« また遠い天体 | トップページ | 空振り »

2008年12月25日 (木)

新古作

  撮影からずいぶん経ってしまったのでもう新古作ですが,11月29日から30日にかけて風邪をおして城里町ふれあいの里天文台で撮影した新作,ペルセウス座散開星団NGC1605です.
ペルセウス座の散開星団NGC1605
この散開星団,視直径約5分の中に40個ほどの恒星が群れた星団ですが,もっとも明るい星でも12.5等,天文台の40cm反射をもってしても眼視では遂にその存在を確認できませんでした.それだけに導入には散々苦労し,2時間以上を費やしてしまいました.それだけに途中でオートガイダーがエラーを起こして一度この天体をロストした時には泣きそうになりました.
  結局総露光時間は60分,かなり苦労して撮影した画像ですが・・・見栄えがしませんね.やっぱり.

  ふっ...またつまらぬものを撮ってしまった...

この記事を読んで,「よくもまぁそういうつまらない天体の写真を撮ろうなんて気をおこすよねぇ」と思った方,こちらをクリックしてツッコミの投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

|

« また遠い天体 | トップページ | 空振り »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新古作:

« また遠い天体 | トップページ | 空振り »