« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

日食に備えて

  昨日(30日)は日食に備えた買い物のために東京へ(というわけで昨日はここの更新ができなかったわけだ.言い訳だけど).
  実は方向音痴な私.毎度のことながらショップの近くで道に迷い,数十分うろうろするハメになったものの,無事にショップに到着.そこで,目的のものを全て「最後の一つ」でゲット.しかもそのうちの一つは
「3日前に1つだけ入荷できて,もう日食の前には入荷できないだろう」
とのこと.
「お客さん,めちゃくちゃいい時に来ましたね」
まぁ,何割かはセールストークなんだろうけど.
「で,どこに見に行くんですか?」
と聞かれた.
「いや,実はもう3年くらい前から楽しみにしていたんですが,どこへも見に行けないんですよ」

  そんなこんなで日食当日の撮影用品はこれでほぼ揃った.問題は眼視の方.赤外線対策をどうするか.
  あちこちの天文ショップで品切れが多くなっている状況.早く対策を進めなければ.

  で,実は対策を進めると件のジンクスが発動,当日は「見事に曇り」ということになってしまうような気が...

SETI@home 現在の順位 世界…76,463位(/971,597人)国内…2,768位(/26,442人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,773位(/229,591人)国内…268位(/3,378人)

この記事を読んで「太陽を見るのは危険も伴うから準備も大変だねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

新作(2009-05-20)

20日から21日にかけて,透明度の低い空の下で撮影した新作,
いて座の散開星団M23
いて座散開星団M23です.
  当日,本当は三裂星雲を撮り直したかったのですが,
「この透明度では星雲は無理だろう」
ということで対象を変更して撮影しました.例によって,
「あんまり条件の良くない時にはあんまり興味のない天体を撮っておこう」
というわけです.
  冷却CCDカメラ+望遠レンズという組み合わせでの撮影は実に久しぶりで,対象の導入(ファインダーがない!)やピント合わせ(反射望遠鏡と違ってスパイダーの回折像がない!)で随分と苦労してしまいました.

  で,結果ですが・・・

  そういう状況だったにしては良く撮れたといったところでしょうかね.透明度が低かったにしては微恒星もそこそこ写っているようです.R,G,B画像は背景が盛大に荒れていたのでバックグラウンドの調整にはかなり苦労しましたが.
  それだけに,もっと条件の良い夜に撮ってみたい気もします.でもやっぱり当分は撮り直すことはないと思いますが...

 

この記事を読んで,「これからはもっとチャンスが少ない季節になるから,少ないチャンスを逃さないようにするのも結構大変かも」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XEphem

  私のような仕事&趣味だと,PC上で動作する天文シミュレーションソフトは必須のツールである.
  天文シミュレーションソフトにもいろいろあるが,どの世界にも「万能」というものは存在しないもので,それぞれに一長一短.私も,StellaNavigatorMitakaPlusCelestiaStellariumGuide,(以上は主に Windows 上で使用),XPlnsKStarsLinux上で使用)等を用途に応じて使いわけている.
  それに加え,最近,XEphemというソフトをインストールした.実は以前にも使っていたのだが,PCそのものを買い換えた後,何度かインストールに失敗して使えなかった.それに久しぶりに再挑戦してインストールに成功したというわけだ.このソフト,基本的にはソースコード(C言語のプログラムそのもの)の形でしか配布されていない(注文すればバイナリ(実行形式のファイル)のCD-ROMを購入することもできるようだが)のでコンパイルしてインストールしなくてはならず,インストールにはちょっとした知識も必要だったりするのだ.
  このソフト,最近の美しいグラフィクスのものに比べると非常に地味ではあるが,非常に多機能で,プロの天文学者が使っていたり,天文台での機材の制御に使われていたりということもあるようだ.
  あまりに多機能であるので,インストールしたばかりの現在,全然使いこなせていないのだが,即効で重宝しているのが↓
XEphem で表示した HOHO EIT の画像
Webブラウザを立ち上げることもなく(当然リンクをたどる必要もないわけだ),簡単にSOHO EITの画像をダウンロードして表示でき,太陽観察の前にちょっと最近の太陽の様子をチェックするのに非常に便利.

  これでまた一つ新しい道具が増えたわけだが...

  とりあえず晴れてくれなきゃ・・・(溜息)

SETI@home 現在の順位 世界…76,624位(/970,486人)国内…2,775位(/26,422人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,855位(/229,387人)国内…270位(/3,375人)

この記事を読んで「道具が充実すればするほど,それが使えない状況が続くとストレスになるかも」と思った方,こちらをクリックして励まし(?)の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

歯車が一枚

  26日発売の『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第19号.今回の部品は
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第19号の部品

  ・・・

  歯車が一枚.

  いや毎度のことだし,これから先もこのペースだろうからいちいち嘆いていても仕方ないんだけど.

  コイツを本体に組み込んで
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第19号までの進捗状況
いつものアングルだと違いが解らないので少し下からのアングルで.

  でもやっぱりどこが違うのか良くわからないが,ケレスの下に歯車が一枚増えている.

  どうでもいいけど,書店に行って,
「定期購読をお願いしているんですけど」
と言っただけで名前を聞かれなかった.もう名前は覚えられているらしい(笑).

SETI@home 現在の順位 世界…76,717位(/969,491人)国内…2,777位(/26,404人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,858位(/229,267人)国内…269位(/3,375人)

この記事を読んで「ナンボ嘆いてみたところでペースがかわるわけじゃないんだから,ここは辛抱辛抱」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

やっぱりジンクス

  3日前(24日),長らく欲しい欲しいと思いながら手を出さなかった(出せなかった?)新兵器を手に入れた.
  それが何であれ,新しい道具を手に入れたら早く使いたいのが人情というものだが,ここに

  私が新しい機材を手に入れるとしばらく晴れない

  というジンクスがある.そして今回も例外ではなかったようだ.
  一昨日(25日)夜はとりあえず晴れていたが透明度が悪すぎ.昨日は昼間の予報では夜は「晴れ」だったのに,夕方には「曇り」になっていた.

  それでも夕方は晴れていたので,目についた細い月を一枚.
月齢1.9 2009年5月26日
この後,20:17頃,ISSが見られた.コイツも撮ってみたのだが,見た目より薄雲が広がっていたらしく,写真には写ってくれなかった.
  さらに,20:19頃には-5等のイリジウムフレアが見られるはずだったのでソイツも狙うつもりになっていたのだが...

  どういうわけか,20:19を20:39と勘違いしていて,気づいた時には遅かった・・・ダメだねぇ・・・

  その後も「もしかして晴れるんじゃないか」とやはり薄明開始直前まで粘ったけれどやっぱりダメなものはダメ.そして天気予報では向こう一週間くらいは晴れないらしい.それじゃあ月が明るくなっちゃうじゃないか.

  星屋の苦悩は続く.

SETI@home 現在の順位 世界…76,635位(/967,714人)国内…2,772位(/26,380人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,866位(/229,171人)国内…269位(/3,374人)

この記事を読んで,「“おあずけ状態”ってのはストレスがたまるよねぇ」と思った方,こちらをクリックして励ましの投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

今日の太陽(2009-05-26)

  今日は朝から晴れ.治りそうでなかなか治らない腰の痛みを我慢しながらもそこそこ元気に太陽観察♪

Hαによる太陽像 2009年5月26日

・・・

  地味になってしまった.昨日活動領域1018とされていた領域は今日は活動領域番号がなくなっている.SOHO EITではまだ明るく見えているが,上の画像でもそれらしい模様は見られない.
  右上の方にはダークフィラメントらしきものも見えているが,リム上のプロミネンスも小さいものばかり.また元のおとなしい太陽に戻ってしまうのかなぁ...

 

この記事を読んで,「ほうらね,アンタが期待したことはその反対になるんだよ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思いがけなく晴れ・・・だったけど

  数日前まで,天気予報を見て「しばらく(夜の天気は)ダメそうだ」と思っていたのだが,昨日(25日)昼間は晴れ.しかも,夜はずっと「晴れ」になっていた.
  いくつか試したいこともあったし,
「こりゃ今晩は(撮影を)やれるかも.最悪でもテストはできそうだ」
と思い,撮影と,やっぱり撮影が無理だった場合のテストの計画を立てて早めに帰宅.

  しかし,透明度悪すぎ.
  1等星しか見えないような状況では撮影もテストもできないじゃないか.

  明け方まで粘ればもしかしてもう少し透明度が上がってくれるかと思い,薄明開始直前まで粘ってみたものの,
2009年5月26日 自宅にて
ダメなものはダメだった.それでもいくつかのテストはやってみたけれど,こんな天気じゃ結果は全然わからない.

  とりあえず現在は晴れ.そして今晩の予報も一晩中晴れ.「今晩こそ!」と思ってはいるけれど,また昨晩とおんなじような空になる気がする...

SETI@home 現在の順位 世界…76,635位(/967,714人)国内…2,772位(/26,380人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,904位(/229,076人)国内…269位(/3,374人)

この記事を読んで「相変わらず天気に恵まれてないねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

今日の太陽(2009-05-25)

  今朝は曇りがちだったが,午前中には晴れ間が広がり,やや悪化した腰の痛みを我慢しながら3日ぶりに太陽観察♪
Hαによる太陽像 2009年5月25日
活動領域1017とその上空のプロミネンスは西のリムの向こうに去った.それに続いて「活動領域になるか?」と期待していた領域はついに成長せず,ほとんど解らなくなってしまった.そのかわり,上の画像,左下にポツッと明るく写っているあたり,SOHO EITの画像でもあんまり目立たないのだが,活動領域1018ということになったらしい.
  右下には最近にしては大きなプロミネンスが写っているので,そいつを拡大撮影.
Hαによる太陽像(プロミネンス拡大)2009年5月25日
なんとも複雑な形だ.どんな構造になっているんだろう?根元のあたりはカスプ(Cusp)状になっているようだけど.

  活動領域1017が去り,活動領域になりそうでならなかったものをはさんで活動領域1018が出現.立て続けにこういうものが現れたということは,これでようやく活動度があがってくれるんじゃないかと期待!

 

この記事を読んで,「アンタがあんまり期待するとその通りにならなくなっちゃうから期待しないで注目しててよ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高さの認識

  土曜日(23日),7月22日に日食の観望会を行う会場に下見に行った.夏至をはさんで当日と反対になるので,太陽の高さは当日とほとんど同じになるから,会場で障害物になるようなものがないか確かめるためだ.

  日食が始まる10時少し前に会場へ.見上げた太陽は・・・

  高!

  この時の高度は約65°.しかし数字以上に高い印象に驚いた.
「なんだ,問題ないじゃんか」
高層ビルの谷間でもない限り,障害物の心配はなさそうだ.

  しかしねぇ...
  晴れていればいつも太陽観察をしているわけで,太陽の高さだって解っているはずなんだけど.
  高さの認識なんていい加減なもんなんだねぇ.

SETI@home 現在の順位 世界…76,552位(/967,108人)国内…2,769位(/26,362人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,922位(/228,969人)国内…270位(/3,372人)

この記事を読んで「確かに普通に生活している時には高さなんてあんまり気にしないからねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

プラネタリウムを作ろう

  昨日(23日)は訳あって某所で自作プラネタリウム投影会.
  昨日の投影会は普通の投影ではなく,自作プラネタリウム自体の紹介がメインだった(と私が勝手に思い込んでいたというフシもあるのだが)ので,一通りの投影の他,構造や工夫した点なども紹介した.

「こういうプラネタリウムって,機械の知識とかなくても作れるものなんですか?」
と聞かれた.もちろん答えは
「作れます」
私自身,全然そんな知識はないんだから.第一,金属加工やハンダ付けをやったのは試作2号機を作る時で中学校の技術でやって以来初めてだったし,プラネタリウム製作にあたって,設計図なんてただの1枚も書いてないし(ということは,全部部品の現物合わせで作ったのだ.我ながら,それはそれで結構凄いことなのかもと思わないでもないが).

  一球ピンホール式のプラネタリウムなんて,構造はいたって単純だ.極端に言えば,電球に,星を写すための穴を開けた恒星球をかぶせ,電球が点灯するようにすればそれだけでOKなのだから.
  でも,だからこそ,工夫する余地が大量にあるわけだ.星の数はどのくらいするか.恒星球を回転させるようにするとして,手動でいいのか,何か動力を工夫するかなどなど.実際に製作にかかれば,作業の時々で問題が起き,その問題を解決するために工夫をして,また問題のぶつかる・・・こうして考えると,プラネタリウム作りは工学の知識のない人の方が楽しめるのかもしれない(私自身も設計図なんて書けないからこそ作れたのかも!?).

  ピンホール式プラネタリウムのキットやペーパークラフト用の型紙なんかも手に入りやすくなっているので,そんなものから入っていけば「マイ・プラネタリウム」を持つこともそんなに難しくないと思う.

  「世界にたった1台しかないプラネタリウム投影機」を持っているってのは結構嬉しいものですよ.

SETI@home 現在の順位 世界…76,544位(/966,904人)国内…2,767位(/26,356人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,933位(/228,887人)国内…270位(/3,372人)

この記事を読んで「確かに“自分だけの星空”を持てたら嬉しいかも」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ
そして是非プラネタリウム作りに挑戦してみてくださいね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

全然変わらない

  19日発売の『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第18号.今回の部品は
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第18号の部品
ギアカラー,ギアスピンドル,プラスチックワッシャーが2枚,歯車,ネジが2種類計8本.
そのうち,歯車とネジ6本は今回は使わずに保管.残りを組み合わせ,本体に組み込んで
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第18号までの進捗状況

  ・・・

  前回と全然変わらない.

  というのも,前回,今回の部品の分を余分に買ってあった第5号の部品を流用して組み込んでしまっていたからだ.その辺の事情はこれまた第13号の時と同じ.

  これでまだ3分の1.先は長いぞ...

SETI@home 現在の順位 世界…76,544位(/966,904人)国内…2,767位(/26,356人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,943位(/228,783人)国内…268位(/3,372人)

この記事を読んで「毎回先が待ち遠しいようだけど,天文の世界には「“待つ時間”はつきものなんでしょ?」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

今日の太陽(2009-05-22)

  今日は朝から晴れ.強い風とその風に運ばれてやってくる雲に悩まされながらも,腰の調子はよく元気に太陽観察♪
Hαによる太陽像 2009年5月22日
ここしばらく楽しませてくれた活動領域1017は西のリムに去りつつあり,その上空にあると思われるプロミネンスの姿が見える.SOHO EITの画像では中央付近に明るく輝いている領域(活動領域番号は与えられていないらしい)があり,それに対応する部分にはかなり長いダークフィラメントが見える.
  そのダークフィラメントを拡大撮影.
Hαによる太陽像(ダークフィラメント部分拡大) 2009年5月22日
このダークフィラメント,眼視でもくっきり見えた.こんなに長いヤツは初めて見たぞ.

  西のリム上に見えているプロミネンスも拡大撮影.
Hαによる太陽像(プロミネンス部分拡大) 2009年5月22日
太陽のリム上に「この~木なんの木気になる木~」のあの木が生えているみたいで面白い.いったいどんな構造になっているんだろう?

  太陽はこのところ少し元気なようだ.この調子,まだ続いてくれると嬉しいんだけど.

 

この記事を読んで,「この調子で毎日いろんな姿を見せてくれると嬉しいねぇ」と思った方,こちらをクリックして(太陽への)応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星座を覚えるコツ

  昨日(21日)は市内体験学習施設で観望会の予定だった.
  昨日,水戸では昼間はそこそこに晴れ(でも雲が多くて太陽観察ができなかった)で真夏日となったのだが,その天気は夕方までもたず,観望会開始時刻までにはベタ曇り.観望会は屋内での天文教室に変更になった.

  こうなれば自作プラネタリウムの出番.
  一通り春の星座を紹介した後,「少し時間を進めてみます」
すると,
「あれ?星の数が増えた気がする」
という声.
「いいところに気がつきましたね.(はくちょう座のあたりを指し示しながら)この辺は夏の天の川なので星がたくさん見えるんです」
そこに気づいてくれると作った本人としてはかなり嬉しい.

  天文教室は1時間ほどで終了.後片付けをしている時に
「何で星の位置が解るんですか?」
と聞かれた.観望会でも,天文教室でも,
「どうしてそんなに星座が解るんですか?」
と聞かれることが良くある.そんな時の私の答えは
「毎日見ていれば嫌でも覚えますよ」

星座を覚える「コツ」は「できるだけ毎日夜空を眺めること」だと思っている.これからの季節(晴れるチャンスは少ないが)冬場と違って夜空を眺めるのに何も我慢しなくていい.ここをお読みの方の中で「星座を覚えてみたい」と思っている方,これから「晴れた夜には3分間夜空を眺める」ことを実践してみてはいかがだろう?

今年の観望会 予定…45 実施…25 中止…13 延期…2 屋内(外)で天文教室…5 勝率….556(25勝20敗)
連勝は2でストップ.貯金が1つ減って5.

SETI@home 現在の順位 世界…76,487位(/966,461人)国内…2,766位(/26,344人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,949位(/228,660人)国内…268位(/3,371人)

この記事を読んで「何にしても,やっぱり“習うより慣れろ”だよね」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

撮影強行

  昨日(20日)夕方は良く晴れていた.日没直後は空の色が綺麗だったし,薄明終了前は透明度も良さそうに見えた.
「よし,今晩はいける!」
と思い,薄明終了前に勇んで機材の設営を開始.

  で,薄明が終わってみれば

あぁ,前の晩とおんなじだよ・・・

  どうしようかとしばし悩んだが,もう機材は展開しちゃったし,どうせ02:30頃までしかできない(今朝の水戸地方での薄明開始は02:44!)わけだし,外にいたって寒くもないしということで,撮影を強行.ただし,こういう状況で質の良い写真は期待できないので,撮影対象は撮るのを楽しみにしていた天体ではなくて,あんまり興味のない天体に変更.例によって,こういう機会に「コレクションの充実のために必要な写真」を撮っておこうというわけだ.

  撮影そのものは順調に進み,02:00過ぎに露光は終了.その後フラットフレームの撮影をして機材の撤収完了は03:30頃.
「もうこの時間には明るくなっちゃうんだねぇ」

  透明度の低い空の下で,撮影したのはあんまり興味のない天体.イマイチ充実感がなく,妙に疲れてしまった.見上げた東の空には月の下に明けの明星が見え,その光景が綺麗だったのでしばし眺めてから就寝.

  昨晩撮った画像,果たして使い物になるかどうか・・・

SETI@home 現在の順位 世界…76,408位(/965,908人)国内…2,762位(/26,337人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,948位(/228,539人)国内…268位(/3,371人)

この記事を読んで「いずれにしても寒くなくなったのでだいぶ楽になったんじゃない?」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

今日の太陽(2009-05-20)

  今日は朝から快晴.昨日は昼間ずっと薄曇りで見られなかったので
「さぁて(活動領域は)今日はどうなったかな」
と楽しみに太陽観察♪
Hαによる太陽像 2009年5月20日
リム上のプロミネンスは相変わらず小さいものがいくつか.最近こちらの方はちょっと淋しいぞ.
活動領域(1017)はだいぶ西の縁に行ってしまったが,まだくっきり見え,その上(北側)にはダークフィラメントも見える.SOHO EITの画像を見ると東側にも明るい領域が見え,眼視ではそこ結構はっきりとダークフィラメントが見えていたが,上の写真にはよく写らなかった.
  活動領域1017を拡大.
Hαによる太陽像(活動領域1017付近の拡大) 2009年5月20日
これまでにも何度かやってみたけど,こうして拡大すると良く解らなくなっちゃうんだよねぇ.もっと上手く写す方法がないもんだろうか?
  中央左,ダークフィラメントが見えている部分も拡大撮影.
Hαによる太陽像(部分拡大) 2009年5月20日
いま一つわかりづらいけど,中央,ダークフィラメントが見えるあたりに,紙の上に砂鉄を捲き,その下から磁石を近づけた時のような模様が見える(ような見えないような).この部分,まだ活動領域番号はついていないようだが,こいつもきっちり成長してくれることを期待!

 

「この調子で太陽が活発になってくれることを期待」と思う方,こちらをクリックして(太陽への)応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

どんよりとした・・・

  昨日(19日)夜の天気予報,WeatherNewsYahoo!天気情報では「晴れ」,気象庁では「曇り」.

  あぁ,またこういうパターンだよ・・・

  これじゃあどっちに転ぶか解らない.

  それでも20:00過ぎには晴れていた.
  とりあえず(昨日の記事では人工衛星を話題にしたことだし)イリジウムフレアを撮ってみた.
Iridium 65 による閃光 2009年5月19日 20:17:38頃
(クリックで拡大,600 × 398 pixel,36kb)
Iridium衛星が写っている部分の拡大(ピクセル等倍)↓
Iridium 65 による閃光 2009年5月19日 20:17:38頃(ピクセル等倍でトリミング)
-1等だったのでイリジウムフレアとしては地味だったけど.

  ちなみに,この写真の露光は20:17:33から20:17:43までの10秒間.昨日の記事に書いたように,こういう写真を撮るためには正確な時計が必要というわけだ.

  で,その後・・・

「さて(天気は)どっちに転ぶのか」

  と思っていたのだが,
2009年5月20日 自宅にて
どっちにも転ばなかった.
  写真は00:00頃のものだが,どんよりとした・・・晴れ.「晴れ」といえば「晴れ」だが,「薄曇り」でもある.いずれにせよ,2等星しか見えない状況では何にもできないなぁ.

  ちなみに,今晩の予報も概ね「晴れ」で,気象庁の予報だけは「夕方から曇り」.まぁた昨日とおんなじだよ・・・

SETI@home 現在の順位 世界…76,391位(/965,240人)国内…2,763位(/26,328人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,960位(/228,436人)国内…268位(/3,369人)

この記事を読んで「天体写真を撮るチャンスってホント少ないもんなだねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

人工衛星

  先日,職場にこんな電話がかかってきた.
「人工衛星がいつ,どの方向に見えるのか教えてください」

・・・

「どういった人工衛星なんでしょうか?」
「私◯◯なんですけど」(◯◯は水戸市内の地名)
いやそうじゃなくて.
「人工衛星と言ってもいろいろあるんですが」
「あの日本人が乗っているっていう」
「あぁ,国際宇宙ステーションですね?毎日,見える方向も見える時刻も違うんですよ」
「そうなんですか?」
「ちょっと待ってくださいね.今調べてみます」

  というやりとりがあって,近いうちに見える時刻と方向をお伝えした(ちなみに,水戸近辺では24日20:58:48頃から21:00:38頃(北北西から北,最も高度が高くなる時で27°)が近いうちでは最も良く見える.“頃”というのは,場所によって秒単位ではややずれると思われるため).

  天気予報に衛星放送,カーナビなど,日常生活の中で人工衛星を利用したものに触れる機会はかなり多くなっているのだが,人工衛星というのがどんなものなのかはあんまり広く知られていないらしい.その多くは数時間程度で地球を一周(静止衛星ならば24時間)する.当然,人工衛星自体は発光していないので,地上は暗くなっているが上空数百km程度には日光が当たっている夕暮れ時か明け方に多く見られる.数時間で地球を一周してしまうから,日本上空を十数分で通過するし,衛星と太陽,見ている人の位置関係で明るさが変化するため,実際に見えている時間は長いものでも数分(静止衛星ならば長い時間見えているのだろうが,暗いので肉眼ではなかなか見えない),Iridium衛星などは明るく輝くことはあるが数秒程度しか見えない(私自身は,このIridiumu 衛星を見るために腕時計は電波時計にしたのだ).

  人工衛星と言えば・・・
  ハッブル宇宙望遠鏡の修理が完了したらしい(ちなみに,ハッブル望遠鏡も地上から3等くらいの明るさで見えることがある).これで寿命が5年程度伸びることが期待されている.その間,どんな天体の姿を見せてくれるのだろうか.

SETI@home 現在の順位 世界…76,358位(/964,848人)国内…2,761位(/26,326人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,958位(/228,348人)国内…267位(/3,367人)

「その国際宇宙ステーションやハッブル宇宙望遠鏡に人がいるっていうのはなんだか不思議な気分がする」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

今日の太陽(2009-05-18)

  昨晩(17日夜~18日朝)は雨&風でかなり荒れた天気だったが,今日は朝から快晴.
  腰の痛みは相変わらずながら,「さて活動領域はどうなっただろう?」と期待してそこそこ元気に太陽観察♪
Hαによる太陽像 2009年5月18日
  リム上には小ぶりなプロミネンスがいくつか.最近にしては賑やかといったところ.

  で,問題の活動領域は・・・

  昨日に比べてやや目立たなくなったようだ.このまま衰退してしまうのか,それとももう一度復活するのか・・・
  SOHO EITの画像では東側にも明るい領域が見え,上の写真でもそれに対応する位置に何やら複雑そうな模様も見えている.現時点では活動領域として番号が付いていないが,これからどうなるかに期待.

  いずれにせよ,まだしばらくはこれらの変化を楽しめそうだ.

 

この記事を読んで,「もう一丁の方もこれから発達して立派な活動領域になってくれるといいねぇ」と思った方,こちらをクリックして(太陽への)応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バローレンズ

  ほぼ1週間前に手に入れた安物のバローレンズ.はたしてその品質やいかにと思っていたが,これがなかなかいい感じ.
  撮影用途にはまだHα太陽写真でしか使っていないが,眼視用途では結構活躍している.
  太陽望遠鏡に使った場合,さすがに像が暗くなるのでプロミネンスはイマイチ良く見えないが,彩層面の模様は実に良く見えて感激.都合良く活動領域も現れてくれたので毎日の太陽観察がずっと楽しくなっている.

  先日の観望会では土星を見る時にも使ってみた.これがまたなかなかいい感じで,高倍率用の短焦点アイピースを使うよりすっきり見える印象だった.短焦点アイピースは覗き口も小さくて狭いので小さい子供を含む大人数が望遠鏡を覗く観望会では効果大だ.

  わずか2000円の投資でこれだけの効果.なかなか良い買い物をしたものだ.

  他に大渋滞している欲しいものたちもこう都合よく行ってくれないものか...

SETI@home 現在の順位 世界…76,196位(/963,964人)国内…2,758位(/26,307人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,990位(/228,170人)国内…267位(/3,361人)

この記事を読んで「いつでもそう都合よく行くなら苦労はしないさ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

もう一丁!?

  最近,太陽にようやく活動領域が現れて毎日の太陽観察が楽しみになっているが,SOHO EITの画像を見てみると,東側のリム近くにもう一つ明るい領域が現れている.

  活動領域がもう一丁現れてくれるのか!?

  と期待しているところだが,今日は曇り時々雨で太陽観察ができない.明日の午後は晴れそうな予報になっているのでとりあえず明日が楽しみ.

  ・・・

  実は活動領域が現れて以来,可視光で黒点が見えていないか気になっているのだが,現在,可視光で太陽を撮影できる手頃な望遠鏡を所有していない.何度か200mm望遠レンズに2倍エクステンダー(実は数年前の部分日食の時に衝動買いしたものだ)を取り付けて撮影を試みたが,これでは小さすぎて良く解らない.これからもし太陽活動が活発になってくるのだとすれば,「もう一丁」可視光でも太陽を撮影できる望遠鏡が欲しくなるのが人情というもので・・・また日食も近いわけだし.

  こうしてまた物欲に悩まされるのであった.

SETI@home 現在の順位 世界…76,196位(/963,964人)国内…2,758位(/26,307人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,990位(/228,170人)国内…267位(/3,361人)

この記事を読んで「相変わらず物欲まみれだねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

なんとか実施

  昨日(15日)夕方は「定期観望会」の予定だった.朝から晴れて無事に太陽観察ができたものの,天気予報は「午後から曇り」.
  午後.「曇り」までは行かなかったが,空には雲がいっぱい.この状況は夕方になっても変わらず.天気が下り坂なのは間違いないようで,問題は「いつ曇るか」だった.

  18:30頃には会場入り.準備中に一時ベタ曇りになったものの,開始時刻はなんとか実施できる天気だった.

  で,参加者は・・・小さなお子さんを連れたお母さんの二人・・・実質的には一人か?・・・だけ.

  直前には雲がいっぱいだった上に結構寒かったこともあるのかなぁ.

  土星は良く見えたし,その他にアルコル & ミザール,カストル,それに(薄曇りで見応えはイマイチだったが)球状星団M3など見てもらい,お母さんは喜んでいたようだし,お子さんも(多分何のことだかわかってなかったと思うけど)楽しそうにしていたのでまぁまぁ良かったのだが,やっぱり少し不完全燃焼.

  大々的に宣伝してドサッと人が来ても対応に困るし,昨日みたいに少なすぎても盛り上がらない.その中間となると・・・難しいんだよねぇ.いずれにせよ,こうも人が集まらないのでは,宣伝も内容ももう少し工夫しなければならないか.

今年の観望会 予定…44 実施…25 中止…13 延期…2 屋内(外)で天文教室…4 勝率….568(25勝19敗)
↑というわけで昨日の観望会は何とか実施できて2連勝.貯金がさらに1つ増えて6.

SETI@home 現在の順位 世界…76,131位(/963,504人)国内…2,755位(/26,295人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,040位(/228,094人)国内…268位(/3,360人)

この記事を読んで「何にしても,“ほどほど”ってのは意外と難しいもんだよ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

今日の太陽(2009-05-15)

  今日は朝から「快晴」とはいかないもののとりあえず晴れ.
「さて今日は(活動領域は)どうなったかな」
と楽しみに太陽観察♪
Hαによる太陽像 2009年5月15日
おぉ!件の活動領域が今日はきっちり見え&写っている!リム上にプロミネンスがほとんど見えないのが残念ではあるけれど.

  今日は拡大撮影も.
Hαによる太陽像(部分拡大) 2009年5月15日
(クリックで拡大,600 × 440 pixel,61kb)
相変わらずイマイチうまく撮れてないけど,今日はなんとかその姿を撮ることができた.

  調べてみたところ,この領域は「活動領域1017」として発表されていた.
  昨日良く見えなくなったのは何だったんだろう?いずれにせよ,これから数日の間はコイツがどう変化するか楽しみだ.

 

この記事を読んで,「こういうのがいつも見られるようになるといいのにねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新鮮な驚き

  昨日(14日)夜は快晴.
  23:00過ぎには明るい月が昇って来てしまうので星雲・星団の撮影は無理だけど,折角良く晴れているのに何もしないのはもったいない.
「やっぱこういう日は比較明(合成による日周運動の写真)でしょう」
ということで,どこかに撮影に出かけることにした.

  さてどこに行くか.

  しばし考えたがよいアイディアが思い浮かばず.仕方なく自宅近くの公園に行ってみた.

  丁度北斗七星が天頂近くに見えていたので,
「林の中で,円周魚眼レンズを使って真上を撮ってみたら面白いか?」
と思いついて,適当な場所を探して試してみた.
2009年5月14日 逆川緑地にて

  ・・・

  全然面白くないじゃないか.

  場所を移動しつつ何度か試し撮りしてみたものの,やっぱり面白い構図が見つからず.

「円周魚眼を諦めて広角で北の空を狙ってみるか」
北の空 2009年5月14日 逆川緑地にて
う゛ぅ...やっぱり中途半端.

「ならば,たまにはいつもと違うことをやってみるか」
ということで円周魚眼レンズを斜めに向けて試し撮り.

これなら少しは面白いかも.

その構図で1時間の撮影を敢行.
天の北極を巡る星々 2009年5月14日 逆川緑地にて
(クリックで拡大,600 × 600 pixel,82kb)

・・・

  写真として面白いかどうかはともかくとして,

「やっぱり天の北極を中心に回ってるんだ!」

普通,天頂やもっと南の空で日周運動の写真を撮ると,逆向きに弧を描いて写るが,こうやって写して見るとそういう星たちも(左側の大きな木の上に写っているのがしし )も天の北極を中心に回っているのが良くわかる.
  当たり前といえば当たり前だけど,こうして目の当たりにすると新鮮な驚きだ.

  視点を変えると違ったものが見えてくるものだというおはなし.

SETI@home 現在の順位 世界…76,048位(/963,051人)国内…2,753位(/26,287人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,072位(/228,022人)国内…269位(/3,359人)

この記事を読んで,「こういうことは頭では解っていても実感することってなかなかないよねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

今日の太陽(2009-05-14)

  あぁ,もうこんな時刻になってしまった...

  今日も朝から晴れ.「さて昨日の活動領域はどうなったかな」と楽しみに太陽観察♪

・・・

Hαによる太陽像 2009年5月14日
ほとんど解らなくなってしまった.SOHO EITの画像を見ても,明るく輝く範囲が昨日より小さくなり,おとなしくなってしまったようだ.「これから活動領域になる」んじゃなくて,リムの向こう側にあった時に「活動領域だった」のかもしれない.う~ん,残念!でもとりあえずもう少しの間は注目していよう.

 

この記事を読んで,「折角晴れたのに,やっぱりアンタの期待通りにはならないんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待つ時間

  昨日(13日)は雲が多い空の下,どうしても太陽の写真を撮りたくて,撮影が可能になるまで待つことおよそ1時間.待っている間にふと思った.

  天文の世界には「待つ時間」はつきものだ.

  星雲・星団の写真を撮る時も露光開始から終了まで待たなくてはならないし,比較明合成による日周運動の写真を撮る時だって撮影開始から終了まで待たなくちゃならない.

  観望会の折には参加者が「ただ待っている」時間をできるだけ少なくできるように努力はしているが,「つきもの」である「待つ時間」をなくすってのはやっぱり難しい.一時的に曇ってしまうことだってあるんだし.結果,待っているうちにイライラしてしまった方に怒られてしまうこともある.

  世の中はどんどんスピード化が進んでいる.交通機関はどんどん速くなるし,インターネットもどんどん速くなっている(と書いている私のネット環境は未だにISDN並だったりする!).結果,実生活上では「待つ時間」というのはどんどんと少なくなっていく.

  こう考えてみると天文の趣味ってのは時代に逆行しているよなぁ.でもね,10分や20分待つことができないようでは,数万年から数百万年,果ては百数十億年という時間のロマンはやっぱり感じられないと思うんですよ...

SETI@home 現在の順位 世界…76,796位(/962,695人)国内…2,778位(/26,278人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,074位(/227,932人)国内…267位(/3,358人)

この記事を読んで,「だからと言って,それを参加者を待たせる理由にしちゃダメだぞ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

今日の太陽(2009-05-13)

  今日朝は晴れ.
  先日購入したバローレンズを試すべく,朝から早速太陽観察♪
「おぉ!こいつは良く見える!」
リム上のプロミネンスはさすがに暗くなるのでイマイチ良く見えないが,彩層面の模様は実に良く見える.
早速撮影♪といきたいところだったが,結構な量の雲が出ていたし,予報では午後の方が良く晴れそうだったので
「もう少し良く晴れてから」
と思い,とりあえず撮影は見送り.

  ところが,その後は雲が広がり,午後になってもきっちり晴れてくれなかった.
  それでも,どうしても撮っておきたかったので中途半端な状況ながら撮影を敢行.というのも,朝見た時には彩層面に活動領域と思われるものがしっかり見えていたからだ.そしてその結果が↓
Hαによる太陽像 2009年5月13日
そして件のバローレンズを使い,その活動領域らしい部分を拡大撮影してみた.
Hαによる太陽像(部分拡大) 2009年5月13日
薄雲のせいかいまいちまともには撮れなかったけど.

  この部分,まだ活動領域として発表されてはいないけど,SOHO EITの画像でもかなり明るく輝いているので,今後活動領域になるのは間違いないだろう.しかも,今度こそ東側.これから1,2週間は変化を追えるはずだ.ちょっとした新兵器を手に入れたばかり.なんといいタイミングだ!

  もっとも,全ては「晴れれば」の話なのだが...

 

この記事を読んで,「アンタがそうやって期待して楽しみにしているということは,明日からしばらくは晴れないね」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新古作(2009-04-26)

  ゴールデンウィーク中には「観望会ダブルヘッダー」が続き,連休明けにOSのアップグレード(Fedora9 → Fedora10)をやったりとばたばたしていてすっかり新古作になってしまったけれど,
へびつかい座の球状星団NGC6235
  4月26日から27日にかけて撮影した,へびつかい座球状星団NGC6235です.
  南に低く(赤緯 -22度)視直径の小さい(5')球状星団なのでかなりのレアものです.
  このくらい南に低いとシャープに写すのが難しいようです.さらに,障害物があったりしてただでさえ露光できる時間にかなり制限があるのにうっかり居眠りしたりして時間をロスしてしまったので,総露光時間が2時間弱と短くなってしまいました.結果,イマイチな作品になりましたが,まぁこれもコレクションの一つということで.

  ここをお読みの方の中で,腕の覚えのある方,挑戦してみてはいかが?

 

この記事を読んで,「よくまぁこういうレア物天体の写真を撮るねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケレス登場

  昨日(12日)は『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第17号の発売日.今回の部品は
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第16号の部品
ケレス,ケレスのアーム,そして歯車.

  ・・・

  今号の作業はケレスをケレスのアームの先端につける・・・だけ.

  これだけじゃあやっぱり寂しいので例によって余分に買ってあった第5号の部品を流用して本体に組み込み.
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第16号までの進捗状況
今回は歯車もついていたのでこれでケレスも回るようになった.うーん,水金地火の4つの惑星の外側をゆっくり回るケレスを見ていると何だか嬉しいぞ.

  ちなみに,今号には定期購読のオマケ,「部品トレー」とやらがついてきた.
定期購読のオマケ「部品トレー」
想像していたよりちゃちいけど.まぁオマケではこんなものか.

  ところで,この準惑星の名前,最近になって「セレス」という表記をあまり見かけなくなった.学名では“Ceres”と綴り,英語では“レス”と読めるがラテン語風に読めば“レス”.星座名の “Cepheus” を“フェウス”と読むなら “Ceres”は“レス”と読む方が整合性があっていいと思う.まぁどっちでもいいと言えばどっちでもいいんだけど.

SETI@home 現在の順位 世界…76,704位(/962,133人)国内…2,775位(/26,267人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,104位(/227,847人)国内…269位(/3,355人)

この記事を読んで,「まぁ外来語の日本語表記ってのは難しいからねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

ちょっとした新兵器

  この間の日曜日,訳あって東京の望遠鏡ショップに行った(TXに初めて乗った!).その「訳」そのものの結果が出るのはまだ先のことだが,ついでにちょっとした新兵器を手に入れた.
バローレンズ
筒の短い2倍バローレンズ.メーカー不明,安物で「良品」ではない可能性があるが.今まで所有していたバローレンズは筒が長く,P.S.T.の接眼部に取り付けることができなかった.こいつをP.S.T.に取り付けてプロミネンスの拡大撮影をやってやろうというわけだ.

  ・・・

  筒の後ろにはネジが切ってある・・・これはどうやらTネジらしい.
  ということは,Tリングを取り付ければデジタル一眼を取り付けることもできるんじゃないのか?
バローレンズをデジタル一眼に装着
とりあえずOKだ.でもこれだと盛大にケラレてしまうか?
と思い,望遠鏡に取り付けて試し撮り.
望遠鏡で試写
おぉ!ケラレはほとんどナシ.性能的には実写してみないと解らないけど,それなりに使えそうだ.

  さらに試しにP.S.T.に取り付けてみた.
P.S.T.に取り付けてみる
取り付けだけはOK.ただし,接眼部に負担がかかりすぎでちょっと怖い.これも実写してみないと実際にどのように撮れるか解らないけど,これで撮ることはほとんどないかも.

  いずれにせよ,こうして新しい“おもちゃ”を手に入れれば使ってみたくなるのが人情というものなのだが・・・

  今日は薄曇り.もうちょっと晴れてくれれば試せるのに.

「新しい機材を手に入れた直後は晴れない」
  ジンクスはやっぱり生きていたらしい.

SETI@home 現在の順位 世界…76,599位(/961,625人)国内…2,774位(/26,258人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,144位(/227,769人)国内…270位(/3,354)

この記事を読んで「アンタが天気に泣かされるのは相変わらずだねぇ」と思った方,こちらをクリックして励ましの投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

ちょっとレアもののクレーター

  一昨日(9日)の観望会の後,本当は土星を撮りたかったけど土星が雲に隠れてしまったのでかわりに撮った一枚.
ネペール(ネイピア)・クレーター 2009年5月9日

・・・

  撮ったはいいけど,行き当たりばったりで撮ったのでそもそも月面のどの辺を撮ったのかも解らず,このクレーターが何なのか突き止めるのに苦労してしまった.

  方々を調べ,これが月面東端,スミス海の北にある「ネペール(Neper)・クレーター(ネイピア・クレーター)」であることが判明.天文年鑑にも名前が載っていないし,ちょっとレアものかも.

  当日は薄雲が出ていた上,シンチレーションがイマイチだったとは言え,もうちょっとシャープに写せないものなんだろうか...

SETI@home 現在の順位 世界…76,516位(/961,180人)国内…2,774位(/26,251人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,187位(/227,706人)国内…271位(/3,354)

この記事を読んで,「だいたい満月近くの月にはなかなか注目しないからねぇ」と思った方も,「満月近くだって結構見どころはあるもんだよ」と思った方も,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

贅沢な時間?

  昨日(9日)夜は城里町ふれあいの里天文台で観望会.
  ゴールデンウィークほどではなかったが,なかなかの賑わい.屋上にはつるつる亭やかん師匠がもってきた13cm反射とコルキットスピカがならぶ.
  ドーム内の望遠鏡と,外に出した小さな望遠鏡を見比べて皆さん大喜び.
「いやあ楽しいなぁ」
ホントですか?そう言って頂けるととっても嬉しいです.
「こんな小さな望遠鏡でも結構見えるものなんですねぇ」
そうなんですよ.意外でしょう?

  最後に来館されたグループは月と土星を見て大はしゃぎ.
「こうして解説してもらいながらじっくり星を見られるなんて贅沢な時間~」
嬉しいことを言ってくれますね.でもそう改まって言われるとちょっとテレるかも.

  毎晩夜空を見上げているとつい忘れそうになるけれど・・・
  星の光を見ている時間っていうのはホントはいつも「贅沢な時間」.夜空に見える星の光はその一つ一つ全てが本当に貴重なものなのだから.

今年の観望会 予定…43 実施…24 中止…13 延期…2 屋内(外)で天文教室…4 勝率….558(24勝19敗)
連敗ストップ.貯金が1つ増えて5.

SETI@home 現在の順位 世界…76,457位(/960,820人)国内…2,771位(/26,242人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,187位(/227,657人)国内…271位(/3,353)

この記事を読んで「アンタはその“貴重な時間”を人より多く過ごせる立場にいるんだから無駄にしちゃダメだぞ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

今日の太陽(2009-05-09)

  今日の朝は曇り.「また(太陽観察が)できないのか」と思っていたが,午前中のうちには快晴になり,相変わらずの腰の痛みを我慢しながらもそこそこ元気に2日以来の太陽観察♪
  間が開いた時というのは「もしかしてエラく変わってるんじゃないか?」という期待を抱くものだが・・・
Hαによる太陽像 2009年5月9日
やっぱり相変わらずだった.
  リム上には小さなプロミネンスがいくつか.右上に写っているものは眼視ではもう少し高く上がっているように見えたが,写真にはあまりよく写ってくれなかった.彩層面は・・・右上の方に小さなダークフィラメントがあるような気がする.左下隅の方のものは・・・ダークフィラメントなんだろうか.だとすればこれまでになく大きなものだけど・・・でも画像処理の都合で現れたニセモノのような気もする.

  太陽望遠鏡での見応えはどうあれ,“お日さま”の光を浴びられるってのはやっぱりいいもんだ.今日のところはそれでよしということにしておくか.

この記事を読んで,「とりあえず“ないものねだり”をしても仕方がないからねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴れている時間が

  最近どうも晴れている時間が短い.
  ゴールデンウィーク中も昼間はなかなかきっちり晴れず,太陽観察は一度もできなかった.それでも夕方からはぎりぎり観望会ができる程度には晴れて,4回予定されていた「観望会ダブルヘッダー」は3回(観望会は合計6回)実施できたのだが,観望会終了後に土星の写真を徒労もとい撮ろうと思ったらあっさり曇られた.
  「観望会ダブルヘッダー」の最終日の5日に雨で観望会が両方中止になって以来はずっと曇りと雨.一昨日(7日)から昨日にかけてはかなり強い雨が降り,昨日の朝は雷も鳴っていた.
  その昨日は一日中ずっと雨で,帰宅した21:00頃も降っていた.
「こりゃもうダメだね」
ということであっさり就寝したのだが,01:00頃目が覚めてみると
2009年5月8日 自宅にて
快晴.ちょっとびっくり.
  折角晴れたのだから,他に何か撮れないかとしばし考えてみたけれど,月がこうも明るくてはねぇ.ここ数日の雨で地面が水浸しで機材もあんまり持ち出したくないし.

  ということで上の写真を撮っただけで再び就寝.再び目が覚めた時にはベタ曇り.
  やっぱり晴れている時間が短いんだよなぁ.

  なんて思っていたら現在はまた快晴.どうやら久々に太陽観察もできそうだし,夜には城里町ふれあいの里天文台も開館できそうだ.ほぼ満月なのが残念ではあるけれど.

SETI@home 現在の順位 世界…76,385位(/960,515人)国内…2,768位(/26,238人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,177位(/227,587人)国内…270位(/3,352人)

この記事を読んで「まぁでも時々晴れているだけマシでしょう.これからもっと晴れない季節がやって来るんだから」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

UFOの不思議

  時々思い出したかのように話題にのぼるUFO.天文教室の時にも子供たちから「UFOって本当にいるんですか」とか「宇宙人って本当にいるんですか」という質問をよく受ける.
  私自身,他に説明できないような映像や目撃証言もあったりするので,あえてUFOの存在について肯定も否定もしないが,どうしても納得のいかない疑問が多々ある.

  天文家が目撃しないのはなぜ?

  アマチュアを含め,「天文家」という人種はとにかく夜空を眺めている時間が長い.私自身,「撮影日和」の夜には一晩中星空の下で過ごすわけだし,「撮影日和」でなくても,たとえ晴れていなくても毎晩必ず夜空を見上げている.そんな「天文家」がUFOを目撃したという話をとんと聞かない(まぁ完全に0というわけでもないが,私の天文マニア歴10年の間にWebで見かけた1件しかない).ほとんどの目撃証言というのは「たまたま空を見上げた人」によるものだ(中にはUFOを見ようと張り切っている人もいるが,我々「天文家」が流星を見ようと張り切っているとなんでもかんでも流星に見えるのと同じように,そういう人が見ている場合なんでもかんでもUFOに見えてしまうような気もする).毎晩のように夜空を見上げている人はほとんど目撃しないのに,たまたま見た人ばっかりが目撃するというのは,UFOの存在云々の前に,確率論的に無理があるような気がする.

  映像や写真の疑問

  「UFOがくっきりと写っている!」とされる写真の多くはくっきりというのはどうかと思うほどボケボケのものばっかり.百歩譲ってくっきりと写っているということにしても,それだけくっきり写っているのに,周囲に目撃者が少ないのはなぜ?
  以前にWebでお目にかかった写真,そこにはいかにもUFOというものが確かにくっきりと写っていたが,その写真を撮った人のコメントが疑問.
「撮った時には気がつかなかったが,PCに画像を取り込んでみたらくっきりと写っていた」
  いやそれだけくっきり写っているなら,撮った時に見えるんじゃ?まぁタイミングの問題か何かで見えなかったとしても,デジタルカメラならばその場で画像を見ることができるわけで,撮ったその場で気がつくはずなんじゃなかろうか.心霊写真じゃないんだから.それに,撮った本人には見えなかったとしても,周囲にたくさんの目撃者がいるはずだと思うんだけど.
  最近話題になった,「オバマ大統領の就任式典に現れたUFOの動画」,これも疑問.
  数万人が集まった式典にUFOが現れたのならば,1割の人が気づいたとして数千人,1%だったとしても数百人.動画が公開される以前に会場では大騒ぎになっているはずなのに,話題になったのは動画が公開されてからというのは一体なぜ?

  コンタクトをしてこない疑問

  我々人類がたどり着いた唯一の天体は月.我々はまだ火星までもたどりつけていない.「宇宙人」がどこから着たものであっても,我々より進んだ文明を持っているはずだ.それだけの文明を持っているならば,地球に知的生命が存在していて,電波による通信手段を持っていることも把握しているはずなのに,コンタクトをとろうとする前にいきなりやってきてしまうというのはなぜ?いきなりやってきてしうのは,彼らにとってもあまりに危険だろう.それだけの文明を持っているのに,そんな無謀なことをするのか?

  形の疑問

  UFOの写真とされるもののどれを見ても,空力学を思いっきり無視したものばっかり(ジ◯ン公国の◯ダイやルッ◯ンの方がはるかにマシだ.わかる人にしかわかならいだろうが).滑空できるような形状をしたものを見かけないのはなぜ?反重力のような動力を持っているのかもしれないが,母星と全然違う環境にやってきてその動力が故障しないという保証なんかあるはずがない.あんな形じゃ,動力が故障したら墜落するしかないじゃないか.着陸することだけが目的ならそれでもいいが,UFOと言われるもののほとんどは立派に飛行している.大気圏内を飛行するつもりなら,たとえ動力の全てが失われても安全に着陸できるような形状を考えるんじゃないのかなぁ.「コンタクトしてこない疑問」と合わせて,高度な文明を持っているにしてはやっていることがあまりに浅はかな気がする.しかもやってくる宇宙人のほとんどが同じように浅はかというのはどうも・・・

  将来,どこかに知的生命体を見付け,人類がその星にたどりつける手段を手に入れた時,我々はどういう行動をとるのだろう?地球にやって来る「宇宙人」のようにはなってほしくないなぁ.

SETI@home 現在の順位 世界…76,297位(/960,203人)国内…2,764位(/26,231人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,228位(/227,512人)国内…273位(/3,352人)

この記事を読んで「UFOが存在するのかどうかはともかくとして,人類がそんな“幼稚な宇宙人”にはなってほしくないよねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

さらに歯車が増えて

  また一日遅れでこの記事.
  一昨日(5日)は『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第16号の発売日.「観望会ダブルヘッダー」で頭がいっぱい,会話スレ買い忘れそうになったけど無事に購入.
  今回の部品は
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第16号の部品
ケレスの基部,歯車,車軸ギア,ネジが計3本.これと13号についてきた歯車一枚を組み合わせて,
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第16号の部品(組み立て後)
そしてこれを本体に組み込み.
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』第16号までの進捗状況
見た目はあんまり変わらないが,またかみ合う歯車の数が増えたわけだ.水星を手でもってぐるぐる回し,いろんな早さで回る歯車の眺めているとなんだか嬉しい.あぁ,やっぱりネクラになりそうだ.

  ん?バックラッシュは結構大きいな.

  なんて思ってみたり.って,赤道儀じゃないんだから...

SETI@home 現在の順位 世界…76,203位(/959,513人)国内…2,761位(/26,220人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,219位(/227,445人)国内…273位(/3,352人)

この記事を読んで,「連動して動くたくさんの歯車って見ていて飽きないかも」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

4日連続・・・ならず

  昨日(5日)も「観望会ダブルヘッダー」の予定だった.ゴールデンウィークの観望会は昨日で「千秋楽」だったのだが,

  昨日は・・・雨.

  ホロルの湯前での観望会は中止,城里町ふれあいの里天文台も閉館.

  観望会開始時刻の頃にホロルの湯へ.事務室にご挨拶をしに行き,その後入浴.

  風呂から上がってきた時に,
「月とか土星が見えて云々」
という会話が耳に入った.観望会に参加してくれた人か,観望会を楽しみにしてくれた人がいたんだねぇ.ちょっと嬉.

  木曜日から昨日まで,ダブルヘッダー4回を含んで予定されていた観望会は10回.「千秋楽」が雨で中止となったので「全勝!」とは行かなかったものの,この10連戦は8勝2敗.その間,観望会の参加者はのべ600人超.いやぁ充実した連休になった!

  ただ,この連休中,一度も太陽観察ができず,一枚の写真も撮れなかったのは残念!

今年の観望会 予定…42 実施…23 中止…13 延期…2 屋内(外)で天文教室…4 勝率….548(23勝19敗)
4日連続ダブルヘッダーの最終日に連敗.貯金が2つ減って4.

SETI@home 現在の順位 世界…76,143位(/959,324人)国内…2,758位(/26,214人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,218位(/227,374人)国内…272位(/3,351人)

この記事を読んで,「5日間で600人以上が参加して観望会ってかなりキツかったんじゃない?」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

3日連続

  昨日(4日)夜も「観望会ダブルヘッダー」の予定.
  昨日は昼間からほとんど曇り.予報でも夜は曇り.
「今晩はさすがにダメだろう」
と思っていたが,ダメならダメでその時間に温泉につかればいいやということで,18:00頃第1戦の会場であるホロルの湯へ.
  ホロルの湯に到着した頃はベタ曇りで「やっぱりダメか」と思ったのだが,開始30分前頃になるとおぼろに月が見えていた.つるつる亭やかん師匠は望遠鏡を準備し始めたが,私は「こりゃやっぱりダメだろう」ということで準備をためらった.

  でも.

  となりの望遠鏡で「そこそこ」ではあっても月が見えているとなれば,やっぱり自分でも望遠鏡を持ち出したくなるのが人情というもので.

  結局私も望遠鏡を組み立てた.

  しばらくは土星は全く見えず,月も時々「ただ黄色くて明るいだけ」になってしまうような状況だったが,終了5分前くらいになって晴れ間が広がった.その時見えた土星は素晴らしい見応え.
  しかし,この時刻.ホロルの湯の最終入場時刻が20:00.この頃にやってきた人は早く入らないと入れなくなってしまう訳で,望遠鏡なんぞ覗いているヒマはない.そんな時間帯だから,出て来る人も少ない.う゛ぅ・・・折角良く見えているのに見る人がほとんどいない・・・

  少し延長したかったが,20:30からは城里町ふれあいの里天文台で観望会なのでやや後ろ髪を引かれる思いで撤収.

  20:30からは予定通りふれあいの里天文台で第2戦.こちらでは最初から土星を見てもらうことができた.しかもその土星は今シーズン1,2を争う見え味!
  前の晩よりも来館者が多く,皆さん土星の姿に感動して帰られた様子.いやぁ何より.

  土星がそれだけよく見えているとなれば
「よっしゃ,今日はしっかり撮っていこう」
と張り切っていたが,観望会終了の頃にはすっかりベタ曇り.なんてこった.

  どうも昨晩は最後のツメがうまく行かない晩だった.まぁでも,「無理だろう」と思っていた観望会が両方ちゃんとできたので良しとするか.

今年の観望会 予定…40 実施…23 中止…11 延期…2 屋内(外)で天文教室…4 勝率….575(23勝17敗)
3日連続ダブルヘッダーに連勝で計9連勝!貯金がさらに2つ増えて6.

SETI@home 現在の順位 世界…76,837位(/958,914人)国内…2,790位(/26,206人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,210位(/227,316人)国内…271位(/3,351人)

この記事を読んで,「そうそう全部はうまくいかないものさ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

思ったよりも

  昨日(3日)も19:00~20:00にホロルの湯玄関前で,20:30~22:30は城里町ふれあいの里天文台でと「観望会ダブルヘッダー」の予定だった.
  17:00頃にホロルの湯に行き,一風呂浴びた後に見上げた空は・・・ベタ曇り.
「こりゃ今日は無理だな」
と思っていたけれど,開始30分前頃になって薄雲の向こうに月が見えたので
「せめて月だけでも見てもらおう」
ということで望遠鏡をセッティング,予定通り19:00から観望会を実施.
「土星はダメかも」
と思っていたけれど,思ったよりも雲が薄く,時々その雲にかくされながらも土星も見てもらうことができた.しかも,これまた思ったよりもシンチレーションの具合が良かったらしく,土星は前の晩よりもずっときりっと締まった姿を見せてくれていた.
「環に触ったら指が切れそうだ」

  時々見える土星の姿は素晴らしかったが,時々は月さえみ見えなくなる状況.
「今晩は見て行ってくれる人も少ないかも」
と思っていたが,結局参加者は105人.思ったよりもたくさんの人に見て頂けて満足.

  この観望会が終わった頃も時折月が雲にかくされるような状況だったが,天文台も予定通り開館.
  さすがにもう土星は見ることができずに月だけの観望会となった.
  こちらの観望会は,思ったよりも参加者がずっと少なかったが,前の晩にも来館された方がまた来て下さった方がまた来て下さったし,月だけだったものの,その月の見え具合に皆さん喜んでくださって思ったよりも盛り上がった観望会となった.

  そんな中,
「ブログの方ですか?」
と声をかけられた.このブログを見て天文台に来て下さったとのこと.いやホント嬉しいです.このブログ,毎日更新するのは(あくまで星ネタにこだわっているので)結構大変だったりするのだけれど,こうして声をかけていただけてホントにやってて良かったです.また是非足を運んでくださいね.

  これで二日連続のダブルヘッダー.今年のゴールデンウィークは土星の見頃と重なるので,是非多くの方に土星の姿を見て頂こうと,ふれあいの里天文台の開館日に合わせ,ホロルの湯玄関前でも観望会を開こうと私が言い出しっぺになって実施しているのだが・・・

  思ったよりずっとキツい.朝起きた時には体が思いっきり重いし,腰は痛いし.

  実は今晩も“ダブルヘッダー”の予定.さすがに今晩は曇ってしまいそうだけど・・・さてどうなることか・・・

今年の観望会 予定…38 実施…21 中止…11 延期…2 屋内(外)で天文教室…4 勝率….552(21勝17敗)
またダブルヘッダーに連勝で計7連勝!貯金が2つ増えて4.

SETI@home 現在の順位 世界…76,828位(/958,901人)国内…2,790位(/26,206人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,252位(/227,246人)国内…272位(/3,350人)

この記事を読んで,「毎日読んでいる人がいるんだから,手を抜かずにちゃんと考えて記事を書きなよ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

ダブルヘッダー

  昨日(2日)夕方,まずは19:00からホロルの湯玄関前にて観望会.
  星に全然興味のない方はまず天文台に足を運ぶこともないだろうし,身近なところで星の観望会の予定があることを知っていてもそこへ行かないもの.そんな方でも,望遠鏡が目の前にあって,それで「土星が見られます」と言われれば(もちろん無料で!)「どれ,せっかくだから見てみようか」という気になるだろう.折角この連休に土星が見頃なんだから,是非多くの人に土星を見てもらおうという企画で,主催は城里町ふれあいの里天文同好会.言い出しっぺはこの私だったりする.
  その言い出しっぺが集合時刻を1時間勘違いして集合に30分も遅刻するというハプニングもあった(会場に移動中,車を運転しながら気がついた.あぁ,情けない)が,予定時刻までには準備が間に合って無事開始.

  集まった方々はいれかわりたちかわり望遠鏡をのぞき,
「うわーホントに土星だぁ」
「初めてみたぁ!」
例によって歓声をあげていた.中にはこれまた例によって
「小せぇ!」
という人もいたけれど.

  温泉施設前での観望会なので皆さんには「お風呂に入る」という都合があるわけで,長蛇の列ということもなかったが,いれかわりたちかわりおよそ150人の方が土星を見て行かれた.
  ま,1時間でこれだけの人に見てもらえれば企画として成功と言えるだろう.

  この観望会は20:00で終了.急いで片付け,すぐに城里町ふれあいの里天文台に移動して観望会ダブルヘッダーの第2戦.今回はドーム内での案内をつるつる亭やかん師匠にお願いして,私は屋外で星座の案内.
  昨日は連休中ということもあって来館者は120人.これだけ多くの方が来館されると案内する側としてもかなり大変なのだが,目立ったトラブルもなく,いくつかの流星のオマケもついて,皆さんには概ね喜んでいただけた様子.興奮した様子でいろいろ話しながら天文台を後にされる姿を見られるってのはいいもんだ.

  ということで,19:00から22:30までの「観望会ダブルヘッダー」,参加者はしめて約270人.いや充実した夜だった.

  ただ,その間や約3時間半.ほとんど立ちっぱなしだった上に機材の運搬などもあったわけで,

  腰が痛い・・・

今年の観望会 予定…36 実施…19 中止…11 延期…2 屋内(外)で天文教室…4 勝率….528(19勝17敗)
ダブルヘッダーに連勝で計5連勝!これで実に久しぶりに貯金が2.

SETI@home 現在の順位 世界…76,824位(/958,890人)国内…2,790位(/26,206人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,241位(/227,191人)国内…269位(/3,350人)

この記事を読んで,「ナンボ大変でも,腰の痛みを我慢してでも,それだけの人に喜んでもらえたらやっぱり嬉しいだろうねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

今日の太陽(2009-05-02)

  今日は朝からくすんで白っぽい感じの空ながらとりあえず晴れ.例によって腰の痛みをこらえながらもそこそこ元気に太陽観察♪
  今日はそこそこの見応え.リム上にはここ数日にしては大きなプロミネンスが3つ4つ見えている.
Hαによる太陽像 2009年5月2日
  彩層面は・・・真ん中やや左下に見える模様は何だろう?SOHO EITの画像を見ても何かありそうには見えないけれど.最近,久々に続けて現れた活動領域は2つとも西の端.西の端じゃなくて,この辺に活動領域が現れてくれるとしばらく楽しめるんだけどねぇ.

 

この記事を読んで,「なかなかそう期待通りには行かないさ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月に入って今年初!?

  今年に入って8戦7敗(1回は晴れたものの参加者0でノーゲーム)の「定期観望会」.
  昨日(1日)はその9戦目.天気は朝から快晴.
「よし,今晩こそはOKだ!」

  午後からは一時雲が広がり,「もしかしてまたダメなのか!?」とも思ったが,夕方にはきっちり晴れ,参加者は少なめながら5月に入ってようやく今年初の実施となった.

  もちろん,メインディッシュは土星.参加した皆さんに「わ~!」と歓声をあげて頂いた後,今回は↓こういう画像をプリントしてお配りしてみた.
土星の環 7年間の変化
(クリックで拡大,600 x 849 pixel,49kb)
土星の環の傾きが変化して見えるということに皆さん驚かれた様子.さらに,Stellarium を使い,時間を早送りして動画としても見てもらって「へぇ~」.

  「全体のバランスとして一番美しく見えていたのは2年前頃ですかね.それに比べると,今年の土星はイマイチ面白くないんですが,こういう極細の環は15年に一度しか見られないのでこれが見られるというのは結構貴重なことなんですよ」

  これで「定期観望会」の連敗はノーゲームをはさんで7でストップ.次は2週間後.折角土星が見える時期だし,今度は連勝といきたいねぇ.

  あ゛,

  「えー,皆さん,明けましておめでとうございます・・・というのも,定期観望会,こうして実施できるのは今年に入って,今年度じゃないですよ,今年に入って初めてなんです」

  って言ってやろうと思っていたのをすっかり忘れてた.まぁいいか.

今年の観望会 予定…34 実施…17 中止…11 延期…2 屋内(外)で天文教室…4 勝率….500(17勝17敗)
3連勝!ついに勝率5割!

SETI@home 現在の順位 世界…76,759位(/958,679人)国内…2,784位(/26,204人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,238位(/227,118人)国内…268位(/3,348人)

この記事を読んで,「月2回のはずが5月に入ってようやく今年初だなんて,よっぽどツイてないんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

今日の太陽(2009-05-01)

  昨晩の観望会で重い機材を運んだ疲れにも負けず,「久々に現れた活動境域はどうなっただろう?」と期待しつつ今日もそこそこ元気に太陽観察♪
Hαによる太陽像 2009年5月1日
あぁ,地味だぁ...
リム上のプロミネンスはちまいのが3つ(4つ?)ほど.変化を楽しみにしていた活動領域も西の縁ぎりぎりのところに行ってしまった.
  まぁでも,数日後になれば,この活動領域上空のプロミネンスが西のリムの上に見えてくるだろうから,それに期待することにするか.

  しかし,天気予報では明後日(3日)以降は「曇り」だったりする・・・(嘆)

 

この記事を読んで,「こういう時ってのは天気予報が外れてくれないもんだよ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

順調にスタート

  昨日(30日)は水戸市のお隣,ひたちなか市某所で観望会.
  公民館(コミュニティーセンター)主催で6回シリーズの「天文講座」の第1回目だ.この講座は第2回目と第3回目が「プラネタリウム工作教室」の予定.参加した子供たちに「今回は一番何が楽しみ?」と聞いてみると,「プラネタリウム!」という子が多かった.
  ということで,第1回となる昨日は,最初に「プラネタリウムについて」ちょっとお話.
「今回みなさんが作るプラネタリウムも,僕が作ったプラネタリウムも基本的な構造はおんなじなんです.だから,今回の講座をきっかけにしていろいろ工夫すれば,皆さんもこんなのが作れるかもしれません」
「プラネタリウムを作る楽しみは,自分で星の穴を開けて作り上げた後,実際の夜空を見た時に,そこに見えている星が自分のものになったような気になれることなんです」

  ・・・

「実際にプラネタリウムを作ってみると,とても大変な作業なんですが,とても面白いものです.ただ,あんまり面白いのでそれにハマってしまうと人生を踏み外しちゃうかもしれないので気をつけてください」
なんて話も.

  その後は外に出て観望会.もちろんメインディッシュは土星.
  大体,この時期は空の透明度とシンチレーションは「トレードオフ」になるもので,透明度が悪かった昨晩のシンチレーションはかなり良く,キリッとしまった土星の姿を見ることができて,参加した大人も子供も大喜び.
「うわ~!CGみたい!」という子も.
「初めて“生土星”を見ました」と言ってたいそう感動された様子の大人も.

  大人になるまで土星を見たことがないなんて勿体ないなぁ.土星なんて,毎年必ず見えているのに.
  もちろん,そういう方は土星を見る機会がなかった訳で,だからこそ,私のような立場の者が頑張ってその機会を多く提供しなくちゃならないんだろうな.

  いずれにせよ,講座は順調にスタート.次回(6月末)からはいよいよ「プラネタリウム工作教室」だ.さてどんなドラマが待っているのだろうか.

今年の観望会 予定…33 実施…16 中止…11 延期…2 屋内(外)で天文教室…4 勝率….485(16勝17敗)
連勝!借金がさらに1つ減って1.5割復帰まであと1勝!

SETI@home 現在の順位 世界…76,686位(/958,471人)国内…2,783位(/26,203人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,221位(/227,042人)国内…267位(/3,348人)

この記事を読んで,「そう,アンタみたいな人が頑張らないと,“大人になるまで土星を見たことがない”という人は減らないんだぞ.でもアンタみたいに人生を踏み外してしまう人が増えちゃったら問題かも」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »