« 全然変わらない | トップページ | 高さの認識 »

2009年5月24日 (日)

プラネタリウムを作ろう

  昨日(23日)は訳あって某所で自作プラネタリウム投影会.
  昨日の投影会は普通の投影ではなく,自作プラネタリウム自体の紹介がメインだった(と私が勝手に思い込んでいたというフシもあるのだが)ので,一通りの投影の他,構造や工夫した点なども紹介した.

「こういうプラネタリウムって,機械の知識とかなくても作れるものなんですか?」
と聞かれた.もちろん答えは
「作れます」
私自身,全然そんな知識はないんだから.第一,金属加工やハンダ付けをやったのは試作2号機を作る時で中学校の技術でやって以来初めてだったし,プラネタリウム製作にあたって,設計図なんてただの1枚も書いてないし(ということは,全部部品の現物合わせで作ったのだ.我ながら,それはそれで結構凄いことなのかもと思わないでもないが).

  一球ピンホール式のプラネタリウムなんて,構造はいたって単純だ.極端に言えば,電球に,星を写すための穴を開けた恒星球をかぶせ,電球が点灯するようにすればそれだけでOKなのだから.
  でも,だからこそ,工夫する余地が大量にあるわけだ.星の数はどのくらいするか.恒星球を回転させるようにするとして,手動でいいのか,何か動力を工夫するかなどなど.実際に製作にかかれば,作業の時々で問題が起き,その問題を解決するために工夫をして,また問題のぶつかる・・・こうして考えると,プラネタリウム作りは工学の知識のない人の方が楽しめるのかもしれない(私自身も設計図なんて書けないからこそ作れたのかも!?).

  ピンホール式プラネタリウムのキットやペーパークラフト用の型紙なんかも手に入りやすくなっているので,そんなものから入っていけば「マイ・プラネタリウム」を持つこともそんなに難しくないと思う.

  「世界にたった1台しかないプラネタリウム投影機」を持っているってのは結構嬉しいものですよ.

SETI@home 現在の順位 世界…76,544位(/966,904人)国内…2,767位(/26,356人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,933位(/228,887人)国内…270位(/3,372人)

この記事を読んで「確かに“自分だけの星空”を持てたら嬉しいかも」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
そして是非プラネタリウム作りに挑戦してみてくださいね.

|

« 全然変わらない | トップページ | 高さの認識 »

自作プラネタリウム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラネタリウムを作ろう:

« 全然変わらない | トップページ | 高さの認識 »