメリカ星雲.そして改造デジタル一眼レフのファーストライトも北アメリカ星雲.
  北アメリカ星雲か・・・なにもかもみな懐かしい・・・(謎)

  最後に広角レンズで,以前と同じような構図で一枚.
夏の大三角 2009年6月2日
(クリックで拡大,600 × 669 pixel,174kb)
やっぱり彩りが違うねぇ.

  とりあえず満足.これでやれることの幅がグンと広がったぞ.後は良く晴れる夜が多いことを祈るばかりだ・・・と書いている今晩は「どんよりとした晴れ」だったりするけれど.

 

この記事を読んで,「新しい可能性を手に入れたと思える時ってホント嬉しいよねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

今日の太陽(2009-06-01)

  最近は昼間の天気も思わしくなく,しばらく太陽観察ができなかった.
  SOHO EITの画像を見てみると,31日19:19UT(日本時間で1日04:19)には北西のリム上に巨大なプロミネンス(太陽直径の1/7くらい?)が見えていたので,朝から太陽望遠鏡をのぞくのを楽しみにしていた.
  ところが,午前中は雲がいっぱい.午後に入って晴れ間が広がったので急いで準備したのだが,
Hαによる太陽像 2009年6月1日
時すでに遅し.巨大なプロミネンスは影も形もなくなっていた.SOHO EITでも1日01:19(日本時間10:19)の画像にはやっぱり写っていない.
  うーん残念.
しかし,彩層面には明るい領域が一つ.まずコイツを拡大撮影.
Hαによる太陽像(部分拡大)2009年6月1日
現時点ではまだ活動領域番号はふられていないようだが.
昔の◯大ハンバーグのコマーシャル風に
「大きくなれよぉ」とつぶやいてみたり.

  リム上には北東と南東に大きめなプロミネンスが見えるので,それぞれを拡大撮影.
まずは北東側のもの
Hαによる太陽像(北東側プロミネンスの部分拡大) 2009年6月1日
なんか複雑な構造で,「炎」のようだ.実際は炎とはだいぶ違うものなんだけど.

  そして南東側のもの.
Hαによる太陽像(南東側プロミネンスの部分拡大 2009年6月1日
こちらはアーケード型なんだろうか?

  この後,日食用に手に入れたグッズをテストしようと思っていたんだけれど・・・

  にわかに空はかき曇り

  激しい雨まで降ってくる始末でテストできず.こういうところにもジンクスは生きているらしい.

 

この記事を読んで,「やっぱりアンタの想い通りにことは運ばないんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日食に備えて その2

  昨日(31日)も日食に備えた買い物.一昨日(30日)は東京まで行ったが,昨日は市内をうろうろ.
  可視光はD4フィルターやNDフィルターでなんとでもなるとして,紫外線と赤外線の対策をしっかりしておかなければならない.
  いろいろと調べたところ,紫外線の方は結構簡単らしい.そもそも紫外線はガラスを通るだけでも随分と吸収されるらしいし.
  うろうろしているうちに紫外線カットフィルターを安価に入手.これと手持ちの別なフィルターと組み合わせればOK.
  問題は赤外線.赤外線透過フィルターは結構あるが,赤外線をカットするフィルターというのはなかなかない.方々うろうろと探し回って,「赤外線吸収シート」なるものを購入・・・なんて記事を書いている最中,実は手持ちのフィルターの中に赤外線のカット率が高いものがあることが判明.組み合わせて使えばOKかも.実験は必要だろうけど.

  ちなみに,望遠鏡を使わないで観察する場合でも,
   黒い下敷き,感光させたカラーフィルム→赤外線を通すので×.
   そうろくですすをつけたガラス板→均一にすすがつかないので×(しかも最近のろうそくは品質が上がっているのでなかなかすすが出ないのだとか).
   太陽観察用の遮光板→少し前のものの中にはやはり赤外線が素通しのものがあるので要確認.

  多くの人に見て欲しいと思うけれど,日食を観察しようと思っている皆さん,日食観察で目を痛めないようにしっかりと対策を考えておいてくださいね.

SETI@home 現在の順位 世界…76,451位(/972,225人)国内…2,770位(/26,450人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,771位(/229,695人)国内…267位(/3,378人)

この記事を読んで「アンタが一生懸命用意しているから,当日は曇りかも!?」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »