« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

雨.

  昨日(30日)も市内某小学校で観望会.しかし,天気は朝から雨.
  小学校としては残念な天気だっただろうけど,私としては中途半端に晴れるよりこの方がずっとありがたい.もちろん,きっちり晴れる方が137億倍いいんだけど.

  「今日,これからのお話で君たちが少しでも星が好きになってくれればいいなぁと思っています」
と言って天文教室開始.

  昨日はまず自作プラネタリウムで冬の星座案内.例によって部屋を暗くして星が映った時にはみんな大歓声をあげてくれた.
  そして,レーザーポインターで星の並びを示しながら「こういう星の並びがありますよね」とかいう度に「わー,ホントだー!」という反応.こういう反応をしてくれると嬉しいものです.
「みんなの中でもしプラネタリウムを作ってみたいという人がいれば弟子入りしてくれれば教えますよ」
と言ったら,「弟子入りしたい!」という子も数人.
「ただし,作るのはとても大変なので覚悟してくださいね」

  その後,ガリレオの天体観測他の話と質問コーナーで1時間半.
「終わりの会」の時に小学校の先生が
「今日のお話で星が好きになった人(手を上げて)」
と言った時,ほとんどの子供が元気に手を上げてくれた.いやそういう反応をしてくれるとやった甲斐があるというものですよ.

  天文教室終了後には某ラジオ局の取材があった.その中で,こんな質問が.
「いつごろから天文に興味をお持ちなんですか?」
「いやよくそういう質問をされるんですけどね.ほんの10年ほど前からなんですよ.しかもきっかけはこの仕事なんです.最初はこういう仕事をする以上はちゃんといろいろ知っておかなきゃならないと思っていたんですけど,やってみたら面白くなっちゃって.気がついたらどっぷりハマってました.だいたいそういう質問をされる方って『小学生の時から』とかっていう答えを期待されるんですけど,夢のない答えですいません」
「いやでも星って大人でも魅きつけられる魅力があるってことですよね」
さすがプロのレポーター,見事なフォローだ.

今年の観望会 予定…8 実施…5 中止…2 延期…0 屋内(外)で天文教室…1 勝率….625(5勝3敗)
前回までは連続不完全燃焼ながら連勝.そして昨日はそこそこ完全燃焼で連勝がストップ.複雑な心境で貯金は1つ減って2.

SETI@home 現在の順位 世界…78,603位(/934,768人)国内…2,848位(/25,748人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,362位(/219,979人)国内…264位(/3,254人)

この記事を読んで「今度はきっちり晴れた星空の下でそういう充実感を味わえるといいねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

もうすぐあの季節

  コンタック総合研究所が昨年末に行った意識調査によれば,花粉症による仕事などの生産性の損失を金額に換算すると1日平均5949円だとか.
  かく言う私も重症の花粉症.しかも発症したのは小学生時代,まだ「花粉症」という言葉もなかった頃だ.
  幸い,私自身は花粉症によって生産性の損失があるという意識はないが,問題は・・・

撮影中の愛機 2009年1月1日
上の写真は今年の元旦(年が明けてすぐ)に撮ったものだが,写真の背景に写っているのは杉林.私はいつもこの場所で撮影をしている.この場所で一晩みっちり花粉を浴びるのだから大変だ.同じように花粉を浴びた機材のメンテナンスも大変(その時にもまた花粉を吸い込んでしまう訳だ!).
  ちなみに,城里町ふれあいの里天文台の東側も杉林,時々撮影に出かけるかたくりの里も南側が杉林.

  花粉からは逃げられないらしい.

  でもね,撮影をやらなくたって昼間のうちに花粉を吸い込んで苦しむのには変わりないわけで,どうせ苦しむなら撮影中に浴びた花粉で苦しみたいものですよ.それで良い作品ができれば我慢もできるというわけで.

  だから,昼間晴れて盛大に花粉が飛び,夜になると曇ってしまうという嫌がらせのような天気だけは勘弁してね.

SETI@home 現在の順位 世界…78,512位(/934,004人)国内…2,841位(/25,734人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,359位(/219,907人)国内…265位(/3,252人)

この記事を読んで「ということはつまり,花粉症の季節になると毎日天気か花粉かのどちらかには確実にいじめられるわけで,アンタも大変だねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

また中途半端

  昨日(28日)も夕方は観望会.この観望会,昨日が雨天・曇天ならば順延で今日実施という予定だったのだが...
  昨日の昼間は快晴.ところが予報によれば夕方から曇り.しかし翌日(つまり今日)の予報はどう見ても絶望的だった.「ならば今日一か八か実施しましょう」ということで実施が決定.
  観望会開始予定は18:00.準備の時間を見越して16:45に会場に向けて出発したのだが,その時の天気はほぼベタ曇り.会場に到着したのが17:00過ぎで,その時は晴れ間が広がっていた.
「天気ってほんの15分でこれだけ変わるんですねぇ」
「これなら大丈夫かも」
なんて話をしていたのだが,ほんの15分で良い方に変わることもあれば悪く変わる方もある(いや悪く変わる方が多い気がするのだが)わけで,結局観望会開始予定の18:00には再びベタ曇り.
  あぁ,天気って奴はとことんまで意地悪だねぇ.

  昨日は雨天・曇天は延期の予定だったので天文教室を行う屋内の場所は確保されていなかったので,仕方なくスクリーンとプロジェクターを展開して屋外で天文教室.寒い中,屋外でスクリーンに写る映像を見ているというのも何かと思うけど仕方ない.
  ガリレオの天体観測についての話をしているうちに,少し雲が切れて金星が顔を出した.ちらちら見えるだけではまたすぐ見えなくなってしまうので少し様子をみていたが,雲の切れ間が広がってきたところで望遠鏡を金星に向けて観望開始.
  ところが,全員が望遠鏡を覗くことができる前に再びベタ曇りになってしまった.
「いやホント申し訳ないんですが,こればかりは天気が相手なもので」

  その後は再びスクリーンに映像を写しつつお話.Mitaka Plus を利用して「冥王星はなぜ惑星と呼ばれなくなったのか」の話,そして私自身が撮影した天体写真を見てもらいながら,「宇宙の果ては認識の果て」という話.

  観望会終了後,参加した方から,
「いや映像資料が素晴らしかったですね.とても楽しかったです」
と言われた.

  ・・・

  実は普段から,昨日のような状況でも参加された方には少しでも有意義な時間を過ごしてもらえるようにと話のネタや映像資料の準備に力を入れているので,そう言って頂けるのはとても嬉しいのだが,映像というのは所詮「ニセモノ」なわけで,気分は複雑.やっぱり本物を見る驚きと喜びを味わって欲しいと思っているのに,映像資料に力を入れすぎると「本物を見る意義」を薄めてしまいかねない.

「過ぎたるは及ばざるが如し」・・・か,難しいなぁ.

  毎度毎度きっちり晴れてくれればこんなことで悩まなくて済むのにねぇ...

今年の観望会 予定…7 実施…5 中止…2 延期…0 屋内(外)で天文教室…0 勝率….714(5勝2敗)
連続不完全燃焼ながら連勝.とりあえず貯金は1つ増えて3.

SETI@home 現在の順位 世界…78,512位(/934,004人)国内…2,841位(/25,734人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,372位(/219,740人)国内…265位(/3,247人)

この記事を読んで「どんなに素晴らしい映像も本物の良さには敵わないけど,それを伝えることっていうのは難しいよねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

待ち遠しい

  『週刊 天体模型 太陽系をつくる』創刊号の発売から2週間,昨日(27日)は第2号の発売日.
  昼休みに買いに行き,午後市内某小学校での天文教室を終えてから組み立て.
  今回の部品は
『週間 天体模型 太陽系をつくる』第2号の部品
太陽(予想以上に重い!),金星の基部,駆動歯車・・・だけ.前回の分と合わせても
『週間 天体模型 太陽系をつくる』第2号までの進捗状況
これだけ.

  第3号は中央支柱ほかの部品.ようやく部品同士を組み合わせることができそうだ.あぁぁ待ち遠しい.
  それ以上に天文教室で披露できる日が待ち遠しいぞ.まだまだ遠い先のことだけど...

SETI@home 現在の順位 世界…78,429位(/933,454人)国内…2,841位(/25,717人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,347位(/219,740人)国内…263位(/3,245人)

この記事を読んで「1週間でちょっとしか進まないんじゃ先が待ち遠しいだろうねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

天文教室のあと

  昨日(26日)午前中は市内某小学校で天文教室.ガリレオの天体観測の話,星座の話,太陽系の姿の話・・・などなど.ほぼ徹夜で撮影をした後の疲れた体をひきずっての天文教室だったが,子供たちはみんな真剣に話を聞いてくれた.
  天文教室終了後,校長室に通されたが,ここで校長先生,教頭先生と「宇宙談義」で盛り上がった.教頭先生も映画「ザ・ムーン」をご覧になったとか.実は昨日一番有意義だったのはここでの会話だったかも.

  月から眺めると地球は親指の向こうに隠れてしまう
  宇宙の年齢が137億年,しかし,人類が電波による通信手段を手に入れてからまだ100年も経っていない
  我々は128億光年先まで見ることができるようになったが,実際に行けたのはわずか40万Km弱の月まで

などなど.

「こういう話をしていると人間ってほんとに小さな存在だと思いますよねぇ.宇宙に比べればほんの小さなちりにもならないような存在なのに小さなことで悩むなんてつまらないことだという気になりますよ」
とは校長先生の言.

  ・・・

  しかし,そんな話をしている私本人の実態は・・・

  新しいカメラが欲しい,もっと大きな望遠鏡が欲しい,レンズが欲しい...あぁ,ドームも欲しい.
  でも先立つものがない・・・

なかなか達観した心境にはなれないのであった.

SETI@home 現在の順位 世界…78,355位(/933,140人)国内…2,838位(/25,713人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,360位(/219,679人)国内…263位(/3,245人)

この記事を読んで「夢を追うための現実は厳しいねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

撮影日和♪

  昨晩は快晴.月が明るい間は快晴が続いたのに,月が暗くなってからはなかなかすっきり晴れなかったので久しぶりの撮影日和.実は今年に入って初めて(大晦日〜元旦を除いて)だ.
  この機会にまた総露光時間5時間超で淡い銀河に挑戦(実は過去に2度撮影している対象だけど).

2009年1月26日 自宅にて
  機材も快調,透明度は今ひとつながら一晩中雲に邪魔されることなく合計5時間11分の露光を終了.さぁてどんな画像になるんだろう?画像処理が楽しみだ.

  露光終了後はフラットフレームを撮影,機材の撤収が終わったのは午前6時すぎ.そして今日は09:30から市内某小学校で天文教室.どうしてピンポイントにこういうタイミングで晴れるかなぁ.
  ・・・ほとんど寝ていない体ではやっぱりキツかった・・・

SETI@home 現在の順位 世界…78,290位(/932,929人)国内…2,837位(/25,708人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,387位(/219,560人)国内…263位(/3,243人)

この記事を読んで「当たり前だけど天気は人間の都合なんかと関係ないからねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

不完全燃焼

  昨日(24日)は市内某所で観望会.
  ところが,朝から水戸地方では珍しい雪.昨日は雨天・曇天の場合は室内での天文教室が予定されていたが,
「こりゃ今晩は中止になっちゃうかも」
水戸ではみんな雪に慣れていないので,積もったりすると大変なのだ.雪が積もっているのにイベントを行って事故でもあったら大変なことになるので,天文教室まで含めて中止になるんじゃないかと思った.

  その雪は積もることなく午後早い時刻には止んだ.そして夕方の天気は・・・曇りで所々に晴れ間が見えるといった天気.あーあ,一番嫌な天気だ.
  案の定,会場についてみれば主催者の方から
「ちょっとでも見えそうなら外でやりたい」
と言われた.・・・こういうのはやりづらいんだよねぇ・・・
  雲の様子を睨みながら,その切れ間を探して,金星,カペラ,オリオン大星雲と観望対象を変えながらの観望会.少人数ならそれでもなかなか面白いんだけど,昨日の観望会は参加者はおよそ100人.その100人がばらばらな対象を見たんだから締まりがない.観望対象や,星座の解説などをする機会もなくだらだらと時間が過ぎて不完全燃焼のうちに観望会は終了.

  こういう状況でもう少し意味のあることができないものか・・・今後の課題.

今年の観望会 予定…6 実施…4 中止…2 延期…0 屋内(外)で天文教室…0 勝率….667(4勝2敗)
最近ずっと勝った(晴れた)り負けた(曇った)り.貯金は一応1つ増えて2.

SETI@home 現在の順位 世界…78,210位(/932,551人)国内…2,835位(/25,698人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,379位(/219,525人)国内…263位(/3,243人)

この記事を読んで「中途半端な天気での観望会って難しいんだろうねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

危険な誘惑

  昨日(23日)夕方は観望会の予定だった.しかし天気はいつ降ってきてもおかしくないようなベタ曇り.観望会が中止になったのは残念だったけど,これだけしっかり曇ってしまえば諦めもつくというもので,ある意味「良い天気」だ.

  観望会が中止になったおかげで城里町ふれあいの里天文同好会の例会に参加.

  例会では『週刊 天体模型 太陽系をつくる』の話題で大いに盛り上がった.
「アンタのことだ,これを参考にもっと大きいのを作ったりするんじゃないの?」
危険な誘惑.精巧なギアが作れないから難しいと思うけど.でも「大人の科学」付録のピンホール式プラネタリウムが発端で自作プラネタリウムを作ってしまった前歴があるだけにそういうことに手を出してしまいそうで自分でも不安.
「2倍に拡大したら凄いかも」
「各衛星も公転するようにするとか」
「冥王星やエリスは楕円軌道にしなきゃ」
「とりあえず保管するケースは必要だよね」
「ケースを透明な天球儀にしたらいいんじゃない?」
いろんなアイディアが続出.
「ええい!ひとごとだと思って!」
と言いつつそのいくつかについては「それならできるかも」とアイディアを練っている自分がいた.
あぁ,危険だ.改造しなくたって10万円近くかかるのに...

今年の観望会 予定…5 実施…3 中止…2 延期…0 屋内(外)で天文教室…0 勝率….600(3勝2敗)
連勝できず.貯金は1.

SETI@home 現在の順位 世界…78,137位(/932,176人)国内…2,830位(/25,688人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,397位(/219,465人)国内…263位(/3,243人)

この記事を読んで「なんやかんやと言いつつも何かしらの改造はするんでしょ?」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

あれから1年

  5年間かけた貯金をはたいて購入したEM-400赤道儀が私のもとに届いてから今日でちょうど一年.
  その間,今ひとつ天気に恵まれず,そもそも使うチャンスもそう多くはなかったのだが,なかなかコツをのみこめず,ようやく使いこなせるようになったのは購入から11ヵ月も経過した昨年暮れ.なんだか(私に買われたEM-400が)不憫にも思える.
  しかし,赤道儀が信頼できるものになったおかげで,1コマあたり15分の露光も可能になり,また,撮影中に(もちろん露光中という意味ではなく,露光と露光の間という意味)目標の天体が中央子午線を越えても鏡筒を反転させて撮影を続行できるようになったので1作品の総露光時間を5時間以上に伸ばせるようもになった.
  そうして長時間の露光でモノにした作品の一つが↓こちら.
おおぐま座の系外銀河UGC4305“Holmberg Ⅱ”
おおぐま座系外銀河UGC4305“Holmberg Ⅱ” .総露光時間は5時間32分.
  こうなるといろいろと難しい天体にも挑戦してみたい.これまで撮影したものの中にも撮り直したい天体もたくさんあるし...

  あぁ,もっともっとたくさん撮りたいなぁ...

SETI@home 現在の順位 世界…78,052位(/931,850人)国内…2,829位(/25,683人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,436位(/219,381人)国内…263位(/3,243人)

この記事を読んで「やっぱりいい道具は使い倒してあげなきゃね」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

無駄な計算

  先日,こんなことがあった.

  ある人が電話で
「メールに画像を添付して送る」
と言っていたのに,翌日になってもメールが届かなかった.そこで,
「まだメールが届いていないんだけど」
というメールを送ったら,数時間後に電話があって
「昨日電話したすぐ後に送ったはず」
とのこと.そしてさらに数時間後,件のメールが届いた.

「どうなってるんだ?」
と思ってそのメールのヘッダーを見てみたところ,送信は23:33,受信は翌日の22:45.経由したどこかにシステムのトラブルでもあったんだろうか.まぁ10年くらい昔にはそれほど珍しいことでもなかったけど,最近にしては珍しい.

  ・・・ということで済ませてしまえば別にどうということはなかったのだが,そこはそれ,ひねくれ天文マニアの私の考えることだ,「そのメールは冥王星でも経由してきたんだろうか?」とかいう話になった.もちろんそんな訳ないが.

  ところが,その日の冥王星は地球から32.46天文単位(48億6000万km),メールが電波で送信されたとして,往復8時間半くらいしかかからない.件のメールは送信から受信まで23時間ほどかかっているので,片道約11時間半.この距離から逆算すれば,その信号は43天文単位(64億3000万km)ほどの距離を往復してきたはずということになる.
  で,地球からそのくらいの距離にあった天体がないか探してみたところ,その日,太陽系外縁天体のクワオワー(Quaoar)が地球から43.98天文単位の位置.
「そうか,(件のメールは)クワオワーを経由してきたのか.」

  あぁ,またつまらぬものを計算をしてしまった...

 

でもね,こういう計算をしてさらに無駄な想像をしてみるのって結構楽しいものなんですよ.

SETI@home 現在の順位 世界…78,585位(/931,445人)国内…2,846位(/25,676人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,454位(/219,297人)国内…263位(/3,242人)

この記事を読んで「アンタそういう無駄なことするの好きだよねぇ」と思った方,こちらをクリックしてツッコミの投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

大寒

  今日21日は大寒.
  一年を通して最も寒い時期なのでいろんな人に
「寒いから大変でしょう」
と言われるのだが,実はそれほどでもない(寒くて辛いことに変わりはないけれど).
  体は寒さにすっかり慣れている(氷点下にならない程度ならワイシャツにセーターという薄着で1時間程度外で過ごせる自身がある)し,最も寒い=これ以上寒くなることはない ということなので気分的にこれまでよりずっと楽.しかも,これ以上寒くなることを想定して薄着で我慢する必要もなくなるわけで,これから先は安心して重装備で星見や撮影ができるというわけだ.

  そんなこんなで,そろそろ月も暗くなってきたし,(撮影をする)意欲満々だったのだが...
  昨日(20日)夕方は予報では「曇り」ながらそこそこ晴れていた.
「もしかして今晩は(撮影を)やれるかも」
とちょっと期待していたのだが,結局は予報の通り.さらに週間天気予報によればむこう1週間くらいはあまりはっきりしない天気らしい.
  月が明るい間はずっと晴天が続いていたのに.なんでこうなるんだろう?

「気にいらない天気は一つもない」(アラン・ビーン,アポロ12号着陸船パイロット)
なんていう心境にはなれないなぁ...

SETI@home 現在の順位 世界…78,528位(/931,131人)国内…2,843位(/25,671人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,480位(/219,226人)国内…263位(/3,241人)

この記事を読んで「なんやかやと言ってみたところで,とりあえず晴れないと星は見えないからねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

再び「ザ・ムーン」

  また感動を味わいに,再び「ザ・ムーン」を見に行った.

  今度は2回目ということもあって,登場する宇宙飛行士の顔と名前,そして何号で何をした人なのかが大体解って,前回よりもより楽しめた.サターンロケットの打ち上げでは思わず緊張してしまったし,月着陸船イーグルが無事月面に着陸した時はまるでその時管制室に居合わせたように(学生時代,太陽観測衛星「ようこう」の運用にも関わっていて,内之浦宇宙空間観測所で合計3ヶ月あまりを過ごした経験があり,衛星運用卓(机の上にモニターがあって,その横にボタンがいろいろ並んでいる)にも座ったことがあるので,管制室の雰囲気を少しは知っている)思わず拳を握りしめて素直に「やった!」と思った.

  そういえば・・・
  登場した宇宙飛行士の誰が言ったのか失念してしまったが,
「(故障を想定した訓練を何度もやったので)もう少しで故障を期待するところだったよ」
妙に共感.「ようこう」の運用中でも再三,衛星がエラーを起こし,リカバリーのオペレーションを何度も経験した.リカバリー中の緊張感と衛星が正常に戻ったことを確認できた時の「よし!」という感覚は快感.私も運用中にエラーが起こらないかとずいぶん期待してしまったものだ.

  この映画,予想通り1度目より2度目の方が面白かった.もしかして3度目はもっと面白いのかも・・・また見に行きたいぞ.

  Nobody, nobody can erase my footmarks on the moon.
  (誰も,誰も月面にある私の足跡を消すことはできない)
ジーン・サーナン(アポロ17号船長.月面を歩いた最後の人間)
・・・かっこいい・・・(記憶している英語は違っていたかもしれないけど)

  明け方,今朝もまた鹿林彗星を狙おうと外に出た.
2009年1月20日 自宅にて
今朝の月は鹿林彗星のすぐ近く.「これじゃあ(彗星は)無理か」ということで撮影は断念.「ザ・ムーン」のおかげで以前よりずっと月が好きになったけど,やっぱり天体写真にとって邪魔ものであることに変わりはなかったのであった.

SETI@home 現在の順位 世界…78,373位(/930,682人)国内…2,838位(/25,660人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,481位(/219,138人)国内…262位(/3,240人)

この記事を読んだ方,今回はこちらをクリックしなくてもいいですから,是非「ザ・ムーン」を見に行ってください→.にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

あ,でもよかったらやっぱりクリックしてくださいね.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

史上最大の作戦

  15日にはパリで世界天文年の開幕式が行われ,それにあわせ,日本時間15日午後5時から24時間,世界各国17の電波望遠鏡を同時に使い,おひつじ座の方向にあるブラックホールの観測が行われた(はず).
  いくつもの望遠鏡を同時に使い,それぞれの望遠鏡に届く時間のズレまで考慮して「全く同じ」光なり電波なりを観測して解析すれば,望遠鏡間の距離を直径とする一つの巨大な望遠鏡を使って観測するのと同じ効果が得られる.だから,今回の観測では(理論的には)直径約1万2000kmの巨大電波望遠鏡を使って観測するのと同等の効果が期待できるというわけだ.この「史上最大の作戦(観測)」によっていったいどんな事実が浮かび上がってくるのか,その成果が公開される日が待ち遠しい.
  今回は電波だが,理論的には光学望遠鏡でも同じことができるはずである.電波に比べて光は波長が短いために電波望遠鏡ほど簡単には行かないが,過去にも何度か使われた例がある.カリフォルニア州ウィルソン天文台にある“CHARA”を用いた観測でアルタイルの形が観測されたということは記憶に新しい.

  かつてはプロの天文学者が大望遠鏡でしか使えなかった観測技術を我々アマチュアが使えるようになった例もそれほど珍しくはない.冷却CCDや,星を正確に追尾するオートガイダーなどもその一つだろう.すばる望遠鏡やジェミニ望遠鏡等で使われている補償光学系が使えるようになるのもそう遠くないのではないかと期待している.そしていつかは光学干渉計も・・・「望遠鏡は口径が命!」な私にはとっても魅力的なんだけど・・・私なんぞが使えるようになる日は来ないかなぁ・・・思いっきり高額な装置になりそうだし.

SETI@home 現在の順位 世界…78,333位(/930,266人)国内…2,837位(/25,650人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,484位(/219,048人)国内…262位(/3,238人)

この記事を読んで,「アマチュアが使えるそんな装置が開発されたら,アンタはまた物欲まみれだね」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

ベテルギウス

オリオン座
冬の夜空を飾るオリオン座,その左上でオレンジ色の光を放っているベテルギウス.
  良く知られているように,この星は天文学的な時間スケールでもうすぐ超新星となって消滅する.あと数十万年以内とか,いや数百年以内とか,あるいは既に超新星爆発を起こしていてもう消滅している(ベテルギウスまでの距離は約600光年(ヒッパルコス衛星の観測では427光年)だから,超新星となってから600年間はその情報が地球には届かない)なんていう人もいるようだ.しかし,科学史上超新星爆発の前兆が観測されたことは一度もないので,恒星が超新星爆発をする直前にどのような変化をするのかはまるでわかっていない.つまり,(極端な言い方をすれば)ベテルギウスの超新星爆発が観測されるのは今夜かもしれないし,10万年後かもしれない.

  昨日,「ベテルギウスが超新星になったらどのように見えるんだろう?」という話になった.100万倍の明るさになったとすれば等級は18等明るくなるから,超新星爆発を起こしたベテルギウスの明るさは-17等程度.満月の明るさが-12.5等程度だから,満月よりはるかに明るくなるというわけだ.その後いろいろ調べてみたところ,ベテルギウスの超新星爆発はそれほど明るくはならず,明るくなったとしても三日月程度にしかならないらしいが.
  とは言え,三日月でも地面には自分の影がしっかり映るから,「その時」にはベテルギウスの光でも影が映るだろう.三日月だって望遠鏡で見ればまぶしいからベテルギウスもさぞまぶしいだろう.三日月の明るさは大体-7等.しかし,三日月の場合は面積のある明るさだから,拡大して見た場合の明るさはさして明るくない.対してベテルギウスの場合は点光源の-7等ということになるからさぞ強烈だろうな.もしかしたら,望遠鏡で見たら目を痛めてしまうほどになるのかも!?

  生きているうちにそんな光景を見てみたいなぁ.可能性は限りなく0に近い数字だろうけど...

  ただ問題は・・・ベテルギウスの消滅した後のオリオン座って・・・
ベテルギウスのないオリオン座!?
「肩を落とす狩人オリオン」・・・めちゃくちゃ寂しい姿になっちゃうんだろうねぇ.

SETI@home 現在の順位 世界…78,301位(/929,905人)国内…2,832位(/25,641人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,481位(/218,958人)国内…262位(/3,236人)

「生きている間にベテルギウスの超新星爆発を見たい!」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年1月17日 (土)

ザ・ムーン

  昨日(16日)から公開の映画「ザ・ムーン」を見に行った(つい先日は「地球が静止する日」を見たが,10日も経たないうちに映画館で2本の映画を見たのは実は我が人生初!).

  すばらしい.

  この映画,俳優もなし.ナレーションもなし.しかし,アポロ11号から17号まで,事故により月に着陸できなかった13号(帰還は絶望視されていたが,宇宙飛行士は全員無事生還,後に「輝かしい失敗(Successful failure)」と呼ばれることになり,船長だったジム・ラヴェルの著書“Lost Moon”をもとに映画化されたのが「アポロ13」である)を含めて7機の月着陸船で月へ行った宇宙飛行士のうち10人もが登場する豪華さ!
  CGを使った「リアルな」映像が多く使われる映画が多い中,そのようなものは一切なく,「リアリティーがある」ではなく「リアル(現実)そのもの」の映像の迫力!実際に宇宙船で月に行った宇宙飛行士たちが語る言葉の重さ!

  時々陰謀説が囁かれるアポロ計画だが,実際に月に行った宇宙飛行士の
「誰も私の足跡を消すことはできない」
という言葉にはもの凄く説得力があった.

  月面を子供のように(と言ったら失礼か?)走り回る宇宙飛行士たちの姿・・・気持ちいいんだろうなぁ・・・やっぱり行ってみたいぞ・・・無理だけど.
「遠くに小さく見える地球には30億の人が暮らしているが,この広大な世界(月)には2人しかいない」
そんな気分も味わってみたい.

他にもいくつも心に残った言葉があったが,ネタバレになりそうなのでこの辺で(しかしそのうちのいくつかは誰が言ったか覚えていない・・・また見たいぞ).

  帰宅後はやっぱり月の写真を撮りたくなった.いつもはポタ赤&望遠レンズで済ませるところだが,こういう経験をした直後というのは気合が入るもので,きっちりEM-400とR200SSを持ち出して撮影.
月齢20.3 2009年1月17日
(クリックで拡大,600 × 600 pixel,46kb)
あそこを歩いた人がいるんだよねぇ...

  ついでに鹿林彗星も同じ機材で.導入には結構苦労したけど.
鹿林彗星 2009年1月17日
う〜ん,でもやっぱり尾は良くわからないなぁ.

  「ザ・ムーン」に感激,そして月と鹿林彗星を撮影.いやなかなかエキサイティングな夜だった.

SETI@home 現在の順位 世界…78,266位(/929,550人)国内…2,831位(/25,627人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,467位(/218,876人)国内…262位(/3,235人)

「ザ・ムーン」を見て感動された方,この記事を読んで「見てみようか」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

作戦失敗

  昨日(15日)の記事の通り,昨日は一昨日(14日)と同じ作戦で夜を過ごそうと思っていた.

  まずは職場3階のベランダから比較明(合成による日周運動の写真)♪
水戸の街に昇る星々
(クリックで拡大,600 × 904 pixel,202kb)
街の明かりが思ったよりもさらに明るく,思いっきりトンでしまった.まぁ今回はテストという意味合いもあったのでそれは次の課題としよう.それよりも,思ったより星が写ってくれた.これならばもう少し絞るなり,1コマあたりの露光時間を短くするなり,感度設定を低くするなり,対策はいろいろありそうだ.

  で,後は帰宅して早めに就寝,明け方に起き出して全天の写真を撮った後鹿林彗星を狙うという作戦だったのだが...

いろいろとあって気がついた時には01:00.「03:00頃までは寝ておかなきゃ!」と思って床に就いたが,目が覚めたのは05:30.
  「あぁ,何というタイミング!ちょうど薄明が始まった頃じゃないか」

  ・・・というわけで作戦失敗.ダメだねぇ.
  ま,月が暗くなってくる今週末〜来週にはきっちり気合を入れ直すさ.

SETI@home 現在の順位 世界…78,288位(/929,209人)国内…2,831位(/25,621人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,468位(/218,800人)国内…261位(/3,232人)

この記事を読んで,「楽をして天体写真を撮ろうだなんて考えていたら気合が入るわけないだろ!」と思った方,こちらをクリックして叱咤の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

サボらずに

  あぁ,もうこんな時間だ...今日はいろいろと忙しかったんですよ.

  昨日の記事に書いたように,ここ数日寒さに尻込みして何も撮っていないので,昨日の夜は心を入れ替えて,どこかに比較明(による日周運動の写真)を撮りに行こうと考えていた.
  ところが...

  いざ夕方になってみるとやっぱり寒さに尻込み.「比較明はヤメにして明け方に鹿林彗星を狙うことにしようか」とも思ったけれど,明け方寝過ごさない自信もなかった.やっぱり月が明るい時期ってのは気合が入らないんだよねぇ.
  そこで,寒くない場所でなんとか楽をして比較明を撮る方法はないかと考えた.そこで思いついたのが職場3階のベランダ.ここなら撮影中カメラを放置していてもOKだ.沈む金星が狙えるし.
  ということで↓その成果.
沈む金星
(クリックで拡大,904 x 600 pixel,169kb)
翌日(つまり今日だが)の天文教室のネタにも使えて一石二鳥♪

  明け方は鹿林彗星を狙うべく,帰宅後は早めに就寝.「また寝過ごすかも」とも思ったが,今晩はもう成果があったわけだし.

  でも04:00にはしっかり起床.寒いのを覚悟して外に出たものの,あんまり寒くなくて肩透かしだったが,空は快晴.この時刻,私の自宅からは鹿林彗星はまだ林の向こうで見えないのでとりあえず全天の写真.
2009年1月15日 自宅にて
月がない夜にこんな空になってくれないかねぇ.

  林の上にさそり座の頭が顔を出したのでレンズを望遠に付け替えて鹿林彗星を狙う.
鹿林彗星 2009年1月15日
今回は核の右(西)に尾も写ってくれたようだ.アンチテイルも・・・あるようなないような・・・
え゛?見えない?そういう人は「見える!」と信じてもう一度じっくり見てみよう!ほーら見えてくる〜見えてくる〜・・・

  今晩も快晴の予報.今晩は・・・昨晩と同じ作戦でいってみようか.

SETI@home 現在の順位 世界…78,219位(/928,749人)国内…2,828位(/25,612人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,482位(/218,714人)国内…262位(/3,230人)

この記事を読んで,「楽をして天体写真を撮ろうだなんて根性は間違ってるぜ!」と思った方,まぁそう言わずにこちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

先は長い

  昨日創刊だった『週刊 天体模型 太陽系をつくる』,創刊号の部品を早速組み立ててみた.
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』創刊号のパーツ
え゛・・・これだけ!?
  「組み立てる」ったって,プラスチック製の足をはめ込んで外側の輪っかを乗せるだけじゃんか.

  この雑誌,週刊ということだけど第2号の発売は1月27だとか.
  ということは2週間このまんま?
  次が待ち遠しいぞ.
  このペースで完成まで1年かかるのか.あぁ,先は長い...

  ところで,昨晩は快晴.23:00少し前に空を眺めに外に出たものの写真は撮らず.また例によって明け方に鹿林彗星を狙うつもりだったのにまたしっかり寝過ごした.ダメだねぇ.
  心を入れ替えて今晩はどこかに比較明(合成による日周運動の写真)でも撮りに行くか.

SETI@home 現在の順位 世界…78,284位(/928,393人)国内…2,831位(/25,604人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,483位(/218,629人)国内…262位(/3,230人)

この記事を読んで,「1週間にちょっとずつしか進まないんじゃ根気が大変そうだねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

月が明るいと

  昨日(12日)の夜は快晴.
2009年1月12日 自宅にて
こうも月が明るくては星雲・星団の撮影はできないが,実に気持ちの良い夜空だった.
  上の写真を撮った後,ここは一つまた月の写真でも撮ってやろうかと思ったのだが,翌日(つまり今日のことだ)は朝から市内某小学校で天文教室の予定があり,画像を処理する時間がとれないだろうということでヤメ.ついでに今朝の関東地方はこの冬一番の冷え込みだし.月が暗い時期で星雲・星団の撮影ならば「寒い」なんてことを理由にはしないんだけど.

  それでも,早起きして鹿林彗星を撮影しようと思っていたんだけど・・・

  見事に寝過ごした.ダメだねぇ...やっぱり月が明るいと全然気合がのらない.まったく逆狼男だねぇ.

  話は変わって・・・

  いよいよ『週刊 天体模型 太陽系をつくる』が創刊.天文教室の帰りに書店に寄って早速購入.
『週刊 天体模型 太陽系をつくる』創刊号
さぁこれからが楽しみだぞ.完成までの根気が大変そうだけど.

・・・あ,予算の方はもっと大変かも.

SETI@home 現在の順位 世界…78,795位(/927,952人)国内…2,851位(/25,591人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,489位(/218,525人)国内…262位(/3,230人)

この記事を読んで,「また厄介なものに手を出してしまったんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

2年に一度

  昨日(11日)は愛車の車検.

  いつも私が天体写真を撮影しているのは自宅ではあるのだが,私の自宅には天体望遠鏡一式を普段から設置しておける場所がない(あると言えばあるのだが,あるのは場所だけでその位置から見渡せる空はあまりにも狭い)ので撮影を行う時にはその都度機材の設営&撤収を行っている.そして,撮影の時には愛車が簡易観測室になっているわけだ.
  加えて,私の家には機材を保管しておける場所もなかったりするので,私の愛車にはいつも撮影道具一式が積んであったりする.

  ・・・というわけで,2年に一度やってくる車検の時はと〜っても大変.
  とりあえず道具一式を置く場所を確保し,一切合切を車から降ろさなければならないわけだ.この作業だけで1時間以上.

  最近の車検は早いもので,車検を行っている間販売店で時間を潰し,およそ1時間半で終了.
  そして帰宅した後は・・・降ろした道具をまた積み込み.これの作業にまた1時間以上.

  車検にかかる時間が1時間半で道具の積み下ろしに2時間半くらい.なんだかなぁ...

  次に撮影をしようという時に行方不明になってしまっている道具がないかとても不安だ.
  やっぱり観測所が欲しいよねぇ.

  ...でもない袖はふれない...夢のための現実は相変わらず厳しいのだった.

その「道具の積み下ろし」で疲れ果てて夜は爆睡,明け方に鹿林彗星を狙ってやろうと思っていたのに目が覚めた時にはすっかり明るくなってしまっていたというのはここでは内緒だ.

 

SETI@home 現在の順位 世界…78,744位(/927,468人)国内…2,850位(/25,579人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,513位(/218,449人)国内…263位(/3,228人)

この記事を読んで,「アンタの悩みも物欲も尽きないねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

近い月

  昨日(10日)は城里町ふれあいの里天文台で観望会.昨日から今朝にかけて水戸地方ではこの冬一番の冷え込みという予報だったので,もしかして参加者0なんじゃないかと心配したけれど...
  天文台が開館してみれば参加者は20人弱.空高く冴え渡る月を見てもらった.皆さんその明るさに驚かれた様子.
  その他,星までの距離だとか,地球外文明についてだとか,楽しい会話でなかなか充実した時間を過ごし,日付が変わる頃帰宅.

  帰宅後はその月をまず一枚.
月齢14 2009年1月11日
「天文手帳」(地人書館)によれば昨日19:50頃の距離は地球から35万7497km.満月としては今日(11日)の満月が今年最も近い満月になるそうな.
  ということは上の月,いつもより大きく写っているはずだ.
  で,昨年11月21日に同じ条件で撮影した月(この時の距離は地38万3223km)の画像を重ねてみた.
2009年1月11日の月と2008年11月21日の月
(水色の月が昨年11月21日の月)
おお!確かにでかい!
・・・
でもたかだか3万kmでこんなに大きさが違って見えるというにはやっぱり無茶があるよねぇ.重ね方に間違いがあったか,そもそも月齢がこんなに違う時で比べたんじゃきっちりした比較はできないか.次の満月の時にでももうちょっとしっかり比較してみよう...

今年の観望会 予定…4 実施…3 中止…1 延期…0 屋内(外)で天文教室…0 勝率….750(3勝1敗)
連敗にはならず.貯金は2.

SETI@home 現在の順位 世界…79,270位(/927,019人)国内…2,877位(/25,565人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,531位(/218,372人)国内…263位(/3,227人)

この記事を読んで,「35万kmと38万kmでそんなに違いがあるってのはやっぱりおかしいんじゃない?」と思った方,こちらをクリックしてツッコミの投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

もう一つ新作(2008-12-31)

  昨年の大晦日から今年の元日にかけて撮影した新作,おおぐま座系外銀河UGC4305“Holmberg II”です.
おおぐま座の系外銀河UGC4305“Holmberg II”
  機材の設営を始めたのは紅白歌合戦が始まって少しした頃.露光開始が22:30頃.露光終了が元日の05:00過ぎで撤収を完了したのが07:00過ぎ.一年の締めくくり&次の一年のスタートということで気合を入れて長時間の撮影でした.南中前東側で露光開始,途中で赤道儀を反転させて西側で露光を続行.総露光時間は332分でまた総露光時間の自己最長記録を更新しました.いい加減もう1晩で撮りきるためにはこのくらいが限界でしょうか.
  で,撮ったのは系外銀河UGC4305.いやまたマニアックなものをという声が聞こえそうですが,私自身はこの天体にはなんとなく愛着があって,始めて撮影したのが2002年の1月,それ以来私自身これを撮影するのは3度めになります.
  年の締めくくり&スタートの時ぐらいもっと有名な天体を撮ればいいんじゃないかとも思いますが,こういう天体だからこそこれだけ長時間をかけて撮る意義があるというわけで.ちなみに,この画像(トリミングする前の画像ですが)限界等級は20等近くまで行っています.
  なにぶんにも淡い天体ですから見栄えという点ではイマイチですが,この天体の特徴ある姿がそこそこ良く捉えられていて,結構気に入った作品になってくれました.

この記事を読んで,「この間の“Integral Sign”といい今度といい,アンタもよくこういうのを撮るよねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初黒星

  昨日(9日)夜は観望会の予定だった.今年に入ってここまで良い天気が続いていたが,昨日は朝から曇り時々雨.予報では雪マークもついていた.そして夕方には「時々」がなくなってしっかり雨.
  観望会は中止となり,今年初黒星.でもまぁ昨日みたいな天気はある意味「いい天気」なわけですよ.誰がどう見ても星が見える訳ないので実施か中止か悩む必要が全然ないから.雪が積もるんじゃないかと心配したけれど結局雪になることもなかったし.

  ところで,今晩見える月は地球に近くて19:50頃の距離は地球から35万7497km(地人書館「天文手帳」による).今年7月22日にはもっと近くなって35万7462kmになるけれど,その日は新月で見られない.
  今日は天気も良さそうだし,今晩はひとつその「近い月」でも眺めるとするか.

今年の観望会 予定…3 実施…2 中止…1 延期…0 屋内(外)で天文教室…0 勝率….667(2勝1敗)
開幕連勝は2でストップ.貯金は1.

SETI@home 現在の順位 世界…79,260位(/926,549人)国内…2,875位(/25,555人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,518位(/218,286人)国内…263位(/3,227人)

この記事を読んで,「今晩はその“近い月”とやらを眺めてみようか」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

いちおう新作

  年を越してしまうとどうも古い作品という気がしてしまうのですが,撮影からまだ12日しか経過していないので新作です.
  こじし座系外銀河NGC3344です
こじし座の系外銀河NGC3344

  ・・・

  ボケボケです(笑).いや撮影中に多分こうなってしまうだろうとは思っていたんです.オートガイダーが時々ガイド星を見失っていたし.
  最初は薄雲があったか透明度が悪かったかと思ったのですが,それにしては淡い outer ring まで写っているし,背景も明るくなっていないし,S/Nも悪くないので,おそらくシンチレーションが非常に悪かったのでしょう.一度はボツにしようかとも思ったのですが,寒いのを我慢して撮影したのに勿体ないので掲載することにしました.
  非常に美しい天体だけにとても残念です.また来シーズンにでも撮り直します...

  新作はもう一つあります.

この記事を読んで,「淡い部分まで写っているだけに残念だったねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球が静止する日

  天文教室での話のネタにしようと,アルファ・ケンタウリに向けて全編が送信されたという映画「地球が静止する日(原題:“THE DAY THE EARTH STOOD STILL”)」を見に行ってみた.
  映画館に行ってもこの映画がアルファ・ケンタウルスに向けて送信されたということはどこにも表示されていなかったのは残念.もっと話題にしてもいいと思うんだけど.
  映画として面白かったかどうかという点については・・・まぁ好みの問題もあるだろうし,ここではあまり触れないことにするが,何となく何でアルファ・ケンタウリに送信したのかは納得.アルファ・ケンタウリでなくても構わないわけだけど,とりあえず最も近い恒星ということだろうし.

  ここをお読みの方の中にももしかしてこれからこの映画を見ようと思っている方もいらっしゃるかもしれないので一点.
  「地球外知的生命探査」とその意義について予習してから見ることをお勧めする.多く書くとネタバレになってしまうのだが,

「あなた方は滅亡の危機に瀕しているのに変わろうとしない」
「でもアンタたちはその危機を乗り越えたんだろ?」

この会話のくだり,カール・セーガン博士の
「もし我々が地球外文明を発見したならば,それは,その文明が自己破壊の道を克服したことを意味している」
という考えを踏まえていると思うからだ.この場面を見た時,思わずニヤニヤしてしまった(昨日はレイトショーで映画館はガラガラだったので変な人だとは思われなかったと思う.たぶん).

・・・というわけで,映画として楽しめたかどうかというよりも,「天文教室のネタ」としては大いに役立ちそうだ.

  以前の記事 にも書いたが,この映画を地球外文明が受信,解析して映像として再生,なおかつその内容を理解することができるかというと,その可能性は限りなく0に近いと思うが,やっぱり

アルファ・ケンタウリ星人の感想を聞いてみたい.

SETI@home 現在の順位 世界…79,201位(/926,123人)国内…2,874位(/25,541人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,530位(/218,190人)国内…262位(/3,226人)

この記事を読んで,“そういう意味で”この映画を見てみたくなった方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

時間との勝負

  もう月が明るくなったので星雲・星団の撮影は当分できない.
  それならば明け方の鹿林彗星(C/2007 N3)を狙ってやろうということで早めに就寝.
  03:00頃起床.とりあえず外に出てみた.南には雲が出ているけれどとりあえずは晴れ.鹿林彗星があるさそり座は我が家からだと林の向こうで見えない.
  04:00.ほぼ快晴.でもやっぱりさそり座はまだ見えない.
  05:00.あれ,まださそり座が見えないや.とりあえずは全天の写真を撮っておくか.
2009年1月8日 自宅にて
空の透明度はイマイチかも.

  05:10.林の上にようやくさそり座の頭が顔を出した.今日の水戸地方の薄命もとい薄明開始は05:19.

「もう時間がないぞ」

  就寝前に頭に叩き込んでおいた Heavens AboveCoarse finder chart を思いだしながら急いで導入.
  一発で200mm望遠レンズの写野に捉えた.私の勘も捨てたもんじゃないぞ.

というわけで今朝の成果↓
鹿林彗星(C/2007 N3) 2009年1月8日
こんないい加減な撮影じゃ尾はまだ写ってくれないか.でもこの彗星はこれからが見頃になるわけで,この後に期待.

「おおきくなれよぉ」(昔の丸◯のCM風に)

SETI@home 現在の順位 世界…79,125位(/925,627人)国内…2,872位(/25,533人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,513位(/218,092人)国内…262位(/3,225人)

この記事を読んで,「鹿林彗星が見応えのある彗星になってくれるといいねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

プラネタリウムを作る楽しみ

  昨日(6日)は水戸市のお隣ひたちなか市某所で自作プラネタリウムの投影会.昨年から続いている4回シリーズの天文教室の第3回めだ.

  プラネタリウムのお題は,年の始めということもあって「四季の星座めぐり」.冬の大三角&ダイヤモンドが見えている頃には冷たくしんとした空気の中を伝わってくる「火の用心」を呼びかける消防車の音.春の大曲線が見えている頃にはちょっと霞んだ空,土の匂い,花の匂い,花粉症.夏の大三角は夕立の後,ひぐらしの声,蒸し暑さ.秋の四辺形が見えている頃は虫の声,次第に冷たくなる空気・・・四季折々に見える星座たちと,私の記憶にあるその時その時の情景を紹介.子供たちも,大人もじっくり話を聞いてくれたようだ.夜空に見える星座たちで四季の移り変わりを感じられるようになると星々がずーっと身近になるので,是非そういう楽しみを味わってもらいたいと思う.

  投影会終了後,皆さん自作プラネタリウム本体興味津々の様子.恒星球を取り外し,中を覗いてもらうと皆「うわぁ!」と声をあげた.「もしこれを作りたいという人がいれば弟子入りを受け付けますよ.その後の人生がどうなっても知りませんが」

  「世界天文年」の今年,同じ主催で行う今年の天文教室では「プラネタリウム工作教室」を予定している.学研「大人の科学」の付録を組み立てるのが最も簡単で一番良いものが作れるわけだが,「やっぱりプラネタリウムを作る以上,星の穴を開ける作業をしたい」とのこと.私も全く同感.板や紙に星々の穴を開け,電球を灯して,星座の姿が映し出された時,その星々がぐっと身近になる.そしてその後に夜空でその星々を見た時にはその星々が自分の物になったように感じられというのがプラネタリウム製作の醍醐味だと思うのだ.私なんか8.5等星までの穴を開けたもんだから,過日双眼鏡でヒヤデス星団を眺めた時にも「おー!この星の並び!開けた開けた!」なんて思ってしまった.
  そういうプラネタリウムを作る楽しみをみんなに味わってもらえたらとても良い企画になると思う.星の穴を開ける作業はホントに地道な作業なので子供たちが飽きてしまうのがすごく心配だけど.

SETI@home 現在の順位 世界…79,111位(/925,308人)国内…2,871位(/25,524人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,526位(/218,002人)国内…262位(/3,224人)

この記事を読んで,「プラネタリウムを作るってのも楽しそうだ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

御用始め?

  昨日(5日)は職場の御用始め.

  私は大晦日から元日は徹夜で撮影.元日の夜も撮影(空振りに終わったけど).2日夜は撮影を見送ったものの,3日夜城里町ふれあいの里天文台で観望会&しぶんぎ座流星群観望会.さらに4日夜ホロルの湯自作プラネタリウムの投影会&観望会.とまぁ新年早々から全開.「御用始め」って言ったってぜ〜んぜんあらたまった気がしない.

  そして昨日の夜は曇り.02:00過ぎまで時々様子を見ていたけれど結局ほとんど状況が変わらず,諦めて就寝.

  「御用始め」の日が今年に入って一番楽な一日だった.今年に入って初めてほとんど寒さに耐える必要がなかったし...

  もう月が明るくなってきたので,月が暗くなるまでは星雲・星団の撮影は休み.それなら明け方に鹿林彗星を狙ってやろうかとステラナビゲータのデータを更新しようとしたら・・・Ver.7のデータ更新サービスは終了していたのね・・・Ver.8買わなきゃ.あぁ,またお金が出て行くのか.

  現実は厳しいのであった.

SETI@home 現在の順位 世界…79,085位(/924,733人)国内…2,869位(/25,515人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,513位(/217,924人)国内…262位(/3,225人)

この記事を読んで,「星も天気も世間の慣習とは関係ないからねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

温泉施設で投影会&観望会

  昨日(4日)は昨年12月28日に続いてホロルの湯プラネタリウム投影会,そしてその後はホロルの湯玄関前で観望会.屋内でプラネタリウムを見てもらった後,外で望遠鏡で月を眺めてもらおうというわけだ.
  プラネタリウム投影会は昨年12月28日と同じく30分ずつ2回に分けて投影.開始時刻直前まではあまり人が入っていなかったので「今日は(参加者が)少ないのかも」と心配したが,結局は2回とも立ち見がでるほどの盛況ぶり.
  昨日のお題は「四季の星座めぐり」.
「夜空に見える星々の違いで四季の移り変わりを感じられるようになると星を見るのがずっと楽しくなります.『世界天文年』の今年,そういう楽しみを味わってみてはいかがでしょうか」と結び.

  昨日の投影会もなかなか好評で,
「是非うちの施設でもお願いしたいんですけど」
なんていう方も.いやこちらこそ是非お願いします.

  その後は玄関前で観望会.この場所で観望会ということは,多くの方は「湯上がり」ということになるので,列が長くなって待ち時間が長くなると湯冷めしてしまう方が出てしまうんじゃないかと心配したけれど,列が長くなることもなく,さりとて望遠鏡を覗く人が少なかったわけでもなく,スムーズに見ていただけた.参加した方々には,望遠鏡を通してくっきり見える月の姿に喜んでもらえたし.
  いつもの観望会と違って,「列に並んで,望遠鏡を一度覗いて終わり」だったけど,私はこういう「ちょっとした」観望会は好き.天文に興味のない人にも気軽に天体を眺めてもらえるから.

  観望会終了後,ホロルの湯の方に「お風呂に入っていってはどうですか?」と言われて気持ちは「ぐら〜っ」と.温泉につかった後に寒い屋外で天体写真の撮影なんかやったら湯冷めして風邪をひくのは確実なわけで,ここで温泉に入るということは撮影を諦めることに直結するんだけど・・・

  露天風呂で月見.
「こりゃたまんねぇ・・・」

  風呂から出てみれば,空には薄雲が広がっていた.帰宅した後も状況はさして変わらず.
「なぁんだ,これじゃ撮影はできないや♪」

  世の中・・・今年はうまく行っているのかも.

今年の観望会 予定…2 実施…2 中止…0 延期…0 屋内(外)で天文教室…0 勝率…1.000(2勝0敗)
開幕連勝!貯金は2.

SETI@home 現在の順位 世界…79,641位(/924,332人)国内…2,884位(/25,505人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,557位(/217,839人)国内…262位(/3,223人)

この記事を読んで,「でも写真を撮れなかったことにかわりはないじゃん!」と思った方,ごもっともです.こちらをクリックしてツッコミの投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

二兎追うものは

  昨日(3日)夕方は城里町ふれあいの里天文台で今年最初の観望会.
「皆さん,明けましておめでとうございます.皆さんが世界天文年最初のお客様です」
参加者は2家族のみだったが,皆さん月の眺めに歓声をあげてくれたし,子供たちもいろんなことを聞いてくれた(私は結構子供たちの人気ものだった!).今年の観望会はとりあえず白星スタートだし,まずまずの滑り出しといったところか.

  観望会終了後は天文台天文同好会のメンバーとしぶんぎ座流星群観望会.時折ちぎれ雲が漂っていたものの,透明度は結構高くなかなかの星空の下で「新年の運だめし」を楽しむことができた.
2009年1月3日 城里町ふれあいの里天文台にて
さて,いっちょ写真でも狙ってみるか.まずはオリオン座方向にヤマを張って一枚.
オリオン座
・・・
  マーフィーの法則というのは偉大なもので,天文の世界にも適用される.
「カメラの向いている方向に流星は流れない」
  ならば・・・ということで作戦変更.ポタ赤での追尾を止め,カメラを固定して連写.数百枚撮り続ければもしかして流星が写ってくれるかもしれないし,もし写ってくれなかったら「比較明」で合成して日周運動の写真にしてしまえばいい.「下手なテッポも数撃ちゃ当たる & 二兎追うものは・・・最低一兎は得る」作戦.
そしてその成果は↓
天文台の上を巡る星々と流星
(クリックで拡大,600 x 904 pixel,193kb)
大成功.あまり明るくはないものの,画像中央上に見事に流星が写っている.

  今年のしぶんぎ座流星群は多い時で1時間に10個くらい見られた.その中でも,願いごとを2回くらいは言えそうな長いものもいくつか見ることができて満足.

  ということで新年の運だめしの結果,私の今年の運勢は
「二兎追うものは・・・二兎とも得る!」
・・・だといいなぁ.

今年の観望会 予定…1 実施…1 中止…0 延期…0 屋内(外)で天文教室…0 勝率…1.000(1勝0敗)
「世界天文年」は白星スタート!貯金は1.

SETI@home 現在の順位 世界…79,543位(/923,792人)国内…2,880位(/25,494人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,542位(/217,754人)国内…262位(/3,222人)

この記事を読んで,「そういう都合の良いことを考えてるとまた痛い目をみるぞ」と思った方,こちらをクリックしてツッコミの投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

新作(2008-12-27)

  昨年12月27日から28日にかけて撮影した新作,
おおぐま座の系外銀河NGC3359
おおぐま座系外銀河NGC3359です.
  25日の夜に空振りに終わってしまったリベンジだったのですが...
  総露光時間257分もかけた割にはイマイチな写りです.空の透明度があまり良くなかった所為もあるんでしょうが,これだけやってこの程度にしか写ってくれないとなると...やっぱりもっと大きな望遠鏡が必要なんですかねぇ...

この記事を読んで,「いや,天体写真は望遠鏡じゃない!腕だ!・・・でも“良い仕事は良い道具から”とも言うしねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嫌ぁな感じ

  「世界天文年」の今年.
  昨年の大晦日から今年の元旦にかけては年越しで撮影.まだ公開するのは先(っていうか,年末に撮影した作品のいくつかはまだ公開してないし)になりそうだが,一晩全く雲に邪魔されることもなくトラブルもなく,The Integral Sign Galaxyで達成した総露光時間の最長記録をさらに30分更新して総露光時間332分(撮影していたのはまたしてもUGCの銀河だった!).
  「こいつは幸先がいいや」
と思っていたのだが...
  撮影を開始したのは23時すぎ.私は撮影開始時刻の日付をもってその作品を撮影した日付とすることにしているので,つまりこの作品は昨年大晦日の作品ということになる.

  元日は・・・順調に撮影を始めたものの,RGB画像を撮影する前に雲に邪魔されて空振り.
  昨日(2日)は・・・↓
2009年1月3日 自宅にて
所々に雲.「あの雲がなくなれば」と思ってずっと様子を見ていたのだが,いつまで待っても「所々に雲」という状況は変わらず,日付が変わった頃に遂に撮影は諦めた.

  元日の夜と2日の夜と2夜続けて「撮影できそうでできない天気」.新年早々,なんだか嫌ぁな感じ.今年一年,ずーっとこんな調子だったら嫌だなぁ.

  そして今晩は城里町ふれあいの里天文台で観望会.その後はしぶんぎ座流星群観望会.
  明日の晩はホロルの湯プラネタリウム投影会&観望会.
  明後日の晩は・・・あぁぁ,もう月が明るくなっちゃうのか!

「今年最初の作品」はいったいいつのことになるやら.

SETI@home 現在の順位 世界…79,513位(/923,434人)国内…2,878位(/25,490人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,535位(/217,658人)国内…262位(/3,220人)

この記事を読んで,「新年早々,やっぱり“うまく行って”ないんだねぇ」と笑った方,こちらをクリックして励ましの投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

新年早々

  元日の昨日,日没直後の頃は結構雲が広がっていた.大晦日から元日まではほぼ徹夜で撮影だったし,その前も連夜で撮影をしていたりしていたので
「はぁ,今夜は(撮影は)休みかも」
  ちょっとほっとしていた.

  が,

  その後18:30頃までには快晴.

  しかも,

  WeatherNewsYahoo! 天気情報 では一晩中「晴れ」,気象庁 | 天気予報では「夜遅くは曇り」.
「こういう時は結局曇っちゃうんだよねぇ」
ぎりぎりまで様子をみることにした.

  22:00.快晴.
「晴れてるんだからしょうがないよね」
機材の設営を始め,日付が変わった頃から撮影開始.

  02:20頃.雲量6くらい.
「あぁぁ...まだRGB撮ってないのに・・・」
赤,緑,青のフィルターで撮ってないのでカラーにできない.ここまでに撮影した7コマの画像はボツ決定.

  あーあ,新年早々空振りしちゃったよ.だから「今年が(天気の)良い年でありますように」って昨日お願いしたのに...

SETI@home 現在の順位 世界…79,512位(/923,430人)国内…2,879位(/25,491人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,606位(/217,573人)国内…264位(/3,218人)

この記事を読んで,「あーあ,文字通り“暗雲たちこめる新年”になっちゃったねぇ」と笑った方,こちらをクリックして励ましの投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

「世界天文年」スタート

2009年1月1日 自宅にて
  皆様明けましておめでとうございます.
  いよいよ「世界天文年」が始まりました.
  私はこの年を星空の下で↓撮影をしながら迎えました.上の画像は2008年の最後15秒と2009年の最初15秒の30秒露光のものです.
撮影中の愛機 2009年1月1日

  今年は「世界天文年」.あちこちで色々なイベントが行われ,私も大忙しな一年になるでしょう.ここをお読みのあなたにもどこかでお会いするかもしれません.その時は是非声をかけてくださいね.

  今年が(天気の)良い年でありますように.

SETI@home 現在の順位 世界…79,537位(/922,935人)国内…2,882位(/25,479人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,595位(/217,501人)国内…262位(/3,217人)

この記事を読んで,「年越しで撮影とは張り切ってるねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »