« さらに歯車が増えて | トップページ | 晴れている時間が »

2009年5月 8日 (金)

UFOの不思議

  時々思い出したかのように話題にのぼるUFO.天文教室の時にも子供たちから「UFOって本当にいるんですか」とか「宇宙人って本当にいるんですか」という質問をよく受ける.
  私自身,他に説明できないような映像や目撃証言もあったりするので,あえてUFOの存在について肯定も否定もしないが,どうしても納得のいかない疑問が多々ある.

  天文家が目撃しないのはなぜ?

  アマチュアを含め,「天文家」という人種はとにかく夜空を眺めている時間が長い.私自身,「撮影日和」の夜には一晩中星空の下で過ごすわけだし,「撮影日和」でなくても,たとえ晴れていなくても毎晩必ず夜空を見上げている.そんな「天文家」がUFOを目撃したという話をとんと聞かない(まぁ完全に0というわけでもないが,私の天文マニア歴10年の間にWebで見かけた1件しかない).ほとんどの目撃証言というのは「たまたま空を見上げた人」によるものだ(中にはUFOを見ようと張り切っている人もいるが,我々「天文家」が流星を見ようと張り切っているとなんでもかんでも流星に見えるのと同じように,そういう人が見ている場合なんでもかんでもUFOに見えてしまうような気もする).毎晩のように夜空を見上げている人はほとんど目撃しないのに,たまたま見た人ばっかりが目撃するというのは,UFOの存在云々の前に,確率論的に無理があるような気がする.

  映像や写真の疑問

  「UFOがくっきりと写っている!」とされる写真の多くはくっきりというのはどうかと思うほどボケボケのものばっかり.百歩譲ってくっきりと写っているということにしても,それだけくっきり写っているのに,周囲に目撃者が少ないのはなぜ?
  以前にWebでお目にかかった写真,そこにはいかにもUFOというものが確かにくっきりと写っていたが,その写真を撮った人のコメントが疑問.
「撮った時には気がつかなかったが,PCに画像を取り込んでみたらくっきりと写っていた」
  いやそれだけくっきり写っているなら,撮った時に見えるんじゃ?まぁタイミングの問題か何かで見えなかったとしても,デジタルカメラならばその場で画像を見ることができるわけで,撮ったその場で気がつくはずなんじゃなかろうか.心霊写真じゃないんだから.それに,撮った本人には見えなかったとしても,周囲にたくさんの目撃者がいるはずだと思うんだけど.
  最近話題になった,「オバマ大統領の就任式典に現れたUFOの動画」,これも疑問.
  数万人が集まった式典にUFOが現れたのならば,1割の人が気づいたとして数千人,1%だったとしても数百人.動画が公開される以前に会場では大騒ぎになっているはずなのに,話題になったのは動画が公開されてからというのは一体なぜ?

  コンタクトをしてこない疑問

  我々人類がたどり着いた唯一の天体は月.我々はまだ火星までもたどりつけていない.「宇宙人」がどこから着たものであっても,我々より進んだ文明を持っているはずだ.それだけの文明を持っているならば,地球に知的生命が存在していて,電波による通信手段を持っていることも把握しているはずなのに,コンタクトをとろうとする前にいきなりやってきてしまうというのはなぜ?いきなりやってきてしうのは,彼らにとってもあまりに危険だろう.それだけの文明を持っているのに,そんな無謀なことをするのか?

  形の疑問

  UFOの写真とされるもののどれを見ても,空力学を思いっきり無視したものばっかり(ジ◯ン公国の◯ダイやルッ◯ンの方がはるかにマシだ.わかる人にしかわかならいだろうが).滑空できるような形状をしたものを見かけないのはなぜ?反重力のような動力を持っているのかもしれないが,母星と全然違う環境にやってきてその動力が故障しないという保証なんかあるはずがない.あんな形じゃ,動力が故障したら墜落するしかないじゃないか.着陸することだけが目的ならそれでもいいが,UFOと言われるもののほとんどは立派に飛行している.大気圏内を飛行するつもりなら,たとえ動力の全てが失われても安全に着陸できるような形状を考えるんじゃないのかなぁ.「コンタクトしてこない疑問」と合わせて,高度な文明を持っているにしてはやっていることがあまりに浅はかな気がする.しかもやってくる宇宙人のほとんどが同じように浅はかというのはどうも・・・

  将来,どこかに知的生命体を見付け,人類がその星にたどりつける手段を手に入れた時,我々はどういう行動をとるのだろう?地球にやって来る「宇宙人」のようにはなってほしくないなぁ.

SETI@home 現在の順位 世界…76,297位(/960,203人)国内…2,764位(/26,231人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,228位(/227,512人)国内…273位(/3,352人)

この記事を読んで「UFOが存在するのかどうかはともかくとして,人類がそんな“幼稚な宇宙人”にはなってほしくないよねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« さらに歯車が増えて | トップページ | 晴れている時間が »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
大変興味深く読ませて頂きました。
天文学はサッパリ分かりませんが
天体観測をしてる方が
UFOを観測して無いのに
一般の方がUFOを見るなんて
想像できないですね。
宇宙の話は好きですが
夜空を見る機会が無いので
他の記事も面白かったです。

投稿: せいパパ | 2009年5月11日 (月) 21時03分

すみません、随分経過してからのコメントで。
たまたまあなた様のブログに辿り着き
ました。よろしくお願いします。
 
私はこの手の話は信じないのですが、科学
番組のディスカバリーチャンネルで嘗て
この件が取上げられておりました。
 
番組でUFOは、最新戦闘機で計画されている
様な人間の可視光線に映らない装置がある
のではないか?と取上げられていました。

また、ビデオカメラ等にしか映らない現象
として、まず現在のビデオカメラ等は輪郭
等を鮮明にさせる為、可視光線以外の波長
を強力に増加させているそうです。その為
UFOが黙認出来なくても後で映っている事
が考えられると、家電メーカー設計者が一
緒になって科学的な議論がされていました
。またオバマさんの件も同様に議論されて
いました。あれはそんな拍子に映ってしま
ったのではないかと言うことでした。
 
私は、今現在はこの手の話は信じないので
すが、科学的に証明されたらコロッと手の
平を変えそうな気もしてます(汗)。
 
 
 
 

投稿: ドリームマン | 2013年8月17日 (土) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UFOの不思議:

« さらに歯車が増えて | トップページ | 晴れている時間が »