« 待ち遠しい | トップページ | もうすぐあの季節 »

2009年1月29日 (木)

また中途半端

  昨日(28日)も夕方は観望会.この観望会,昨日が雨天・曇天ならば順延で今日実施という予定だったのだが...
  昨日の昼間は快晴.ところが予報によれば夕方から曇り.しかし翌日(つまり今日)の予報はどう見ても絶望的だった.「ならば今日一か八か実施しましょう」ということで実施が決定.
  観望会開始予定は18:00.準備の時間を見越して16:45に会場に向けて出発したのだが,その時の天気はほぼベタ曇り.会場に到着したのが17:00過ぎで,その時は晴れ間が広がっていた.
「天気ってほんの15分でこれだけ変わるんですねぇ」
「これなら大丈夫かも」
なんて話をしていたのだが,ほんの15分で良い方に変わることもあれば悪く変わる方もある(いや悪く変わる方が多い気がするのだが)わけで,結局観望会開始予定の18:00には再びベタ曇り.
  あぁ,天気って奴はとことんまで意地悪だねぇ.

  昨日は雨天・曇天は延期の予定だったので天文教室を行う屋内の場所は確保されていなかったので,仕方なくスクリーンとプロジェクターを展開して屋外で天文教室.寒い中,屋外でスクリーンに写る映像を見ているというのも何かと思うけど仕方ない.
  ガリレオの天体観測についての話をしているうちに,少し雲が切れて金星が顔を出した.ちらちら見えるだけではまたすぐ見えなくなってしまうので少し様子をみていたが,雲の切れ間が広がってきたところで望遠鏡を金星に向けて観望開始.
  ところが,全員が望遠鏡を覗くことができる前に再びベタ曇りになってしまった.
「いやホント申し訳ないんですが,こればかりは天気が相手なもので」

  その後は再びスクリーンに映像を写しつつお話.Mitaka Plus を利用して「冥王星はなぜ惑星と呼ばれなくなったのか」の話,そして私自身が撮影した天体写真を見てもらいながら,「宇宙の果ては認識の果て」という話.

  観望会終了後,参加した方から,
「いや映像資料が素晴らしかったですね.とても楽しかったです」
と言われた.

  ・・・

  実は普段から,昨日のような状況でも参加された方には少しでも有意義な時間を過ごしてもらえるようにと話のネタや映像資料の準備に力を入れているので,そう言って頂けるのはとても嬉しいのだが,映像というのは所詮「ニセモノ」なわけで,気分は複雑.やっぱり本物を見る驚きと喜びを味わって欲しいと思っているのに,映像資料に力を入れすぎると「本物を見る意義」を薄めてしまいかねない.

「過ぎたるは及ばざるが如し」・・・か,難しいなぁ.

  毎度毎度きっちり晴れてくれればこんなことで悩まなくて済むのにねぇ...

今年の観望会 予定…7 実施…5 中止…2 延期…0 屋内(外)で天文教室…0 勝率….714(5勝2敗)
連続不完全燃焼ながら連勝.とりあえず貯金は1つ増えて3.

SETI@home 現在の順位 世界…78,512位(/934,004人)国内…2,841位(/25,734人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,372位(/219,740人)国内…265位(/3,247人)

この記事を読んで「どんなに素晴らしい映像も本物の良さには敵わないけど,それを伝えることっていうのは難しいよねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 待ち遠しい | トップページ | もうすぐあの季節 »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また中途半端:

« 待ち遠しい | トップページ | もうすぐあの季節 »