« ザ・ムーン | トップページ | 史上最大の作戦 »

2009年1月18日 (日)

ベテルギウス

オリオン座
冬の夜空を飾るオリオン座,その左上でオレンジ色の光を放っているベテルギウス.
  良く知られているように,この星は天文学的な時間スケールでもうすぐ超新星となって消滅する.あと数十万年以内とか,いや数百年以内とか,あるいは既に超新星爆発を起こしていてもう消滅している(ベテルギウスまでの距離は約600光年(ヒッパルコス衛星の観測では427光年)だから,超新星となってから600年間はその情報が地球には届かない)なんていう人もいるようだ.しかし,科学史上超新星爆発の前兆が観測されたことは一度もないので,恒星が超新星爆発をする直前にどのような変化をするのかはまるでわかっていない.つまり,(極端な言い方をすれば)ベテルギウスの超新星爆発が観測されるのは今夜かもしれないし,10万年後かもしれない.

  昨日,「ベテルギウスが超新星になったらどのように見えるんだろう?」という話になった.100万倍の明るさになったとすれば等級は18等明るくなるから,超新星爆発を起こしたベテルギウスの明るさは-17等程度.満月の明るさが-12.5等程度だから,満月よりはるかに明るくなるというわけだ.その後いろいろ調べてみたところ,ベテルギウスの超新星爆発はそれほど明るくはならず,明るくなったとしても三日月程度にしかならないらしいが.
  とは言え,三日月でも地面には自分の影がしっかり映るから,「その時」にはベテルギウスの光でも影が映るだろう.三日月だって望遠鏡で見ればまぶしいからベテルギウスもさぞまぶしいだろう.三日月の明るさは大体-7等.しかし,三日月の場合は面積のある明るさだから,拡大して見た場合の明るさはさして明るくない.対してベテルギウスの場合は点光源の-7等ということになるからさぞ強烈だろうな.もしかしたら,望遠鏡で見たら目を痛めてしまうほどになるのかも!?

  生きているうちにそんな光景を見てみたいなぁ.可能性は限りなく0に近い数字だろうけど...

  ただ問題は・・・ベテルギウスの消滅した後のオリオン座って・・・
ベテルギウスのないオリオン座!?
「肩を落とす狩人オリオン」・・・めちゃくちゃ寂しい姿になっちゃうんだろうねぇ.

SETI@home 現在の順位 世界…78,301位(/929,905人)国内…2,832位(/25,641人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,481位(/218,958人)国内…262位(/3,236人)

「生きている間にベテルギウスの超新星爆発を見たい!」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« ザ・ムーン | トップページ | 史上最大の作戦 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

非科学的な話で申し訳ないのですが
超新星爆発の時期に関連して少し気になる記事があるのですが
紹介させていただきます。
新約聖書ヨハネ黙示録18章より引用
18:1この後、わたしは、もうひとりの御使が、
大いなる権威を持って、天から降りて来るのを見た。
地は彼の栄光によって明るくされた。
18:2彼は力強い声で叫んで言った、
「倒れた、大いなるバビロンは倒れた。」
そして、それは悪魔の住む所、あらゆる汚れた霊の
巣くつ、また、あらゆる汚れた憎むべき鳥の巣くつとなった。
                       以上抜粋
これは人類の終末期に起きる出来事を描写したものの一部ですが
ベテルギウスの超新星爆発は、地球上を明るく照らすほどで
あることから、この時ちょうど超新星爆発が起きていると、
このように表現できると考えます。

投稿: nobu | 2018年4月 2日 (月) 15時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11449/27248956

この記事へのトラックバック一覧です: ベテルギウス:

» オリオン座の明るい星が・・ヤバイとか・・ [このままではヤバイ (almond51のブログ)]
ライブドアのニュースにオリオン座の一番明るい星が爆発するかも・・みたいなニュースがありましたので、読んでみました・・ で、まぁ、別に驚く事は無く、この星の明るさが以前よりも15%減少していて、それが爆発の前兆かも知れないとのこと。若しかしたら今日明日かもしれな... [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 07時29分

« ザ・ムーン | トップページ | 史上最大の作戦 »